« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013.12.31

【御愛読御礼】1年間、弊日記を御愛読下さいまして、ありがとうございました。

◆通常の習慣に則り、喪中につき新年のご挨拶は失礼させて頂きます。

紙のハガキでは、喪中ハガキというのを出したのですが、

ちょうど1年前、1月3日に母が他界し、喪中なので、ネット上でも

新年のご挨拶は失礼させて頂きますが、

今年1年間の御愛読に御礼申しあげます。


◆大晦日は、「紅白」における「あまちゃん・続編」のおかげで、幸せでした。

昨夜(これを書いているのは元旦早朝です)、大晦日の紅白の中で、「あまちゃん」の続編がある、ベイビーレイズさんも

出られるというので、期待していましたが、期待以上の驚きの連続で、

私、いい歳をして恥ずかしいのですが、興奮の極に達したらしく、その後、寝てしまいまして、

謂わば「あまちゃん・スペシャル」から紅白終わりまで録画してあるので後で、再度見ますが、

あまりにも完璧。

宮藤官九郎さん、他人事みたいな顔をなさって、紅白審査員席におられましたが、

台本と、生で朝ドラの続編を演じた役者さんたち。

そしてNHKホールというのは、あれは行ってみるとわかりますが、ホールとしてはバカでかいのです。

昔、一度3階席からN響を聴いたことがありますが、本番前、ティンパニがチューニングをしていたら、

バチで太鼓を叩いた、その0.何秒後に音が届くのです。

空気中の音速は一気圧、気温15℃のとき、秒速約340メートルですから、100メートル近く音源からの距離があると、

約0.3秒遅れる。当たり前なんですが、それぐらい広い。


何を言いたいかというと、ステージに立つと、ものすごい数の観客がいるわけです。

さらに、テレビで中継され、紅白は海外にも届いていますので、何千万人が、リアルタイムで見ているのです。

それを意識したら、仮にド素人がNHKホールのステージに立ったら、頭の中が真っ白になり、何もできない恐れすら、あります。

次の(明日の)日記で詳しく書くつもりですが、取り急ぎ、所感を。


繰り返しになりますが、宮藤官九郎さんの脚本。演出。

謂わば「あまちゃん」第157話を生で演じた、役者さんたち。

歌うプロではないのに、「潮騒のメモリー」を歌った「潮騒のメモリーズ」(能年玲奈さん、橋本愛さん)。

久しぶりの大ステージの筈なのに余裕と貫録の小泉今日子さん、薬師丸ひろ子さん。

藥師丸さんの伴奏をした弦の方々。

架空アイドルグループGMTを演じた役者さん(お嬢さんたち)、アメ女のマメリン(足立梨花)さん、

「暦の上ではディセンバー」の本家本元、ベイビーレイズさん。

作曲・編曲の大友良英さん他のみなさん。

あまちゃんビッグバンドの皆さん。

録画を聴き直しても完璧です。さすがです。みなさん、プロ中のプロ。

粋な演出をして下さったNHK担当者の方々、スタッフの方々。


1年前の私は同じころ、急速に容態が悪化していく母親が気になり、暮れも正月もなかったのですが、

今年は、皆さんのおかげで楽しく年を締めくくり、新しい年を迎えることが出来ました。

随分、久しぶりに「嬉しい」「楽しい」という感情を意識したような気がします。

ありがとうございます。


最後になりましたが、弊日記をご覧下さっている皆様、

2014年のご多幸を念じております。

乱文、失礼致しました。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

2013.12.30

民放の「バラエティ番組」は「イジメ方講座」になってますね。

◆他人の身体のことを口にするものではない、という常識を無視しています。

なんというか、「劇的に低俗で下らない」ので、とても最初から最後まで見ることはないのですが、

最近は少しは持ち直しているとはいうものの、あまり景気が良くないので、

テレビ局各局は、多分、番組制作費を安くあげるためでしょう。

所謂「B級タレント」というのでしょうか。「お笑い芸人」とはいうものの、

彼らの「芸」などみたこともない、ギャラの安そうな芸能人を数だけ揃えて、

昔は、タブーとされていたそうですが、彼らの「内輪ネタ」を番組本番で話すのが普通となっています。


それ自体、「内輪」の話なのですから、自分達は面白くても、「お客様」である視聴者には少しも

面白くないばかりか、積極的に不愉快なのは、本来は、「口にしないのが常識」である、

他人の身体や知能に関する、ほとんどは、ネガティブな特徴を平気で話題にしています。

つまり、

お前、この中で一番ブサイク(ブス、デブ、ハゲ、バカ、等々)なんだから・・・

の類です。

これは、感心しません。というか腹立たしい。


同じテレビ局がニュースでは、
深刻なイジメの実態が改めて浮き彫りになりました

などという原稿をアナウンサーが読んでいる。


話がそれますが、テレビ局のニュース原稿というのは、何故、申し合わせたように同じ表現を使うのでしょう。
〇〇の実態が改めて浮き彫りに

とか、
関係者は大きなショックを受けています。

同じようなことですが、
ショックを隠しきれない様子でした。

等々、少し意識してきいていると、呆れるほど同じ表現を用いています。

ニュース原稿は、文学作品ではないので、「創造的」である必要はないのですが、

それにしても、言葉で何かを伝えることを商売としているのであれば、

原稿を書く人たちは、本来「他人とは違う表現、言い回し」を使おうとするのが普通だと思うので

とても、不自然に響きます。が、それは、本稿の本質からは逸脱します。


話をもとに戻すと、他人の身体のことを口にだすものではない。

これは、一般人の会話においても、最低限のマナーです。

「背が低い(高い)ですね」、「やせて(ふとって)いますね」、「やせ(ふとり)ましたね」、

「色が黒い(白い)ですね」、「顔が大きい(小さい)ですね」 、そして当然、「ブス(醜男)ですね」

というように、相手の身体に関することを口にするのは、

大変失礼なこと、「言ってはいけないこと」の筆頭に挙げられます。

しかし、テレビでは、その「いけないこと」をネタにして、

「擬似的な揉めごと」で騒ぐのが、あれは、テレビ局にも責任がありますが、

あまりにも常態化しています。


◆あれを子供が見たら、どう思うでしょうか。

残念ながら、最近の日本人は芸人だけではなく、一般人もまた、子供の頃に躾けなかった親や教師に

大きな責任がある、と思いますが、上述したような「常識」を知らない大人が多い。

私はうつ病になったあと、抗うつ薬の副作用でしょうか。一時期ものすごく肥ってしまい、

身長が162㎝なのに、体重が74キロ、腹囲が90センチぐらいになった時期がありましたが、

会社の人間で、以前から私を知っている人のかなりが、公然と

太りましたねえ。

といいます。流石に自分でもあまりにも見た目が醜悪なので、18キロ減量し、

体重56キロ、腹囲75センチに痩せましたが、これは標準体重以下で、こんどはすこし痩せすぎだったのは

本当のことなのですが、人間、無責任、というか、殆どの人は、他人なんか知ったことではないくせに、

こういうときだけはめざとくて、
JIROさん、どうしたんですか?ものすごく痩せましたね?何処か悪いんじゃないですか?

