« 日記更新サボりの言い訳と、新車購入にまつわる私事。 | トップページ | 「石の上にも三十年」入社して、30年になります。 »

2014.03.30

「(消費増税8%へ)5%、別れの週末 買いだめに殺到、店は反動を心配」←生活必需品を買いだめするな。

◆記事:(消費増税8%へ)5%、別れの週末 買いだめに殺到、店は反動を心配(朝日新聞)

8%への消費増税前最後の週末となった29日、量販店やホームセンターには買い物客が殺到した。

「買いだめ」需要の急増で、店への追加商品の配達や宅配にも遅れが発生。物流にも影響が出ている。

東京都江戸川区のドラッグストア「ツルハドラッグ」。

29日午前から、レジにはトイレットペーパーや洗剤など日用品を買い物かごに詰めた客の列ができた。


◆コメント:少々高くなるからといっても、自分さえよければいいのか。

朝日新聞のこの記事の後には、トイレットペーパーを大量に買いだめする80代の夫婦の話が出て来ます。

今でされ生活が経済的に苦しいのに、余計苦しくなるから、今のうちに買いだめしておくのだ、といいます。

一軒尤もらしい理屈ですが、こういう人たちは自分の事しか、考えていません。買いだめするべきではありません。


百歩譲って、嗜好品はまだ、良いのです。

たとえば、私は下戸ですから、酒は買いませんが、コーラとかペットボトルのお茶とかコーヒーなどは

何しろ、店で買うと物理的に重いですから、クルマで運びたいところですが、

私の家の近くには、駐車場を持つスーパが無い。だからネットで注文するのですが、

私は増税前に買い占めも買いだめもしません。どうせ口にいれるもの、

余生分全てを買いだめできないのですから。

ところが、普段は大して飲まないくせに、増税前買いだめが多いようで、

このところなかなか購入できなくて(品切れなので)、困っています。

それでも、タカがお茶やら、ジュースなんてのは、数日我慢すれば、あるいは、

コンビニで1本ずつ買えばなんとかなります。要するに無くてもなんとかなります。


しかし、トイレットペーパーなどの日用品は、みんなが文字通り「日常的に」「用いる」ものです。

こういうものはいくら、増税後よりは今の方が安いからといって、スーパーの棚からなくなるまで

買いだめするべきではない。世の中には3%の増税幅など気にしていない人もいます。

ふと気がついたら、自宅にトイレットペーパーの在庫が、わずかしか、ない。

今のうちに買っておくか、と、思って今日あたり、スーパーに行っても品物がありません。

買い占める人は、本当に必要な量の何倍も買ってしまうので、本当に可及的速やかに必要な人が

困る状況を考えようとしません。自分の事しか考えない大人ばかりだから、子供が真似をする。

今日、私の家の最寄りのスーパ-。順番を待つ辛抱ができれば、3台分だけ駐車場がある。

老夫婦が7ナンバーのベンツでやってきて、トイレットペーパーやら何やら、すごい量の買いだめをしてます。

殆どマンガです。

他人のこともかんがえて、生活必需品の買いだめは、するべきではありません。

考えればわかりそうなものですが、考えようとしない。

くどいけれども自分さえ良ければいい、という人ばかりなので、世の中がカリカリしてくるのです。

【読者の皆様にお願い】
是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« 日記更新サボりの言い訳と、新車購入にまつわる私事。 | トップページ | 「石の上にも三十年」入社して、30年になります。 »

エッセイ」カテゴリの記事

安倍政権批判」カテゴリの記事

安倍晋三自民党総裁批判」カテゴリの記事

消費税」カテゴリの記事