« 原発「再稼働を進める」と明記 エネルギー計画政府案が判明←馬鹿過ぎて、怒る気も失せます。 | トップページ | 「合理主義」だけでは、商売はうまくいかない。車の買い替えに際して思いました。 »

2014.02.25

【音楽】25日は不世出の名手、モーリス・アンドレの命日でした。

◆謂わば「トランペットのハイフェッツ」です。

最近は、ピアノやヴァイオリンだけでなく、世界をみても、国内をみても、

色々な楽器の演奏技術の水準が高くなっています。

要するに「上手い」ってことです。

ラッパ(金管楽器)の世界も同様です。

しかし、全体の水準が平均的に上がっていても、次元の違う「天才」は、

「天才」ってぐらいですから、滅多に現れません。


ホルンのデニス・ブレインなど、その良い例ですが、トランペットに関しては、

モーリス・アンドレが、ヴァイオリンで「100年に1人の天才」とか「神様」と言われた、

ヤシャ・ハイフェッツに相当する、紛れもない天才です(本人は「天才と言われるのを嫌がっていたそうですが。

「これは練習の成果なのだ」と。そうかもしれませんが、いくら練習しても、「天賦の才」がないと、

モーリス・アンドレほど上手くなることは、絶対にありません。)

アンドレの後継者と言われる上手い人は何人も出ています。

上手いことは上手いけど、本当にアンドレに匹敵する人はいません。

ジャズ・トランペット奏者で、クラシックも吹く、ウィントン・マルサリスは

技術的には、天才的ではありますが、あの人がクラシックを吹いている時というのは、

多分、あまり「楽しい」と思っていないのではないか、と思います。

吹いている楽曲を通して、何を表現したいのか? がよく分かりません。


また、最近の吹奏楽少年・少女。音大生。アマチュア・トランペット奏者は

「モーリス・アンドレ」というと、余りにも当たり前(ある年代以上しかご理解いただけないかと

思いますが「巨人、大鵬、卵焼き」みたいなもの、ということです)なのでしょうか。

一番上手いトランペット奏者は誰か、と訊くと、元・ウィーン・フィル首席のハンス・ガンシュ、

シカゴ交響楽団の首席トランペットを半世紀も務めた、アドルフ・ハーセスなどを挙げます。


アホか?と思います。

彼らは、「オーケストラにおけるトランペット奏者」としては確かに一流ですが、所詮

「ソリスト」ではない。ガンシュもハーセスもハイドンのトランペット協奏曲を録音してますが、

モーリス・アンドレと聴き比べれば、ソロが始まって30秒でどっちが上手いか分かりそうなもんです。

モーリス・アンドレは初めて「トランペットのソリスト」として売れて、食えた人です。

そこに歴史的な意義があります。それだけ文句が付けようの無いほど上手かったということです。

もしも、アンドレがいなかったら、多分、今でも、「トランペット協奏曲」なんて、誰も知らないと思います。


◆雅子皇太子妃殿下が(多分)お好きな、トランペット版、バッハ「管弦楽組曲第2番」より。

どうして、ここで雅子さまのお名前を出すのか。

長くなるのでそれに関しては、7年3ヶ月前に書いた、

2006.11.26 雅子妃殿下とトランペット

雅子さまの音楽のお好みなど、マスコミも大衆もそもそも分からないから取り上げられませんが、

この記事で書いた通り、私は「アッ」と思ったのを良く覚えてます。プロ・アマのトランペット吹き。

音大の学生以外で、このトランペット版「管弦楽組曲2番」に興味をお持ちになる、とう方は大変珍しいのです。

かなり、雅子さまは、音楽がお好きなのではないか、と推察できます。そうじゃないとダビングしてまで車の中で

こんなの聴きません。


その記事に載せたのと同じ、ブーレから最後のバディネリまでをお聴き頂きます。

一時期廃盤でしたが、アンドレが亡くなって復刻されました。CD-BOXの割には安いと思います。

Maurice Andre Edition: Vol. 1-Concertos

に収録されています。


◆バッハ:管弦楽組曲第2番 BWV1067 ブーレ I - II





難しくないですが、何とも言えない切なさが私は好きです。


◆バッハ:管弦楽組曲第2番 BWV1067 ポロネーズ





途中、チェロが主旋律、トランペットがオブリガートの所、普通の人なら非常に「キツい」と思います。


◆バッハ:管弦楽組曲第2番 BWV1067 メヌエット





楽譜を見ると前打音なのを2拍伸ばしてまして、どうやらこれが主流になるのですが、アンドレが録音した当時は

一般的では無かったと思います。


◆バッハ:管弦楽組曲第2番 BWV1067 バディネリ





これは、フルートでもトランペットでも流れるように吹くのは、とってもたいへんで、

冒頭が「とってもとってもたいへんだ」に聞こえます。

難しい曲なのに、あたかも我々でも直ぐに吹けるようになりそうな錯覚に陥ってしまう。

これこそ、本当の名人の演奏です。


モーリス・アンドレの名前は音楽史上、永遠に残ることでしょう。

【読者の皆様にお願い】
是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« 原発「再稼働を進める」と明記 エネルギー計画政府案が判明←馬鹿過ぎて、怒る気も失せます。 | トップページ | 「合理主義」だけでは、商売はうまくいかない。車の買い替えに際して思いました。 »