もっと失礼なのは、
ガンじゃないですか?検査受けた方がいいですよ。

と、全然冗談になっていないのですが、そもそもそういうことを言うのは無神経な人間ですので、

こちらの不機嫌な顔にも気がつかず、面白そうにいいます。こちらの健康など、関心が無いクセに。


このように一般の大人も「最低限のマナー」を心得ていない、ということは自分の子供に教えていないでしょうし、

子供達はさらに、前段に書いたとおり、テレビのバラエティーで、画面の中の「大人たち」が平気で、
お前、一番、ブスなんだから

と言い合うのを見る。これでは、悪いことだと認識しようがありません。

多分、こういうことを子供達は学校で平気で友だちにいうようになり、誰かが集中砲火を浴びたら、

恐らく、長く陰湿に続く、イジメのきっかけになります。

テレビと世間が子供に「他人のイジメ方」を教えているのも同然です。

そちらは放置して、「イジメを考える座談会」を「有識者」がわざとらしく話し合っても、

なんの意味もありません。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

2013.12.28

【為参考】LINEというアプリは良く知らないと危ないですね。

◆使い方を予め調べないと、トラブルの原因になります。

LINEという韓国最大のIT企業NHNの日本法人、LINE株式会社が提供している、スマホなど用の

リアルタイムでのチャットが出来る、メッセンジャーですね。


今更、なんですが、これで子供がいかがわしい輩に利用されるなどというニュースが載っていることは

知っていましたが、他方では、世界中で利用者が増えているから、まあ、そんなに怪しげではなかろうと。


軽い気持ちで、自分のスマホにインストールしたのですが、予めサービスの概要を知らないと、

そして、きちんと設定を行わなかったので、自分がトラブったことを、

恥ずかしながら、御参考までに書いておきます。


◆友だちの追加、友だちへの自動追加は必ずOFFにしないと、トラブルになります。

最初に結論をのべます。

LINEというアプリないしは、それを提供するサービスが「悪い」というのではない。

ただ個人情報が収集されるという点において、かなり高い潜在的な危険がある、と思います。


LINEをインストールするときに利用規約が表示され、それに同意してインストールしますが、

それを熟読しなかった私が迂闊でした。


LINE 利用規約の、「プライバシー」という項目は以下のとおり。

5. プライバシー

5.1. 当社は、お客様のプライバシーを尊重しています。

5.2. 当社は、お客様のプライバシー情報と個人情報を、LINE プライバシーポリシーに従って適切に取り扱います。

5.3.当社は、お客様から収集した情報を安全に管理するため、セキュリティに最大限の注意を払っています。

その「プライバシーポリシー」にリンクを貼り、「収集する個人情報の項目」を

抜萃します。
収集する個人情報の項目

LINE㈱は LINE サービス(以下、「本サービス」といいます)提供のために下のような個人情報を収集します。

・本サービスのアカウント登録時に端末別にで下記のような個人情報を収集します。


  • [Windows Phone・BlackBerry]

  • - 必須項目:携帯電話番号、本サービス上で表示する名前、端末機情報

  • - 任意項目:端末機住所録内に保存された電話番号、アイコン画像



  • [iPhone・Android]

  • - 必須項目: 携帯電話番号またはFacebook ID,本サービス上で表示する名前、端末機情報

  • - 任意項目:端末機内に保存された電話番号、アイコン画像

  • ・本サービスの利用開始後にメールアドレス、NHN株式会社が提供するNAVERサービスのID、プロフィール情報(LINE ID、アイコン画像、ひとことなど)を利用者が任意で入力することができます。
(注:色文字は引用者による)

ご覧の通りで、あくまでも任意項目なのですが、デフォルトがどちらになっているか。

確かめる為、今、一旦アンインストール済のLINEを(途中まで)インストールしてみたところ、

デフォルトで、「友だちの自動追加を許可」「友だちへの自動追加を許可」にチェックがしてあります。

それ以前に、最初のイントール時の同意事項に、スマホ電話帳の情報をLINE運営会社が収集すること、が含まれています。

つまり、電話帳に載っている、家族、友人、仕事関連、全ての電話番号がLINEサーバにアップされるのです。

そして、特に注意するべきなのは、
「友人への自動追加を許可」

に、デフォルト(初期設定)でチェックがしてあることです。

これにより、私のスマホに登録されている電話帳の電話番号が自動的にLINEサーバにアップされます。

私のスマホですから家内の電話番号も含まれていて、それもLINEサーバに登録されます。

そして「友人への自動追加を許可」にしておくと(デフォルト)、私の電話帳に載っている人の電話番号を

LINE側が突合して、それを含む番号を電話帳を持つ、LINE会員に、勝手に「友人として追加」してしまうのです。


◆トラブル顛末。家内がLINEを始めた、と家内の友人が勘違いしました。

このような個人情報自動収集、及び自動通知が実行された結果、次の自体が発生しました。

LINEを使ったのは数日ですが、一昨日、帰宅したら、家内が

「あなた私(家内)の名前でLINEに登録したの?!」

といいます。こちらは勿論、そんなことはしていないので、何のことか、わかりません。

そこで初めて、検索し、LINEの詳細な作動、運営方法、サービス内容を知りました。

だから「迂闊だった」というのです。


それは、さておき、なにが起きたか?というと、家内の友人で、家内の携帯電話番号を

自分の携帯(スマホ)の電話帳に登録し、かつ、LINEアプリを使っているひと(LINE会員)には、

家内が「友だち」として追加されてしまう。家内はLINEアプリをインストールしていないのに、です。

そして、家内の友人は家内に、
LINE始めたんだね?

と、メールを送ってきました。家内が友人の「友だち」に追加されているから気がついたのです。

家内は何のことかわかりません。


一層、誤解を招き易いのは、、家内の友人には、家内の番号は登録してあっても、私の番号は登録してないので、

まず、家内の電話番号が表示され、付随的にその情報源はJIROであることが知らされ、

私のアイコンが登録されますから、当然、何か私が何をしているのか、訝しがります。


家内がLINEを使用しなくても、私がLINE会員となり、デフォルト状態で登録すると、このようなことが起きます。

家内は、私が家内の電話番号を無断で用いてLINE会員に登録したのだろう、と誤解しました。

そんなことをしても意味がないけれども、人間、やはりカッとなると論理的には考えられません

家内は殆ど「激怒し」ていたので(無理もありません)、誤解を解くのが大変でした。

ネットで検索して似たようなトラブル例を発見したので、それで説明しました。


問題を解決する手段は一つ。

慌ててアプリだけをインストールしても、私の個人情報(私自身の個人情報と電話帳のデータ、ちゃっとの過去ログ)は

削除されません。まず、アカウントを削除します。
「設定」 >「プロフィール」> 「アカウント削除」

を選択すると、「本当にアカウントを削除していいのか?」という趣旨の確認メッセージが表示されますから、

構わず、「アカウント削除」を選択すると、これは他人様のサイトの説明ですが、
アカウントを削除すると、購入した有料スタンプ、LINEに登録した電話番号、友だちやグループのリスト、トークの履歴が全て削除されます。

「メールアドレス登録」を設定している場合は、PC版、ブラウザ版にログインする際のメールアドレス、パスワードも削除され、全ての端末でログインが出来なくなります。

私の場合は使い始めたばかりで「有料スタンプ」とか「グループリスト」は無関係ですが、

トラブルを解消するには、「コイン」とか言うポイントぐらい、どうでも良いとおもいます。

「アカウント削除」した翌日、家内の友人のLINEアプリの「友だち」欄には、家内が「(LINE)から退会した」旨、

表示されたそうで、やっと誤解が完全に解けました。


◆結論。かなり気を付けないと。

既に非常に多数のLINE利用者がいて、問題なく使っている人もいるので、

LINE自体の「責任」ではなく、最初に利用規約。同意事項、友人追加の設定状況の意味を

良く確認しなかった私が迂闊なのですが、まさか、電話帳情報が、デフォルトでLINEサーバにアップされる

とは思いませんでした。私の感覚では、不安です。

このアプリはリアルタイムでチャットするのは、サクサクと作動して、確かに便利ですが、

使うときには、上述したとおり、

「友だちの自動追加を許可」

「友だちへの自動追加を許可」

がデフォルトでONになっています。友人への自動登録を許可しなくても電話帳情報自体はLINEサーバにアップされる。

自分だけではなく、電話帳に登録してある全ての人の電話番号、メールアドレスが、本人の意思とは無関係に

収集され、保存されている、ということは、漏洩する可能性が絶対にない、とは言えないのですから、

危機管理の原則で、最悪の状況を想定するなら、自分がLINEを使い始め、不適切な設定を行うと、

電話帳に登録している、自分以外の人の個人情報が、悪用される可能性もある、

ちょっと、これはどうかな?というのが正直な感想です。

はっきりいうと、私の率直な感想は「なんて危ないサービスなんだ」ということです。

くどくなりますが、これは私の主観です。LINEは個人情報を収集する、と明記し、

利用者hそれに同意して利用を開始するので、それ自体に違法性はありません。


安易に使い始めると、危険だ、ということを申しあげ、筆を擱きます。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

2013.12.26

戦死した人々は「神様」になんかされたくなかったんじゃないですか?

