« 【音楽】クリスマス恒例。敢えて毎年同じです。 | トップページ | 戦死した人々は「神様」になんかされたくなかったんじゃないですか? »

2013.12.25

「来年2月9日投開票=選管が決定―都知事選」←絶対に自民党候補に入れてはいけません。

◆記事:来年2月9日投開票=選管が決定―都知事選(時事通信 12月25日(水)10時41分配信)

東京都選挙管理委員会は25日、猪瀬直樹前知事の辞職に伴う知事選の日程について、

来年1月23日告示、2月9日投開票とすることを決めた。

猪瀬前知事は今月19日、医療法人「徳洲会」グループから現金5000万円を受け取った問題を受け、

吉野利明都議会議長に辞職願を提出した。24日の臨時議会で同意を得て、同日付の辞職が正式に決まった。

知事選は告示まで既に1カ月を切っている。

自民、民主など各党は幹部会や選対会議を開き候補者選定を急いでいるが、対応が定まるのは年明けになりそうだ。

これまでのところ、舛添要一元厚生労働相や東国原英夫前衆院議員、

小池百合子自民党広報本部長らの名前が取り沙汰されているが、まだ出馬を表明した候補者はいない。

都知事選に関連し、安倍晋三首相(自民党総裁)は25日、首相官邸で河村建夫自民党選挙対策委員長と会談。

候補者選定について、「(選挙は)もう目の前だから、悠長なことは言っていられない」と述べ、検討を急ぐよう指示した。


◆コメント:とにかく自民党(推薦)候補には入れないこと。安倍政権を否定するチャンス。

記事にもあるとおり、選挙までの日程がかなり短く、「では、誰に入れるか」までは私も何とも言えませんが、

とにかく重要なことは、

自民党が立てた候補者には絶対に入れない。

ことです。秘密保護法案を強行採決するなど、独裁制に近くなっている安倍は、

世論調査で支持率が急落して焦ってます。

ここで(冒頭に書いたとおり、では誰に投票するか、はまだ、わかりませんが)、自民党に勝たせたら、

安倍晋三の実質的、専制君主制を是認することになります。

本来秘密保護法案の前に衆議院解散総選挙するべきでしたが、それは出来なかった。

参院選の合憲判断に関して全国の裁判所がのきなみ、違憲、違憲状態と判断してます。

違憲の選挙で選ばれた議員達が強行採決した法律がまかり通る世の中ではいけないのです。


とにかく、なんでもかんでも全て、呆れるほどアッというまに日本人はわすれますが、

東京都の有権者は日本の命運を握ってます。
絶対に自民党候補に入れてはいけない。

ということだけ、肝に銘じて下さい。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« 【音楽】クリスマス恒例。敢えて毎年同じです。 | トップページ | 戦死した人々は「神様」になんかされたくなかったんじゃないですか? »

2014年2月東京都知事選挙」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

何でも直ぐに忘れる日本人」カテゴリの記事

安倍政権批判」カテゴリの記事

安倍晋三自民党総裁批判」カテゴリの記事

特定秘密保護法」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事