« 「集団自衛権の行使容認を提言」 集団的自衛権について。209回目の説明。 | トップページ | 「集団的自衛権行使「改憲経るべきだ」 創価学会が見解」←新しい解釈ではない。1983年の内閣法制局の見解です。 »

2014.05.16

一億総「オストリッチ・コンプレックス」ですか。考えなければ問題は存在しないのですか。

◆勿論、「集団的自衛権」の問題の続きです。

私の務め先の会社は、口幅ったいようですが、世間的には「大企業」であり、

そこに採用されたのは、私は違いますけど「一流大学」を卒業した「秀才」が多い。

本来、世の中の問題を考える能力のある、この世代の人間が何も思想を発しない。

見てて、イライラして発狂しそうです。

かつてTwitterでみて、何ら悪意はないのですが、今でも腹が立ってしかたがないのは、

どこの誰かしりませんが、

あまり、難しいことを考えず、バカになって暮らせば、毎日幸せ。

そのとおりなのですよ。人間考えるほど、特に世の中、どうあるべきか、

人間(自分は)どう生きるべきかというようなことを考えるほど面倒くさいことはない。

しかし、だからと言って今の大多数の大人、面倒臭い事を考える義務を放棄し過ぎです。

そういうことだから、子供はもっとバカになる。どんどんレベルが下がる。

衆愚政治になるわけですね。


言うまでも無いことですが。
自分ひとりが天下国家を論じても何も変わらない。

という根性だから、政治家がやりたい放題やるのではないですか。

国会議員に当選した途端、国会に出ないで、我々の税金で支払われる歳費(給料)で、

愛人と世界旅行してるやつもいるんですよ?

なんだか世の中の大人、小市民過ぎる。自分さえよければ良いのですか。

間違っていることは、大人が間違っていると言って見せなきゃだめですよ。

自分の仕事さえ、真面目に毎日こなしていれば、世の中どうなっても大丈夫。

という全然根拠の無い思考。考えなければ問題が存在しない、と言わんばかり。

ダチョウは危険が迫ると、とりあえず、頭だけ岩陰にツッコンで周囲の状況が見えないようにする。

そんなことをしても数秒後には敵に襲われて激痛の中で死ぬことになるのに。

このようなダチョウの習性から、「考えなければ問題は存在しない」と考えたがる人間の心理を

オストリッチ・コンプレックスというのは知られてます。

日本人の大多数がこれです。集団的自衛権を合憲としようとしているのに、

よくも、ヘラヘラ笑って毎日を暮らせますね?

あなたの脳味噌はダチョウ並ですか。

【読者の皆様にお願い】
是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« 「集団自衛権の行使容認を提言」 集団的自衛権について。209回目の説明。 | トップページ | 「集団的自衛権行使「改憲経るべきだ」 創価学会が見解」←新しい解釈ではない。1983年の内閣法制局の見解です。 »

集団的自衛権」カテゴリの記事