◆記事:首相が靖国神社参拝=在任中初(時事通信 2013/12/26-12:58)

安倍晋三首相は26日午前、東京・九段北の靖国神社を参拝した。

安倍氏の首相在任中の参拝は、第1次政権を含めて初めて。

現職首相の参拝は小泉純一郎氏以来7年ぶり。

A級戦犯が合祀(ごうし)された同神社への首相参拝に対し、

中韓両国は強く反発、日本との関係改善はさらに遠のきそうだ。


◆コメント:戦死した人、「神様」にされても全然うれしくないのではないか、と思います。

これは、当然のことながら、完全に主観的な感想ですが、

死にたくて死んだ人なんていないですよね。

戦死、または、戦争に関連して亡くなった310万人。当時の日本の総人口の実に25人に1人。

戦地へ送られ、酷い死に方をした人。死んだ後から「英霊」などと言われても

全然嬉しくない、と思います。しばしば、

日本国を守るために戦ってくださった英霊に対してお参りをするのは日本国民として当然の事です。

という、おっそろしく月並みなことを言う人がいますが、私だったら
俺は死にたく死んだんじゃねえぞ。神様にされても嬉しくねえよ。それより、もっと生きたかったよ。

とひじょうに、腹立たしい気分になると思います。

実際の「英霊」の気持ちなんてわからんですけどね。イタコじゃないから、霊を呼ぶことも出来ません。

つまり、「確認」は未来永劫不可能で、上述の内容は、私の想像でしか、ありませんが。


◆そもそも、憲法に違反しているのです。

日本国憲法は政教分離を定めています。日本国憲法第20条第3項。

国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。

内閣総理大臣の靖国神社参拝が宗教的行為である、という判断を示した判例は何例かあります。

因みに日本では「憲法裁判所」がないので、「靖国参拝は違憲か、合憲か」という裁判はない。

民事訴訟などの判決理由の中で違憲か合憲かを、司法が述べる。

こういうのを、「付随的違憲審査制」といいます。


2001年8月、小泉首相が靖国神社に参拝しましたが、2005年9月30日、大阪高裁は、
本件参拝は、宗教団体である靖国神社の備える礼拝施設である靖国神社の本殿において、祭神に対し、

拝礼することにより、畏敬(いけい)崇拝の気持ちを表したものであって、

客観的に見て極めて宗教的意義の深い行為というべきである。

と、判決文に書いています。司法が宗教的行為だと判断している。

日本国憲法は、国又はその機関は宗教的行事を行ってはならないと定めている。

内閣総理大臣は行政府の長ですから、国の機関です。

憲法第99条は国務大臣、国会議員、裁判官その他公務員の憲法遵守義務を明記しています。

だから、内閣総理大臣の靖国参拝は違憲であり、許されません。

英霊に対して云々とか海外の反応がどうか、から論じるから結論が出ないのです。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

2013.12.25

「来年2月9日投開票=選管が決定―都知事選」←絶対に自民党候補に入れてはいけません。

◆記事:来年2月9日投開票=選管が決定―都知事選(時事通信 12月25日(水)10時41分配信)

東京都選挙管理委員会は25日、猪瀬直樹前知事の辞職に伴う知事選の日程について、

来年1月23日告示、2月9日投開票とすることを決めた。

猪瀬前知事は今月19日、医療法人「徳洲会」グループから現金5000万円を受け取った問題を受け、

吉野利明都議会議長に辞職願を提出した。24日の臨時議会で同意を得て、同日付の辞職が正式に決まった。

知事選は告示まで既に1カ月を切っている。

自民、民主など各党は幹部会や選対会議を開き候補者選定を急いでいるが、対応が定まるのは年明けになりそうだ。

これまでのところ、舛添要一元厚生労働相や東国原英夫前衆院議員、

小池百合子自民党広報本部長らの名前が取り沙汰されているが、まだ出馬を表明した候補者はいない。

都知事選に関連し、安倍晋三首相(自民党総裁)は25日、首相官邸で河村建夫自民党選挙対策委員長と会談。

候補者選定について、「(選挙は)もう目の前だから、悠長なことは言っていられない」と述べ、検討を急ぐよう指示した。


◆コメント:とにかく自民党(推薦)候補には入れないこと。安倍政権を否定するチャンス。

記事にもあるとおり、選挙までの日程がかなり短く、「では、誰に入れるか」までは私も何とも言えませんが、

とにかく重要なことは、

自民党が立てた候補者には絶対に入れない。

ことです。秘密保護法案を強行採決するなど、独裁制に近くなっている安倍は、

世論調査で支持率が急落して焦ってます。

ここで(冒頭に書いたとおり、では誰に投票するか、はまだ、わかりませんが)、自民党に勝たせたら、

安倍晋三の実質的、専制君主制を是認することになります。

本来秘密保護法案の前に衆議院解散総選挙するべきでしたが、それは出来なかった。

参院選の合憲判断に関して全国の裁判所がのきなみ、違憲、違憲状態と判断してます。

違憲の選挙で選ばれた議員達が強行採決した法律がまかり通る世の中ではいけないのです。


とにかく、なんでもかんでも全て、呆れるほどアッというまに日本人はわすれますが、

東京都の有権者は日本の命運を握ってます。
絶対に自民党候補に入れてはいけない。

ということだけ、肝に銘じて下さい。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

2013.12.24

【音楽】クリスマス恒例。敢えて毎年同じです。

◆伝統的な日に奇を衒う必要はありません。

但し、日本の商店街で流れている、ジングル・ベルとか「サンタが街にやっている」は、

如何にも、アメリカ風で、軽薄で、厳かさがありません。

私には信仰がありませんが、ロンドン駐在員の頃、クリスマス前になると、

街中至る所で、アマ、プロ。編成も色々の金管アンサンブルがいて、讃美歌を吹いている。

あの光景は、美しいと思いましたし、なにしろ、どこを歩いていても、大好きなラッパの音に

身を浸しているのです。至福のときですね。さて、昨年と同内容ですが、順番だけ、

適宜入れ替えます。


◆ヘンデル オラトリオ「メサイア」から「ハレルヤ・コーラス」など。

チョン・ミョン・フン氏の「ミレニアム・コンサートに於ける『ハレルヤ』と書いてありますが、

YouTubeで情報不十分。オケ、コーラスがわかりませんが。とにかく。


◆Hallelujiah (Handel) - Myung-Whun Chun






いいですね。因みにこの「メサイア」はトランペット奏者が最も嫌がる曲の一つです。

休んでいる時間の方が長くいきなり高音で目立つパートを吹かなければならないので、

間違えるリスクが高いのですな。


次は、クリスマス・オラトリオの一番最後、第64曲をジャーマン・ブラスがアレンジして演奏したもの。


◆German Brass Christmas Oratorio BWV248_No 64







上手いですね。原曲でもトランペットは細かい動きをするのですが、一体、バッハの時代の

ナチュラルトランペットで、どうやって吹いたのか? こればかりは出来ることならば、タイム・マシンで

その時代に飛び、みてみたいものです。


以下は、恒例の讃美歌の類です。


日本で「もろびとこぞりて」と言っている、”Joy to the World"です。


◆Joy to the World







英語歌詞を添えます(多少違う所があります)。

Joy to the world! The Lord is come

Let earth receive her King

Let ev'ry heart prepare Him room

And heaven and nature sing

And heaven and nature sing

And heaven and heaven and nature sing



Joy to the earth! the Saviour reigns

Let men their songs employ

While fields and floods, rocks, hills and plains

Repeat the sounding joy

Repeat the sounding joy

Repeat, repeat the sounding joy



He rules the world with truth and grace

And makes the nations prove

The glories of His righteousness

And wonders of His love

And wonders of His love

And wonders, wonders of His love

次が一番好きという方、多いですね。

流石は天才、メンデルスゾーン作曲。“Hark! The Herald Angels Sing”


◆Hark! The Herald Angels Sing


英語歌詞。
1.

Hark! the herald angels sing, "Glory to the newborn King;

Peace on earth, and mercy mild, God and sinners reconciled!"

