« 【解釈改憲】武力行使の為の「新・3要件」のデタラメ。 | トップページ | 【書評】憲法主義:条文には書かれていない本質--本当は皆これぐらい知っていないといけない。 »

2014.07.20

「科学五輪、日本の高校生がメダルラッシュ」←数学、生物学、情報、物理が終わりました。

◆記事1:数学と生物学で金5個=国際五輪で日本代表高校生(時事通信 2014/07/13-03:08)

文部科学省は12日、南アフリカで開かれた国際数学オリンピックとインドネシアで開かれた

国際生物学オリンピックの日本代表高校生らの成績を発表した。

数学の6人は金4、銀1、銅1のメダルを獲得。

生物学の4人は金1、銀3のメダルを得た。

メダルは成績上位者の一定割合ごとに配分され、数学の金は参加者560人の上位12分の1、

生物学の金は同239人の上位1割の者に授与された。

日本代表の成績は次の通り。

【数学】

金=早稲田高(東京)3年上苙隆宏さん(17)、筑波大付属駒場高(東京)3年隈部壮さん(17)、洛星高(京都)3年早川知志さん(18)、東海高(愛知)3年山本悠時さん(17)

▽銀=筑波大付属駒場高3年大場亮俊さん(18)

▽銅=開成高(東京)1年井上卓哉さん(16)



【生物学】

金=静岡県立浜松北高3年那須田桂さん(17)

▽銀=筑波大付属駒場高3年石田秀さん(17)、同2年今野直輝さん(16)、広島学院高3年蔵田展洋さん(18)。


◆記事2:開成中3年が金メダル=国際情報五輪、銀2銅1も(時事通信 2014/07/19-23:09)

文部科学省は19日、台湾で開かれた国際情報オリンピックに日本代表4人が参加し、

開成中学校(東京)3年の高谷悠太さん(15)が金メダルを獲得したと発表した。

開成高校1年伊佐碩恭さん(16)と灘高校(兵庫)3年小倉拳さん(18)が銀、

大阪府立茨木高校3年佐藤竜馬さん(17)が銅を獲得した。


◆記事3:物理五輪で4人が銀、1人が銅 日本代表の高校生(共同通信 2014/07/20 20:00)

文部科学省は20日、カザフスタンで開かれた国際物理オリンピックで、

日本の高校生4人が銀メダル、1人が銅メダルを獲得したと発表した。

銀メダルは、大阪星光学院高3年の親川晃一さん(18)、開成高(東京)3年の杉浦康仁さん(17)、県立岐阜北高3年の林達也さん(17)、県立宮崎西高3年の丸山義輝さん(17)。

銅メダルは、灘高(兵庫)2年の浜田一樹さん(16)。

参加した5人全員がメダルを獲得した。

国際物理オリンピックは1967年にポーランドで第1回大会が開かれ、今回は45回目。


◆コメント:毎年同じ事をいいますが、「良いことを小さく取り上げる」のはよくありません。

大変、おこがましいのですが、時事問題全般を扱っている一般人で、毎年、世界の高校生が参加する

国際科学五輪をブログで取り上げるのは、日本で私ぐらいではないか、と思います。


採点方法などを読みますと、スポーツの五輪のメダルとは授与基準が違いますが、日本人の高校生(中学生もいます)

は毎年、数学、生物学、情報、物理、化学、地理学、地学の科学五輪で、必ずメダルを獲得しますが、

殆どの日本人は知りません。紙の新聞ですと、社会面のベタ記事なのです。


これも毎年、書きます。世の中悪いことばかりが起きているように思えますが、

それは、ひとつには、

悪いニュースばかりを小さく取り上げ、良い(めでたい)ニュースを小さく取り上げるから、

だろうとおもいます。レッテル貼りの一種です。印象の問題です。探せば良いニュースも沢山あるはずです。

国際科学五輪は毎年、7月から9月にかけて開催され、教科ごとに開催地も日程も異なります。

今年の開催地とスケジュールは、
数学 南アフリカ 7月3日~13日

生物学 インドネシア 7月6日~13日

情報 台湾 7月13日~20日

物理学  カザフスタン 7月13日~21日

化学  ベトナム 7月20日~29日

地理  ポーラン 8月12日~18日

地学  スペイン 9月22日~28日

という次第。



物理学までで一区切りで、化学がおわるのが29日ですので、

一旦弊日記でも取り上げます。

スポーツの五輪より人々の関心が無いことなど分かりきっていますが、

大衆は安易にながれるのだから、本来ジャーナリズムは、それに迎合してはダメなのであって、

特に昨今、日本の学生の基礎学力が下がっているというなか、

毎年、大体同じ、優秀な子供が行く学校の生徒ではありますが、

兎にも角にも、絶対にメダルを獲る子がいると、それ以前に毎年参加するこどもがいる、

ということをベタ記事でしかとりあげないのは、間違っていると思います。

しかし、メディアが小さくしかとりあげないのは、我々にも責任があるのであって、

最近の子供はバカでこまる、とかいいながら「勉強五輪」でメダルを獲った子供を世の中が賞賛しようという

文化が醸成されていない。つまりおとなの無教育・無教養にも問題があるということでしょう。

とにもかくにも、メダルを獲得した学生諸君。

おめでとうございます。

【読者の皆様にお願い】
是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« 【解釈改憲】武力行使の為の「新・3要件」のデタラメ。 | トップページ | 【書評】憲法主義:条文には書かれていない本質--本当は皆これぐらい知っていないといけない。 »

ニュース」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

オリンピック」カテゴリの記事

日本人の褒め下手」カテゴリの記事