クラシック」カテゴリの記事

クラシック音楽」カテゴリの記事

トランペット」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

JIRO様の9日付のご意見、正に仰せの通りです。私の細かいコメントは控えますが、一部資本(政府)に操られている我が国のマス・メディアの現状と言ったら誠に酷い有様です。その中でも、ある意味一番始末が悪いのがNHKでありましょう。私はこの局を、日本偏向放送協会....こう呼んで居ります。私達一人一人が、メディア・リテラシーを高めていく。その事が大切な時代になったのだと強く思う昨今であります。
            by tubuqoomaro

投稿: tubuqoomaro | 2014.04.10 09:50

JIRO様からのコメント、深く感謝して居ります。さて、22日付さらに23日付両日のご意見、正に仰る通りと思い、その無念さ、悔しさは如何ばかりかと感じ入って居ります。財務省のレトリックに騙され、更なる財政出動の必要性が全く理解できずに挙句の果ての逆噴射(増税)を図る安倍首相。国民主権という大前提がわからない安倍首相。悪辣な米国の意図を知ってか知らずか国益無視の対米隷属に邁進する売国奴安倍首相。本当に酷い有様であります。私達一人一人が、偏向報道に惑わされず自身の周りのあらゆる事象に対し深く考察する姿勢、行動が大事になってくると思って居りますし、それが国民の義務ではないでしょうか。私もJIRO様同様憤慨しているのです。
           乱文にて失礼いたします。tubuqoomaro

投稿: tubuqoomaro | 2014.03.24 10:24

tubuqoomaroさま、

こんばんは。再びコメントをありがとうございます。

>モーツァルトの三十九番はこれ以上の演奏は存在しないのではと思う位感動的な演奏記録です。

 おー、それはすごいですね。ウィーン・フィルって「大した事ない」指揮者はそもそも呼びませんが、
 
 呼んでも「思ったほど、大したことない」と思われたら最後、すぐわかってしまいますが、
 
 サヴァリッシュ先生の音楽的要求はそれほど、普遍的に納得が行くものなのでしょう。
 
 特にモーツァルトを演奏する場合は、他の指揮者もオーケストラも同様かとおもいますが、
 
 指揮者は、音楽的要求が厳密になり、プレイヤーは神経を使うようですね。
 
 ずっと前にN響で、モーツァルトの39番をサヴァリッシュ先生が振ったときに、
 
 かの有名な第3楽章のメヌエットが始まったら、いきなり、想定していたよりも大きな音で
 
 弾き始めたようで、サヴァリッシュ氏が露骨に「抑えろ、抑えろ」というジェスチャーをしましたが。
 
 私が聴く分には、普通の演奏にくらべて、それほど極端な違いはなかったように思えました。
 
 やはり「厳密さの精度」というか「次元」が違うのだ、とおもいました。
 
 このコンビでのブルックナーの9番は聴いたことがありませんでした。
 
 大変、貴重はお話を、ありがとうございました。
 
 今後とも、お気が向きましたら、駄文をご高覧いただきたく、
 
 お願い申し上げます。
 
 JIRO拝

投稿: JIRO | 2014.03.13 02:03

JIRO様、私の単なる感想に、早速コメント下さり、お心遣いに感謝いたしております。モーツァルトの三十九番はこれ以上の演奏は存在しないのではと思う位感動的な演奏記録です。あの我儘なウィーン・フィルの団員が必死になってサヴァリッシュ先生の要求に応えようと演奏している様がダイレクトに感じ取られ最高です(思い知ったか!ってな具合です)。カップリングのブルックナーの九番も同様に名演です。1983年のザルツブルク祝祭大劇場 でのライブ録音です。

投稿: tubuqoomaro | 2014.03.11 10:19

tubuqoomaroさま、

こちらこそご無沙汰しております。


>サヴァリッシュ氏がウィーン・フィルを見事にコントロールした素晴しいモーツァルトの三十九番を繰り返し聴いておりました。

サヴァリッシュさん、結構ウィーン・フィル、ベルリン・フィルを振っていたことが

最近分かり、何となくホッとしております。カラヤンが生きている間は、

確か一度もベルリン・フィルは振ったことがないとおもいますが、

サヴァリッシュ先生の実力なら、当然、ベルリン、ウィーン、両方振っていて当たり前なので

来日が多い分、本場での貴重なキャリアを犠牲にしておられたのではないか、と思っていました。

さてジャズのハリー・ジェームズのあの輝く音はクラシック聴きでもファンが多いですね。

モーリス・アンドレはNHKホールでハイドンを聴いたことがあります。

Es管で吹くのですが、いくら大きな音が出るトランペットとはいえ、

あの広いNHKホールの空気が小さいEs管トランペットの音でビリビリと振動していることがわかる

圧倒的な、トーンの美しさでした。本人はそういわれるのを非常に嫌がっていたそうですが、

やはり天才ですね。

投稿: JIRO | 2014.03.09 04:29

ご無沙汰しております。未だ寒い日が続いておりますがいかがお過ごしでいらっしゃいまでしょうか。私もここの所、サヴァリッシュ氏がウィーン・フィルを見事にコントロールした素晴しいモーツァルトの三十九番を繰り返し聴いておりました。モーリス・アンドレいいですね。独特の節回しが好きです。ジャンルは異なりますが、ビッグバンドのリーダーでプレーヤーでもあったハリー・ジェームスの音色、フレージングも私は堪らなく好きです。

投稿: tubuqoomaro | 2014.02.26 09:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 原発「再稼働を進める」と明記 エネルギー計画政府案が判明←馬鹿過ぎて、怒る気も失せます。 | トップページ | 「合理主義」だけでは、商売はうまくいかない。車の買い替えに際して思いました。 »