Joyful, all ye nations, rise, Join the triumph of the skies;

With th' angelic host proclaim, "Christ is born in Bethlehem!"

Hark! the herald angels sing, "Glory to the newborn King."



2.

Christ, by highest heav'n adored; Christ, the everlasting Lord!

Late in time behold him come, Offspring of the Virgin's womb:

Veiled in flesh the Godhead see; Hail, th'incarnate Deity,

Pleased, as man with men to dwell, Jesus, our Emmanuel.

Hark! the herald angels sing, "Glory to the newborn King."



3.

Hail the heav'n-born Prince of peace! Hail the Son of Righteousness!

Light and life to all He brings, Ris'n with healing in His wings.

Mild He lays His glory by, Born that man no more may die,

Born to raise the sons of earth, Born to give them second birth.

Hark! the herald angels sing, "Glory to the newborn King."




ロンドンでの金管合奏でも、これを一番、よく聴いたようなきがします。

実に美しく、敬虔な気持ちになります。


最後は「きよしこの夜」。"Silent Night"。

フランツ・ザヴィエル・グルーバー(Franz Xaver Gruber (1787-1863))作曲。


Silent Night






ではみなさん。

Have a Merry Christmas!

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

2013.12.23

「韓国に銃弾提供=南スーダン、PKOで初―政府」←「初」で済ませるな。マス・メディア。

◆記事:韓国に銃弾提供=南スーダン、PKOで初―政府(時事通信 12月23日(月)12時46分配信)

政府は23日、首相公邸で緊急の国家安全保障会議(日本版NSC)4大臣会合を開き、

国連南スーダン派遣団(UNMISS)に参加している韓国軍の要請を受け、陸上自衛隊の銃弾を

国連平和維持活動(PKO)協力法に基づき国連を通じて提供する方針を決めた。

PKO協力法に基づき国連に武器が提供されるのは初めて。


◆コメント:各メディアは「何が問題なのか」を提示すべきだ。

国民の殆どが問題の存在にすら気がついていないこと、

また、なにかが変だと思っている国民も、どこが問題かよく分かっていないことを

時事通信のみならず、各メディアは、百も承知の筈ですが、それに関して説明しないのは、怠慢です。


安倍首相は、特定秘密保護法を強行採決後、支持率が低下したのを見て、

改憲論議を当分先送りにする、とはずかしくなるほど、見え透いた反応をみせていますが、

まあ、日本人は、何でも直ぐに忘れるから、その頃を見計らおうとしているのでしょう。


憲法改正を本格的に行いたいという安倍晋三首相の内心の野望は、依然としてのこっているのでしょうが、

当面、「集団的自衛権行使が違憲である」という政府の公式見解を変更することによって、

実際的には、憲法を変えたのと同じような効果をもたらすことを計画しているようです。


そのために、集団的自衛権の行使を解釈云々以前に実際に行って既成事実化し、

後から憲法解釈、或いは憲法そのものの改正をやりやすくしようとしていることがわかります;


日本が集団的自衛権という場合に考えている「密接な関係の他国」は日米安保条約で同盟関係に

ある米国です。米国が襲われるというより、アメリカの人殺しをサポートする役目を担わされる

ところからはじめるでしょう。それは、武器や弾薬の補給、兵站の担当からはじまります。

日本が直接海外で鉄砲を撃たなくても、撃っている人々を手伝うこと自体が、

武力行使の一環を担っているのですから、憲法九条の存在意義、目的論的解釈をするなら、

最も厳密に、例え同盟国への後方支援ですら、禁止するのが筋です。


ましてや、日本と韓国は同盟関係にありません。日本と米国、韓国と米国はそれぞれ

同盟関係にありますが、日本と韓国は直接には同盟ではない。

国連を通してとはいえ、日本が銃弾を提供することで、その瞬間誰かがその銃弾に撃たれて

死ぬわけではないけれど、やがてそうなる可能性がある。後方支援は武力行使の一部です。

従って違憲です。PRO法案で認められていますが、PRO法案自体が違憲です。


随分前の話ですが、故・後藤田正晴氏が、第一次中曽根内閣の官房長官の時に、

ペルシャ湾に自衛隊の掃海艇(機雷を取り除く為の船舶)を出せというアメリカの強い要求がありました。

ところが、後藤田さんは、「絶対にいけない」とテコでも譲らなかった。

「これを認めるなら自分は官房長官を辞める」といってまで、中曽根氏を説得し続け、結局止めさせたのです。


戦争を知っている後藤田さんは、

自分自身が戦争に行っているから、その時の経験から分かるが、軍隊というのは、必ずエスカレートして、行き過ぎた行動を取るものだ

という確信があったから、自らの進退をもちだしてまで自衛隊の海外派遣を阻止したのに、

どんどんと、なし崩し的に既成事実化される。

だから、「国連に銃弾ぐらい、いいだろう」という発想ではだめなんです。

そういうことを説明するのは本来私ではなくて、公器であるマス・メディアの責任だと思います。


因みに特定秘密保護法が施行されたら、多分、このように政府に都合が悪いというか、

知られると、面倒なことになりそうな情報は、「特定秘密」にしてしまえば、発表されません。

それどころか、知らない間に日本の自衛隊が他国と戦闘状態に入っても誰にも伝わらない。

衆院選・参院選で、自公に入れた人、どうしてくれるんですか?

「今更仕方が無いだろう」といって、直ぐに忘れるから同じバカな選択を繰り返すのです。

ですから、私はしつこくリマインドするために書きます。

特に直近では、参院選で自公に入れ、連立与党が過半数を獲り、何でも法案を可決出来るように

してしまった人々、自分の投票行動の結果をよく、見て下さい。安易な投票が悲劇を招くのです。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

2013.12.21

さすがに、「何を書いても無駄」と思うと書けません。

◆最近、書かないのは「書いても無駄である」ことがよく分かったからです。

そのような当たり前のことを今頃認識するのが、凡人の頭の悪いところです。

たとえ、それが、知的職業ではなくて、芸能人でもなんでも、

とにかく不特定多数に広く、顔と名前を知られている人でないと、大勢に読んで頂けません。


あるいは、皆「マスゴミ」などと嘲りますが、それでもやはり、特に地上波テレビの影響力は

ものすごいです。


私は過去11年8ヶ月で、そこらのマスコミは「著名人」よりも「正しい」ことを「繰り返し」書いた

自負がありますが、悲しいかな、所詮は、市井の一般人がネットに何を書こうが誰の目に触れない。

御愛読下さっている読者の方々はいらっしゃいますが、本当に継続的に読んで下さっているのは、

1,000人程度で、日本総人口を仮に1億人としても、10万人に1人、0.001%です。


要するに、何を書いても書かなくても関係無い。

卑下するわけではなく、過去何度かの大事な局面で、現実を思い知らされました。


◆ここから先は愚痴です。読みたくない方は、ご無理なさいませんよう。まず郵政民営化選挙。

未練がましく何度も書きますが、この日記・ブログでの最初の大きな挫折感は

2005年9月11日投開票、いわゆる「郵政民営化選挙」。小泉純一郎の稀代のペテン師ぶりを

約1ヶ月、彼が8月8日に「郵政民営化法案」が参議院で否決されたら、衆議院を解散したのですが、

そのこと自体「解散権の濫用」です。小泉は、郵政民営化の是非「だけ」を問う選挙だと繰り返しましたが

実際には自民党ウェブには、国民との120の約束が掲げてありました。

そういうことも含めて、小泉に騙されるな、という意味のことを書き続けましたが、

小泉が大勝し、それまで一億総中流階級だったのに、「弱者は野垂れ死んで下さい」という

「格差社会」になりました。だからいわんこっちゃない、と思いました。


◆第一次安倍政権で、彼の独裁的・専制君主的志向が明らかだったと思うのです。

小泉の後、2006年9月26日からちょうど1年続いた、一度目の安倍晋三内閣で、

憲法の附属法である、教育基本法の改悪(改正と言いたくありません)、

そして、憲法改正の手続法、国民投票法、という大事な法案をいずれも、強行採決しました。

これほど大事な法律を、野党がまだ、聞きたいことがある、といっているのに、

「もう十分議論した」といって審議を打ち切り採決の動議を提出し、

数の力でねじ伏せて極めたのが、他ならぬ安倍晋三で、

この時に、私は、安倍晋三は非常に危険な独裁的志向を持っていると思いました。


◆だから、昨年の衆院選、今年の参院選で、自民党あるいは自公連立に安定多数を獲らせるな、と書きました。

さきほど、書き忘れましたが、

2005年9月、郵政民営化選挙の前の約1ヶ月、毎日のように、

小泉の言っていることが如何に正しくないか、書き続けましたが、

その間、反論コメント、メール、一回も、一通も来なかったのですが、

選挙結果が出た翌日、、

2005.09.12 自民党歴史的勝利←国民の歴史的かつ致命的判断ミスですな。

を書いた直後から、物凄い数の嫌がらせコメント、メールが殺到しました。

その頃、はまだ、「炎上」という言葉は使われていなかったと思いますが、今から思うと正に炎上です。


あまりにも、狡い、卑怯だし、愚かしい、と、私は思いました。

私の「反小泉主義」に反論があるならば、当開票日までの1ヶ月で反論してくればいいのに、

その時は、何も言わず、小泉政権が絶対安定多数を獲得した事実を見てから、嫌がらせが始まった、

ということは、殆どの人は、自分の頭では、小泉の政策の是非を判断出来ず、

選挙結果だけみて、「小泉が大勝したのだから、小泉が正しいのだろう」という思考しか出来なかったと思われます。

大衆とはこの程度です。


安倍は小泉の子分だし、自分では受験・就職、子育て、おカネの苦労を知りません。

ただ、歴史に名を残したいという動機だけで、憲法改正とか、なんとか言っている

それにまたまんまと騙されていますね日本人は。

昨年12月の衆議院選挙は、それ以前の民主政権が予想を遙かに裏切る無能さを示したので、

反動で、自民党が増えてしまうのは、予想かぬでしたが、一番問題なのは、

今年の参院選で、ねじれ国会という言葉で、あたかもそれが悪いことのような印象を与え続けた、

マスコミにも罪はありますが、ねじれが解消してしまったら、何でも安倍が強行採決をすることは

目に見えている。

案の定、普段はおとなしい日本人が国会議事堂周辺でデモを行っても、

特定秘密保護法案は強行採決されました。

議会制民主主義の本質に鑑み、多数党の意思が国民のマジョリティの意思を反映していることになっているから、

別に違法行為ではない。参院選で、自民党と公明党併せたら、過半数の議席になる。

ねじれを解消してしまった有権者が悪いのです。死票が多いので、自公以外に投票した我々はたまったものでは

ありませんが、自公に勝たせておいて、法案反対デモなど実行しても、

全く効果がないことは、明らかでしたが、やはり無駄でした。


私としては、郵政民営化で、一旦止めたくなりましたが、なんとか書き続け、

昨年の衆院選前、今年の参院選前、安倍の思想が如何に危険か何度も書きました。

集団的自衛権を認めてはいけない、ということは、183回書きました。

共謀罪もとっくの昔から反対してますが、

私の努力は全て無駄でした。こんなのより、兎にも角にも、多少世間に名を知られた人が、Twitterで、
集団的自衛権を認めたら、日本はアメリカの走狗にされてしまうぞ、

などと「つぶやく」と、あっというまにリツイートされて、世界に広まる。

過去11年8ヶ月で、「集団的自衛権」について183回書いてきた人間としては、何とも言えません。

繰り返すのが大事、続けるのが大事、というご意見を頂戴したことは何度もあり、

お励ましの言葉としては、ありがたいのですが、それならご自分で、

11年間と8ヶ月、3,700本の記事を書いてから、もう一度仰有って下さい。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

2013.12.18

【音楽・映像】ヒラリー・ハーン、モーツァルト、ヴァイオリン協奏曲第3番

◆ヒラリー・ハーンは、何でもケロリと弾いてしまいます。

ヒラリー・ハーン(Hilary Hahn)という1979年生まれのヴァイオリニストが16歳の時ですか。

いきなり、ヴァイオリン弾きのバイブルとでも言うべき、バッハの無伴奏ヴァイオリンソナタとパルティータの

全曲ではありませんけど、とにかくこんなの普通、ある程度名を成してから弾く(録音する)ものなのに、

いきなりヒラリー・ハーン デビュー! バッハ:シャコンヌでデビューしたので大変驚いたのを覚えています。


2007年にヴァチカンで、映像を見るとわかりますが、ローマ法王の御前演奏ですね。

この人何を何処で弾くときもつねに淡々としていて、非常に落ちついています。

ヴァイオリン弾きなら、これも必ず弾く、モーツァルトの協奏曲3番全曲です。


◆ヒラリー・ハーン:モーツァルト ヴァイオリン協奏曲 ト長調 K.216





最初から驚いたのですが、かなり勢いがいい、和音でヴァイオリンソロが始まります。

1拍目(強拍)からアッコードで始まるから、ふつうはかなり勢いを付ける感じの下げ弓で弾き始めるのではないか、

と思いますが、この人、必要最小限の動きで、アップ(上げ弓)で弾き始めるのですが、音は大変よく鳴っていて、

全く文句のつけようがないです。

ヒラリー・ハーンさん、モーツァルトのヴァイオリンソナタは録音してますが、

協奏曲は今の所、このYouTubeで聴くしかない。

伴奏の棒を振る、グスターボ・ドゥダメルというベネズエラの指揮者。

最初、シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ・オブ・ベネズエラとして有名になりましたが、

みるみる頭角を現して、なんとベルリン・フィルの大晦日(ジルベスター)まだ振るような人になるとは

不明ながら、思いませんでした。

二人ともまだ若いので、これから一層の円熟が楽しみです。


【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

2013.12.15

どう考えても、未来は絶望的ですね。

◆共謀罪もきっと可決されることでしょう。

特定秘密保護法案可決でよく分かったでしょう。

衆参両院で、自民党や自公連立与党に過半数を獲らせてしまったら、

議会制民主主義ですから、多数党が主権者たる国民の意思を反映しているわけで

誰も文句いえないのですよ


騒ぐならば、せめて参議院選挙の前に自民党に過半数を獲らせるなと騒ぐべきでした。

2013.06.29 参院選でねじれ解消って、冗談じゃないですよ。

両院で過半数を獲らせてしまったら、どんな法案でも可決出来ることぐらい、

普通の知能で普通に考えれば分かるでしょう。


それなのに、一番肝心な選挙のときによく考えずに、投票しておいて、

あとから「特定秘密保護法」とか「共謀罪」の文字を見て安倍政権批判しても

どんなに国会周辺でデモを繰り返しても、秘密保護法は可決されましたね?

遅いんですよ。「共謀罪」もきっと可決されるでしょう。

共謀罪が成立したら、疑心暗鬼の嫌な世の中になるでしょうね。

一定要件(4年以上の懲役・禁固にあたる罪など)を相談しただけで、犯罪になるのです。

しかも、、貶めたい誰かに自分から話を持ち出しておいて、相手に「やろう」と言わせておき、録音して

その録音を持って警察に密告すれ、自分は無罪で、相手だけが警察に捕まる。

そういう制度が実現してしまう。

安倍政権を勝たせた皆さんが悪いのです。今更、どうしようもありません。


◆放射性廃棄物は増える一方でやがて、置き場所がなくなります。

放射能そのものを消す、無毒化する技術が開発されない限り、除染は移染でしかなく、

福島第一原発から出てくる放射性廃棄物は増える一方です。

やがて置き場所がなくなり、汚染水は海に捨てるか地面に捨てるか、が普通になり、

超長期的には、地球にいる限り被曝することになり(今まで以上に。)、

皆、直接的、間接的に影響を受けて健康を損ね,長生きできないんでしょうね。

世の中の未来はこのように絶望的ですが、これは特に悲観的ではなく、

冷静に客観的に考えたら、それ以外、あり得ないと思います。

最近の若い人。最近生まれた子供。気の毒ですが、運が悪いとしかいいようがない。

親の世代を恨み、自らの運命を嘆き悲しむことですな。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

2013.12.13

【音楽】SKE48東李苑さん(Pf)と古畑奈和さん(A.Sax.)の演奏。あまりにまともに上手いので驚きました。

◆AKBグループの名古屋拠点、SKEに驚くほど上手い二人がいました。

公共放送NHKは、何故かアイドルグループ、今をときめく、AKBグループと相思相愛で、

10月から毎週土曜日夜11時半から、AKB48ショーという番組が始まりまして、

勿論、普段は、アイドルグループの番組ですから、女の子が歌って踊ったりするわけですが、

先日、たまたま、すごい映像と音声を聞いたのです。


アイドルであるとかないとか、演奏の評価には個人の属性は関係無いと思います。


映像で説明を聞いて頂いた方が速いのですが、

SKE48(名古屋の「栄(さかえ)」を拠点にするからSKEだそうです)の中で非常に人気のある、

松井玲奈さんの「枯葉のステーション」というソロ曲だそうです。作詞:秋元康、作曲:市川裕一。


それを、このグループを知るNHKの誰かが目を付けたのでしょう。まともにピアノとサックスが上手い二人に

演奏させました。

映像削除されてしまうかも知れないと思って、放送直後には書かなかったのですが、もしかすると明日で

オン・エアから2週間ですから、削除されてしまうかも知れないのですが、一度は紹介したい。

非常におこがましい言い方ですが、この私が感心してるぐらいですからホントに上手いのです。


◆SKE48 東李苑 古畑奈和 / ♪ 枯葉のステーション






お分かり頂けるでしょ?

東李苑(あずまりおん)さんのピアノは聴いて明らか、幼い頃からまともに習って今でも練習している。

古畑奈和(ふるはたなお)さんのサックス。サクソフォーンは、オーケストラ、吹奏楽で使われる管楽器の中では

まず「とりあえず」音が出るまでが比較的簡単なので、始める人は多いですが、続く人は少ない。

最初、ヘタクソな頃は、このような切ない、ニュアンスのある音が出せません。かなり上手い。

このままの音で、クラシックオーケストラでは吹けませんが、この人、そういう練習をしたら、例えば、

ラヴェル編曲「展覧会の絵」の中に「古城」という、アルト・サックスが旋律を吹く曲がありますが、

あんなの、すぐ吹けると思います。

かなり高度な音のコントロールです。


フレージング、音程、ヴィヴラート。高音のピアニッシモとか、かなり難しいことをやってます。


11月30日、この番組の後、Twitterで、かなり興奮気味にTweetしたのですが、人間というのは、

頑固というか頭の堅い人の方が多い。

クラシック・ファンは「アイドルの演奏」というだけで聴こうとしないし、SKEのファンの坊や達は

なんとなく、自分達の分からない領域に、いきなりオヤジが書き込んできたものだから、やたら私を揶揄するばかりで

この演奏の価値がよく分からない様子です。

このまま、多くの人に知られないのはあまりにもったいないので、ご紹介しました。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

2013.12.10

NHKさん、受信料真面目に払ってるからいうが、もう少し融通が利かないですかい?

◆受信料を支払うことにはやぶさかではないのですが。

過去において何度か書きました(10年以上書いていると、大抵のことは何度か書いているんですが)。

NHKの受信料支払い契約は、法的な「債務」ではないとかなんとか屁理屈こね回して、払わないで、

それで、絶対、一生、テレビもラジオも見ない聴かない、と誓約書でも提出するならいいですけど、

そんなひとは多分いないとおもいます。

家にテレビがないという人、自慢気にいいますが、それは自由ですが、

日本中、北海道最北端から沖縄まで、一斉に電波がとどくのはNHKだけですから、

ああいうのは、鉄道、道路、水道、電器、ガスなどと同じ、インフラストラクチャーの一種であって、

皆が、少しずつ負担しあって、「維持するべきもの」だと思います。


また、最も大事なニュースとかその解説において、番組内容が気に入らない、報道のスタンスが偏向している

ということを、不払いの理由にしているひとがいるようですが、それは理由にならないと思います。

内容が全て気に入るメディアなど、誰にとっても存在しないのであります。

例えば、私は経済専門紙、日本経済新聞の経済指標の伝え方が、妙に政府におべんちゃら風なのが気に入らないのですが、

気に入らないから、おカネを払わなくて良い、という理屈が成り立つならば、

私は、毎朝、駅の売店で「内容が気に入らないから、タダで貰っていくよ」と主張して、

日経を万引きしても構わない筈ですが、これを容認する人はいないでしょう。

紙ならダメで、電波なら構わないというのは筋が通らないと思います。

ですから、私とて、NHKには不満がありますが、毎年10月25日前後にBS含めて1年分一括で、24,000円支払い、

かつ、インターネットのNHKオンデマンドの「見逃し見放題パック」と「特選見放題パック」各月額945円まで

払ってますから、945×2×12=22,680円で、普通の受信料と合わせるとなんと46,680円を払っています。

それはいいのです。しかし、それだけに、もう少しNHKは融通を利かせて欲しいと思います。


◆著作「権」を主張するなら、再放送やネット配信で「客」のニーズに応えてほしい。

NHKには、あれは多分、ネットを監視する専門のスタッフがいるのか、何か感知するプログラムがあるのか

わかりませんが、大抵は、最近のものであろうが、過去のものであろうが、番組の本の一部でも、誰かが、

YouTubeにアップすると、驚くほど迅速に「削除依頼」を行い、その動画は削除されます。

純粋に法的には、NHKの番組はNHKに著作権があることは、わかりますから、不当な行為ではないのですが、

著作「権」の権利にムキになるだけでなく、何故、あれほど頻繁に「違法に番組がアップロード」されるのか?を

考えて欲しいと思います。

私は、視聴者が、「見たい」という要望が、再放送や、NHKオンデマンドで充足されないからこそ、

あのような、違法アップが増えるのだとおもいます。
kgg
私が良く見るのはクラシック音楽関連番組ですが、非常に貴重な映像をNHKは沢山抱えているのですが、

再放送もしなければ、NHKオンデマンドでも見ることができない。

オンデマンドなんて、受信料とは別にネットの料金を「払う」といってるんですから、

過去の膨大なアーカイブをもっと自由に見られるようにして欲しいと思います。


また、皆さんNHKのウェブサイトなんて、それほど熱心に点検なさらないでしょうが、

NHKBSプレミアムで、以前4年近く放送されていた、「名曲探偵アマデウス」という番組があり、

役者の芝居の中で音楽を解説するのですが、解説部分はかなり丁寧で、正鵠を射ており、

良心的な内容だったので、再放送の希望が非常に多く寄せられていますが、BSの再放送希望受付フォームメールがなくて、

Eテレには「再放送希望」のコーナーがあるので、皆さん、そちらに書き込むのです。

しかし、多分、NHKの理屈だと、そこはEテレ番組の再放送希望だから、BSプレミアムの再放送希望は知らないよ、

ということになるのか、完全に無視されてます。どこのページだろうが、とにもかくにも「名曲探偵アマデウス」

をまた、見たいという人が大勢いることを、NHKは確実に認識している筈ですから、何もしないのは怠慢ではないかと思います。

また、もっと古い、遙か昔の例えばカラヤンが1950年代に1ヶ月半も、日本に滞在して、N響を振った映像などは、

放送で流さず、DVD化して、それがまたエラく高いので、そう簡単には買えない。アコギな商法です。

受信料を払えというから、払ってんですから、そういうアコギなことをしないで、

視聴車がもう一度見たいという希望をもっと、こまめに拾って実現して欲しいとおもいます。


視聴車の要望が比較的直ぐに採用された例で私が知っているのは、昨年3月末で日曜日夜のクラシック音楽番組、

「N響アワー」が終了ということになり、終了決定と同時に猛然と抗議メールが殺到したのですが、既に

石田衣良と加羽沢美濃とは1年間は契約していたのでしょう。「ららら♪クラシック」という何とも中途半端な番組が

放送されはじめましたが、僅か一年で、実質的には、「N響アワー復活」のような「クラシック音楽館」の放送が、

今年の4月に始まったという例ぐらいでしょうか。


繰り返しますが、著作権という権利を主張するなら、何故違法アップが後を絶たないのか考えて欲しい。

再放送とかネットのオンデマンド視聴が柔軟に運営されていないからです。全ての商売の基本である、

「お客様の要望に可能なかぎり応える」努力をして欲しいと思います。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

2013.12.08

唐突ですが、喪服(葬儀必需品)点検の薦め。

◆母の一周忌を済ませて思い出しました。

母はちょうど1年ほど前、昨年の12月上旬にガンが見つかり、

原病巣は胃なのですが、既に肝臓に転移巣が見つかり、オペは不可能。

抗ガン剤治療を実施すれば、半年ぐらいは保つであろう、という大方の予想が外れ

経口抗ガン剤の投与だけで(全ての人が同じようになるとは限りませんが)予想を遙かに上回る速さで

病状が悪化し、というか、見舞いに行くたびに衰弱しまして(何が原因か分かりません)。

あれれ?と思っていたら、なんと今年の正月3日に他界しました。

正月に死んだので、正確に1年目は勿論、その前後でも、法事なんかやるものではありませんから、

今日(12月8日)、1ヶ月前倒しで済ませました。


そのこと自体はどうでも良いのです。子供より親が先に死ぬのは普通の順番ですし、

私も兄貴もいい歳したオヤジで、お袋は84歳でしたから、ごく「普通のこと」です。


それよりも、慌てたのは喪服です。ここ何年か葬式に出ていないという方は、

要注意です。着られなくなっている可能性が高い。

こういうことを書く人はあまりいないとおもうので、敢えて書きます。


◆母が急逝してからアワを食ったのですが、喪服を新調する必要がありました。

前回の葬式がいつだったか直ぐに思い出せないくらいですから、

かなり間が空いたのだとおもいます。当然、体型に変化があったり、

服そのものが古すぎて、いくら何でもヨレヨレでみっともない、

と、いざ喪服が必要となり、出してから慌てました。

私の場合、母が亡くなったのが1月3日(木)で、通夜が7日(月)でした。

まだ4日の猶予があって助かった方ですが、それでも急遽、365日営業で翌日には裾直しなど

出来上がる、中野のキクマツヤさんで、ギリギリ間に合いました。本来は日曜日の夜までに

ネーム入りで仕上がるはずだったのですが、連絡があって、ネームまでやると月曜日の夕方になる

ということで、それでは通夜仁間に合わないので、ネーム要らないから、といって日曜日の夜に

受け取りに行きました。何故普段よりも時間が掛かりネームが無理だったかというと、

同じような(喪服の)注文がかなり来たから、だそうです。


家内も詳細はわすれましたが、かなりきわどいところで間に合ったとおぼろげに記憶しています。

一つ確かなのは、家内が百貨店婦人服へ言ったらやはり年末年始の喪服売り場は大変忙しい。

年末年始ではなくても、何しろ、事態に緊急性があるので、喪服売り場はてんやわんやのことが

多いそうです。


これから、クリスマス、年末と楽しい気分の時に縁起の悪い話で恐縮ですけれども、

実際問題として、「今、葬式なんかあったら、困るぞ?」というときでも、人間は365日24時間、毎分毎秒

誰か死んでいるわけですから、1番困るタイミングで、葬儀→喪服の需要ということが現実にあります。

慌てない為に、何も無いうちから、喪服は定期点検しておいた方が良い、と思います。

黒ネクタイ。黒い靴下。真っ白のハンカチ。白いワイシャツ。

全く金属など光るものがついていない靴、それから数珠(意外に売っている店が少ない)

香典袋など。

何しろ弔事は全てに優先し、無視するわけにはいきませんから

「平時」から準備しておくと安心です。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

2013.12.06

「特定秘密保護法が成立」←「・・・・・・・」

◆自民党に昨年の衆院選、今年の参院選で票を投じた方々。

一体、どうやってオトシマエつけてくれるんだよ!馬鹿野郎!


衆参で与党又は、連立与党が過半数を占める、ということはこのようにして、治安維持法だろうが、徴兵制だろうが、可決出来てしまう、

ということを意味します。

十分に物事を考えずに投票行動を行った人たちは、知らんふりを決め込むのでしょうか。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

2013.12.05

自分の頭で24時間考えろ。

◆Twitterを見ていて思うことが色々あります。

以前から、申しあげているように、

あの140文字の「つぶやき」はその場で思い付いたことを言語化すれば良いので、

大変、楽です。そのため非常に多くの人が利用しています。


あれだけやっていたら、恐らく人間、バカになるのではないかと思いますが、

まあ、今日は、その件はさておき、Twitterを観察していると、世の人々の動向、傾向が分かります。

いろいろ、思うことがあります。


◆或る時期には、一つの話題で持ちきりになり、しばらくすると全く話題に上がらなくなります。

今ですと、数週間前から「特定秘密保護法案」一辺倒ですが、

そのちょっと前は、山本太郎議員が、天皇陛下に「直訴状」を手渡した(お読みになっていないそうですが)件。

しかし、何と言っても、今年の前半はかなり長い間、何ヶ月も毎日、朝から晩まで

「橋下大阪市長批判」ばかりでした。


なんであれ、気になるのは、一つのことが話題になると、それ「だけ」になってしまう、という傾向です。

世の中、日本の中だけみても、被災地の復興や福島第一原発の問題や、マクロ経済の問題など、

枚挙にいとまがないほどの問題を抱えているのにもかかわらず、Twitterで話題になっていることこそが、

あたかもこの世で最も重大な問題である、という錯覚を抱いているように見えます。

Twitterに群がる人々のこのような「行動規範」は日本人の典型で、「他の人と同じことをすること」

の一種なのでしょう。

かなり多くの人々が、この「視野狭窄」に陥っています。


しかし、「今、世の中で何が問題なのか」という「物事の軽重」を判断するのは、

他人を見るのではなく、自分で決めなくてはいけません。


◆「ねじれ国会」が「悪いこと」のような印象を与え続けたマスコミに罪がある、という人がいます。

確かに、マスコミはねじれが「異常」であって、その為に法案審議が進まず、

「参院選でねじれを解消出来るか?」というような書き方をしていて、それは良くなかったのですが、

だからといって、

有権者が「ねじれ国会」が悪いこと、と考えたのはマスコミのせいだ

というのは、間違っています。

ねじれが解消したら、どうなってしまうのか(今の状態ですね)、マスコミがなんと言おうと、

ちょっと考えれば小学生でも分かる事です。昨日も引用しましたが弊ブログで
2013.06.29 参院選でねじれ解消って、冗談じゃないですよ。

と書きました。私が頭が良いのでもなんでもなく、繰り返しますが、普通の知能で普通に考えれば、

だれにでもわかることです。

それを「マスコミが『ねじれは悪い』ような印象を与えたから」と他人のせいにしたがるのは、

これも自分の頭で考えないからです。マスコミのいうことを鵜呑みにするからです。


◆結論

順番が前後しますが、結論的に繰り返します。

物事の軽重は、他人がTwitterで何を話しているか、とか、マスコミが何をどのように書いているか

を基準にするのではなく、自分の頭でゼロから考えるべきです。


そして、世間(世界)は広く常に、あらゆる所であらゆる問題が起きています。

それらを全て把握したり、自分の見解を述べるのは不可能ですが、一度に一つ、はいくらなんでも

視野が狭すぎます。

物理的、生理的には、現実には実行不可能ですが、私は、気持ちとしては、

365日、24時間、世の中のあらゆることをウォッチして、自分の頭でかんがえる。

と言うぐらいの気概が、天下国家を論じるのならば、必要であると思います。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

12月5日(木)の午前3時に参議院本会議を開会中なんですよ。

◆記事:参院、民主・水岡内閣委員長を解任 与党から選出へ (日経電子版)(2013/12/5 2:12)

参院は5日未明の本会議で、民主党の水岡俊一内閣委員長の解任決議を自民、公明両党の賛成多数で可決した。

同委で審議中の国家戦略特区法案の今国会成立を確実なものにするため。

参院はこの後に開く本会議で、水岡氏に代わる新委員長を与党側から選出する。


◆記事2:参院、民主・大久保経産委員長も解任(日経電子版)(2013/12/5 2:43)

参院は5日未明の本会議で、民主党の大久保勉経済産業委員長の解任決議を自民、公明両党の賛成多数で可決した。

政府・与党が今国会での成立を目指す独占禁止法改正案の審議を促進させるのが狙いだ。

野党出身の委員長を解任してまで法案成立を目指すのは極めて異例。

野党は与党による「数の横暴」として強く反発している。


◆コメント:政治は数であることは、分かっていますが、これほどひどい風景は初めてです。

これをお読みになる読者の皆さんが昨夜寝ていた頃、

私は今この原稿を12月5日(木)午前3時19分に書いていますが、

Twitter上で誰かが教えてくれて国会のネット中継を見ました。

この真夜中になんと参議院本会議が開催されています。

NSCやら、秘密保護法案という、なんだか説明がよく分からない法律を会期中(12月6日(金)まで)に決めようと

言うのも、無茶苦茶ですが、

自民党が本性を現しましたね。

民主党の水岡内閣委員長を、同委で審議中の国家戦略特区法案の今国会成立を確実なものにするために、

更に、同じく民主党の大久保勉経済産業委員長を、今国会での成立を目指す独占禁止法改正案の審議を促進させるために、

解任動議を起こして、決議して、自分達の都合の良い委員会に改編して、

あと二日で全部無理矢理採決してしまおうということですね。衆参のねじれが解消してしまうというのはこういうことです。

それにしても自民党はひどすぎますが。これは結果論ではありません。今年の6月に、私は、書きました。

2013.06.29 参院選でねじれ解消って、冗談じゃないですよ。

だから、いわんこっちゃない。

前政権時にも教育基本法改悪と、国民投票法を強行採決した安倍晋三は

極めて独裁的志向が強い。それに逆らえない雰囲気になっている自民党も全体として危ない。

もはや日本は民主的な国家では無い。

昨年の衆議院選挙と今年の参議院選挙で自民党に投票した人、こんな国にして、どうしてくれるんですか。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

2013.12.03

特定秘密保護法案の審議過程(会議録)の開示請求をすると真っ黒で出てくる。

◆特定秘密保護法の問題点。

国家安全保障に関わる秘密情報を漏洩した公務員や、それを引き出そうとした民間人。

引き出すことを共謀した者。引き出した情報を、例えばこのようなブログに書いた民間人は、

最高10年以下の懲役にするか、というのですが、


何を特定秘密にするのか、が公開されない上、裁判所には公開しなければならないとも書いてないので、

最悪では罪刑法定主義に反します。


何が秘密なのか、いくらでも拡大解釈ができてしまう(総理大臣によって)ので、

例えば、本当は大したことがないのに、政治家個人にとってヤバいことを隠蔽しようとする場合に利用出来ます。


また、今回は秘密保護法とペアで、憲法解釈の変更によって、集団的自衛権の行使を可能にしようとしていますが、

自衛隊が海外へいって、アメリカと一緒に武力を行使して、他国の人を殺害してしていても、

それを「特定秘密」にしてしまえば、そのようなとんでもないことが起きていても、わかりません。

「第三者による検証」(本当に隠蔽すべきことかどうか、のチェック)が義務づけられていないので、

国家が間違った判断をしたとしても、主権者たる国民が判断出来ないという状況になります。


さらに、特定秘密の内容を明らかにする権限を裁判所に与える、ということは法案に書いてないので、

何が秘密か分からないのに、例えば私がここに書いたことが「特定秘密だった」といって逮捕することが出来てしまいます。

これは、違憲ですね。

逮捕されるには、その理由が書かれた逮捕状がなければいけないのです。それは憲法で決まってます。

第三十三条  何人も、現行犯として逮捕される場合を除いては、権限を有する司法官憲が発し、且つ理由となつてゐる犯罪を明示する令状によらなければ、逮捕されない。

しかし、ゴリ押しで秘密情報保護法が施行され、運営されると、逮捕状に逮捕理由がかかれていないまま。

一体なにが法律に違反するのかつまり、「犯罪」なのかわからないまま逮捕されてしまうことになり、

近代国家の原則、罪刑法定主義の具体的内容、「事後立法の禁止」「拡大解釈」の禁止というものがありますが、

正にその禁止事項を許してしまうことになるから、全然話になりません。


◆ビデオニュース・ドット・コムが無料公開されているので、ご覧になると良いでしょう。

ビデオニュース・ドットコム インターネット放送局では、本来月額525円を支払って見るのですが、

第5金曜日がある場合は無料公開されます。

今回それがYouTubeにアップされていおますから、少々長いですが、今までの特定秘密保護法案関連

放送を全部見ると10時間を超えてしまうということなので、それよりはずっとマシ。


◆秘密保護法が露わにした日本の未熟な民主主義とアメリカへの隷属【Part1】




見るとわかりますけど、情報公開を求めるNPO団体の方が、今回の特定秘密保護法案の立法目的・趣旨は何なのか

知りたいから、審議会の議事録開示を請求したら、まだ、特定秘密保護法案は勿論審議中だというのに、

情報公開法に基づいて、でしょうね。議事録の内容が全て真っ黒に塗りつぶされて提出されてます。

そういうことをされると、立法趣旨を主権者国民に知られたく無いからだろう、と当然考えます。

分からないことが多すぎる、そして通ってしまったら、その分からないことも「特定秘密」だといわれたら、

永久に分からない。というような、怪しげな法律を作ろうという安倍政権は、問題外。

衆院選・参院選で自民党に投票して、衆議院では絶対安定多数。

参議院では、公明と組めば過半数を獲らせてしまった有権者。

反省して下さい。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

2013.12.02

【音楽】サクソフォン。ポール・ブローディ(ソプラノ・サックス。ハープ伴奏)とサクソフォン5重奏「バッハ:小フーガ」

◆土曜日のSKEの古畑さんの演奏で連想しました。

前回の記事の終わりにSKE48の古畑奈和さんという人のアルト・サックスが上手くて驚いた、

と書きました。

サクソフォーンは1840年代にベルギーの楽器製作者、アドルフ・サックスが発明した楽器なので

サクソフォーンというのですが、19世紀ですからね。昔の大作曲家はサクソフォーンという楽器を知らない。

サクソフォーンの為の音楽はその後現代の作曲家まで書いてますけど正直言って、大して名曲じゃないです。

どうしても、編曲ものになります。

それなら、もう亡くなりましたが、カナダのサックス奏者、ポール・ブローディ(Paul Brodie)(1934-2007)という人が

上手いです。ソプラノサックスをハープの伴奏で吹いてます。

ナクソス・ミュージック・ライブラリーで発見したのはいいのですが、何処にもCDがない。

iTunes Storeにもない。探しに探して、やっとみつけました。


クラシック・オンラインというダウンロード販売でやっと。


今は、ベンジャミンという人の作品であることが判明したそうですが、

長い事、チマローザのオーボエ協奏曲だと信じられていた、この作品。

とにかく綺麗ですから、お聴き下さい。

ポール・ブローディ(Paul Brodie S.Sax.) エリカ・グッドマン(Erica Goodman Harp)


◆チマローザ オーボエ協奏曲 第一楽章 ラルゲット





綺麗でしょ?

第2楽章はアレグロで少し弾む感じです。


◆チマローザ オーボエ協奏曲 第二楽章 アレグロ





次がシチリアーノで何とも切ない。


◆チマローザ オーボエ協奏曲 第三楽章 シチリアーノ






これは、本当に綺麗ですね。管楽器は、管長が短いほど、音が柔らかくなりにくいし、音程も

狂いやすくなりますが、この人、完璧ですね。

もうひとつだけ。あまりにも有名なラフマニノフのヴォカリーズ。


◆ラフマニノフ:ヴォカリーズ





非常に落ちついた、良い演奏です。


◆クインテセンス・サクソフォン五重奏団:バッハ「小フーガ」をスウィングします。

iTunes Storeで、Quintessence Saxophone Quintet(クインテセンス・サクソフォン・クインテット)を

検索すれば直ぐ見つかります。

バッハのオルガン曲「小フーガ」BWV578をジャズ風にスイングしながら吹いてしまいます。


◆バッハ:小フーガ BWV578






私は、面白い、と思いました。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »