« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014.10.31

「日銀が追加緩和決定、国債買い入れ年間30兆円拡大」←意味がありません。

◆記事:日銀が追加緩和決定、国債買い入れ年間30兆円拡大(ブルームバーグ)(10月31日(金)14時23分配信)

日本銀行は31日の金融政策決定会合で、追加緩和に踏み切ることを5対4で決めた。

長期国債の買い入れを「保有残高が年間約80兆円に相当するペース」に増やすほか、

指数連動型上場投資信託(ETF)と不動産投資信託(J-REIT)の買い入れも

「それぞれ年間約3兆円、年間約900億円に相当するペース」に拡大する。

マネタリーベース目標額は「年間約80兆円に相当するペースで増加するよう金融市場調節を行う」として、

従来の「年間約60兆-70兆円」から引き上げた。今会合まで長期国債は「保有残高が年間約50兆円に相当するペース」で、

ETFとJ-REITはそれぞれ年間約1兆円、同約300億円に相当するペースで買い入れを行っていた。

この決定に対し、木内登英審議委員、佐藤健裕審議委員、森本宜久審議委員、石田浩二審議委員が反対票を投じた。

エコノミスト32人に対するブルームバーグ・ニュースの事前調査では、3人が追加緩和を予想、29人が現状維持を見込んでいた。

日銀はまた、長期国債買い入れの平均残存年限を7-10年程度とし、最大3年程度延長する。

さらにETFの買い入れ対象に新たにJPX日経400連動型ETFを加える。

黒田東彦総裁は28日の参院財政金融委員会で、日本経済は2%の物価目標の達成に向け順調に道筋をたどっていると言明。

展望リポートも同様の内容になるとみられていたが、世界経済の減速懸念を背景とした原油価格急落から、

2%の早期実現に黄信号が灯っており、日銀の強気な姿勢に対する不信感が高まりつつあった。


◆コメント:総需要(特に個人消費)が増えていないのに、物価と税金を上げ(ようとし)ても、意味がありません。

アベノミクスという言葉をメディアが連発するので、なにやら新しいことのように見えますが、

安倍政権の経済政策、金融政策の発想がそもそも間違っています。


黒田日銀総裁は日本銀行の独立性なんかどうでも良いのでしょうか。

安倍政権当初からの「デフレからの脱却」「具体的な目標として、年間2%の物価上昇率」を掲げていて、

その実現の為に、前白川総裁を任期が来る前に辞めさせて黒田総裁にしました。

しかし、安倍政権の経済政策の発想は根本的に誤っています。物価上昇はあくまでも景気が好転し

国民の所得が増える、そしておカネを使うようになる(個人消費が増える)、その結果需要と供給の原理で

モノやサービスの方が足りなくなる、その結果として、物価が上がる。

これを「ディマンド(需要)・プル・インフレーション」といい、これが健全な経済のプラス局面への道筋です。


アベノミクスとやらのバカなところは、「とにかく物価が下がり続けるデフレをインフレに転換させること」自体を目標にしていることです。

黒田総裁になってから「異次元の金融緩和」とかなんとか言っていますが、要するに金融市場から国債とか記事に書いてあるような

投資信託という金融商品を買い入れる。買えばおカネを支払うのですから、日銀が金融市場に供給されます。


このような日銀の金融政策だけで、無理矢理名目上の「物価」を上げても意味がありません。これは単なる「ゲーム」、「ごっこ」です。


金融政策で資金を市場に供給すると経済全体の財・サービスの価値は通貨の流通量に一致するから、名目上は

物価が上がるのです。

◆ものすごく単純化して説明します。

これは非常に古典的な経済学説が大元で貨幣数量説というのです。

物価は貨幣の総量と一致していると。

これ以上単純化出来ない状況を想定します。

無人島にみたいな島にあなただけがいます。アンパンが一個。おカネは10円玉一個だけです。

その経済社会の全ての財産(アンパン)の価値は貨幣流通量(10円)に一致するのですからアンパン=10円です。


ところがもう一つ、10円玉が見つかったとします。

一挙に貨幣流通量(通貨供給量)が倍になりました。

その島の全ての商品アンパン一個の値段は20円。倍ですから瞬間的にインフレ率100%。

ホントは流通速度というのも考慮するのですが、まあいい。


日銀が金融緩和で通貨を市場に供給すればデフレから年率2%の物価上昇率を実現出来る、

と(絶対、そうだ、とは言いませんが、安倍首相の意向を受けて)考えているから、今日の決定がなされました。

その根底には、今書いたような、物価は通貨の流通量で決まるのだというコケの生えたような昔からの考え方に立脚しています。

しかし、実際には無駄なのです。


◆どうして無駄と分かるか。資金供給量(マネタリーベース)日銀当座残高に注目することです。

日本の世の中に流通しているおカネの総量はどれぐらいか。以前はマネーサプライといいました。

今は、「マネタリーベース」といい毎月の始めに発表されます。日経記事だと「資金供給量」と言います。

10月2日の日本経済新聞の記事です。

◆記事:9月末の資金供給量、252兆5845億円 2カ月連続で過去最高更新 (日経電子版)(2014/10/2 9:56)

日銀が2日に発表した9月のマネタリーベース(資金供給量、月末残高)は252兆5845億円と、8月末(243兆4929億円)を上回り、

2カ月連続で過去最高を更新した。増加率は3.7%と8月(0.1%)に比べて拡大した。

9月は国債の大量償還があり、日銀の当座預金残高が膨らんだ

日銀が大量の国債を買い入れて資金を供給する量的・質的金融緩和を続けているほか、

四半期ごとの貸出増加を支援するための資金供給があったことで当座預金に資金が積み上がった。

マネタリーベースは市中に出回るお金(紙幣、硬貨)と金融機関が日銀に預ける当座預金の合計。

日銀は量的・質的金融緩和により、2014年末にマネタリーベースが270兆円になる見通しを示している。

(注:色太文字は、引用者による)

資金供給量という統計は、記事に説明があるとおり、金融機関が日銀に預ける当座預金(日銀当座預金残高)を含むのです。

その日銀当座残高は、過去最高の額に達しています。日経のみならず、このことは毎回、記事の中で触れていますが、その意味を

書かないのです。


市中銀行(3メガ銀行、地方銀行など)の取引先である一般企業が、「これから、景気が良くなるだろう」と

感じるならば、銀行から融資を受けて新しく工場を建てたり、モノの生産に必要な機械の数を増やす、などの

「設備投資」が増えるのです。そのような融資案件が多ければ、銀行は手許のおカネがそれほど残りませんから、

日銀当座残高が「過去最高を更新」するはずがない。それは誰も市中銀行から大口融資を受けていないことを

端的に物語っています。ですから、そのような「資金需要」がないところに、どれほど、

「追加的金融緩和策」で市場に資金を注入したところで、国民(個人)が景気が良くなった と感じることはありません。


◆金融政策決定会合で「賛成5、反対4」など初めてかどうか分かりませんが、極めて異例です。

日銀の金融政策決定会合は毎月開かれますが、大抵「全員一致で決定」するのです。

今回はなんと追加的な金融緩和措置にたいして、会議のメンバー9人中、4人も反対していた。

という事実がもっと注目されるべきなのです。そもそも、先進国の中央銀行で、日銀ほど独立性が

ない中央銀行は他にはない。政治に屈する日銀はだらしないのですが、平気で金融政策に介入してくる

安倍首相をはじめとする国会議員は、本来してはいけないことを毎回しています。

あってはいけないことです。


◆総需要を創出する為に、減税するべきです。

これは、奇を衒っているのではなく、私は以前から何度も書いています。

個人消費はGDPの約6割を占めるのですが、給料が増えていないのに、金融政策によって物価を無理矢理押し上げ

しかもまた消費税率を現在の8%から10%へ引き上げたら、個人消費が増える訳が無いのです。


前述したとおり、正しい物価の上がり方、というのは、ディマンド・プル・インフレーションです。

人々の懐具合が暖まる。つまり、可処分所得(実際に使えるお金)が増えれば、モノやサービスが売れる。

売れすぎて、供給よりも需要が多くなり、その結果物価があがる。

すると企業は銀行から融資を受けて設備投資を行い生産を増やします。

モノやサービスが売れて企業の儲けが伸びれば、政治家が経団連に「賃上げ要請」などしなくても、

自然に給料が増え、つまり家計所得が増え、その結果さらに個人消費が増えるという好循環が始まります。

現状では、いきなり給料が、大手から零細企業まで増えるということはありえないので、

家計の可処分所得を増やす為には、消費税を、せめてもとの5%にもどして、さらに所得税を減税するべきです。

IMFや格付け機関がなんといおうと、財政健全化がおくれようが、実体経済が好転しないと意味がない。

安倍内閣の経済政策は、実体ではなくて、まず「デフレからの脱却、物価の上昇ありき」を目指すから

根本的に間違っている、と私は毎回、言うのです。

【読者の皆様にお願い】
是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

2014.10.23

「SMバー」に交際費支出=小渕氏後任の宮沢経産相←安倍内閣は総辞職すべきです。

◆記事1:「SMバー」に交際費支出=小渕氏後任の宮沢経産相(時事通信 10月23日(木)12時8分配信)

宮沢洋一経済産業相の資金管理団体「宮沢会」が2010年9月、広島市の「SMバー」に、

交際費名目で政治活動費を支出していたことが23日、同会の政治資金収支報告書で分かった。

宮沢氏は、前任の小渕優子氏が政治活動費の不明朗会計問題で辞任したことを受け、21日に就任したばかり。

宮沢経産相の事務所は「事実関係を調査中だが、本人が行っていないことは当時の記録で確認した」としている。


◆記事2:東電株600株保有=宮沢経産相(時事通信 10月23日(木)20時40分配信)

宮沢洋一経済産業相は23日、時事通信などのインタビューに応じ、東京電力株600株を保有していることを明らかにした。

経産相は信託する考えを示した上で「(保有によって)判断が変わることは一切ない」と強調した。

野党側は電力会社を所管する経産相が特定の電力株を持つのは不適切と批判している。

宮沢氏の事務所によると、2010年の資産等報告書に東電株588株を保有と記載。その後に12株買い増した。


◆コメント:政治資金管理不適切な国会議員を2人続けて経産相にした安倍首相の責任。

こういう時こそ、「任命責任」という言葉を使うのです。

小渕優子前・経産相が辞任した理由は、政治資金使途の管理不行き届きだったからです。

その後任をその日のうちに埋めなければ・・・。と安倍晋三氏は大慌てだったのでしょうが、

よりによって、政治資金を遊びに使っていた。正確には遊びに使ったカネを政治活動費の科目に計上していた。

その店がSMバーだ、とか本人は行っていない、は関係無いが、そのことに目を奪われているバカな人が多すぎる。

いわば部下が政治資金を不正に計上してたんですから、親分たる宮沢洋一議員の政治資金管理能力の問題です。


政治資金で辞めた小渕の後に、また、いい加減なのを連れてきた。

それが、安倍の任命責任です。ドジにもほどがある。国政の最高責任者ですよ?


その上、東電株を持っていると。東京電力の監督官庁は経産省なんですから、その長が管理下の

企業の株式を持っていたら、やろうと思えば「超インサイダー取引」(←犯罪です)が可能なですよ。

本人が売買しない、といくらいったって、そういうことじゃない。可能性があってはいけないのです。


◆普段は、アンチ安倍の声が喧しいのに今日は黙っている。センスがなさすぎます。

センスとは政治的センス。有権者としてのセンスです。

元来、安倍は、政治家になった瞬間から憲法を変えるといってるし、当然戦争したい、と。

あるいは、原発は存続させて再稼働する、と2013年の参議院選挙で唯一公約に掲げていたのが、

安倍晋三氏率いる自民党です。


それを大勝させておいて、その前の年に衆議院でも安定多数ですから、もはや独裁国家。

どんな法案でも通るようにしてしまって、いざ現実化したら、

原発反対デモを国会議事堂前で実行したり、

インターネットで「集団的自衛権行使容認反対!」と叫ぶ。アホか、と言いたいです。


選挙のときに考えないからこういうことになる。


しかし、今、月例経済報告が2ヶ月連続で下方修正。その他諸経済指標を見て、海外の経済専門メディアも
「アベノミクス」とかなんとか言っていたの、失敗じゃないの?

という論調が、多くなっています。

こういう時こそ、安倍内閣不支持。不支持どころか、経産相に2人続けて政治資金管理不備の人物を

任命した安倍晋三氏の「任命責任」を激しく追及し、内閣総辞職を要求するべきです。

国務大臣というのは、認証官です。憲法7条に書かれている天皇の国事行為の1つに
国務大臣及び法律の定めるその他の官吏の任免並びに全権委任状及び大使及び公使の信任状を認証すること。

とあります。宮沢洋一氏は21日に参内して陛下に認証して頂いたばかりです。

これで責任取って辞職したら、またすぐに次の大臣を選び、天皇陛下の認証を必要とします。

今の陛下は何もおっしゃらないでしょうが、下々で、上司ならば「なにやってんだあ!」というところです。

憲法改正も、集団的自衛権行使容認も、原発再稼働も一挙にぶっ潰す、千載一遇のチャンスが来た、

ということに野党も国民も目覚めて下さい。

それとも、こんな大事なときに「平然と何も起きていないように振る舞うのが大人」ですか?

違うでしょう。オストリッチ・コンプレックスでしょう。面倒から逃げているだけでしょう。

騒ぐべきときに騒がないから、どんどん、日本は変な方向に向かうのです。

【読者の皆様にお願い】
是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

2014.10.12

日々雑感。

◆今年はあまりにも日記の更新をサボりがちなので、徒然なるままに。

台風19号により、既に九州は大雨で、避難勧告が次々に発せられ、この瞬間、

実は、これを書いているのは10月13日(月)夜中の0時10分ですが、NHKによると宮崎県内で停電している

場所がある、とのことで、お見舞い申し上げます。


主に時事問題の日記を書いていると、何も書かないよりは色々なことが記憶に残ります。

はっきり記憶しているのは、昨年は10月9日に新潟県の糸魚川で、

「観測史上、最も遅い猛暑日(最高気温が35度以上)を観測」し、

更にその二日後、2013年10月11日には、東京で猛暑日ではないけれども、最高気温30.2度の真夏日、

翌日10月12日には、31.3度を記録したのでした。


◆国の「運勢」(というか「運気」というか)。

占いの世界では、個人では「今は運気が停滞しているから」などといいますが、

国家全体としても運気の上がっているときと下がり気味の時があるように思います。

言っても詮無いことながら、日本の運気は地震(東日本大震災)の後、特に良くないように思うのです。


50年前(1964年。昭和39年)の10月10日が東京オリンピックの開会式でした。

その直前に東海道新幹線が営業運転を開始し、最初から時速200㎞を超えて人々を興奮させました。

また、五輪の開会式の前日まで東京は雨だったのですが、翌10日、オリンピック開会式の時間には、

世界中の青空を全部東京に持ってきてしまったような、見事な秋日和でございます(NHKテレビ五輪開会式実況担当、北出清五郎アナウンサー)

この音声をなかなか聞けないのです。市川崑監督の東京オリンピック記録映画に使用されているNHK実況は、

ラジオの鈴木文彌(すずきぶんや)アナウンサーの声です。


それはさておき、「国家としての運気」が上向きのときというのは、このように

なんでもツイています。


一方、今は、明らかについていない。

オリンピック開会式ほどの重大事ではありませんが、一昨年、2012年そう思いました。

東京スカイツリーが営業を開始したのが、2012年5月22日ですが、気象庁の過去データで確認しましたが、
雨、雷を伴う

なのです。その前日は曇り。翌日23日は曇り時々晴れとなってますが、スカイツリー周辺は青空でした。

よりによって、営業開始の日だけ大雨。展望台に上ってもなにも見えなかったはず。


更にこの年、7月5日に、上野動物園のパンダが子供を産んだのですが、その子供のパンダは、

僅か6日後7月11日に死にました。


妊娠の兆候があるころから結構騒がれていたように思います。

最初からパンダが妊娠も出産もしなければ、ニュートラルです。

しかし、一旦赤ん坊が生まれたのに、ヌカ喜びで、6日後には死ぬと。

あの時、浅草あたりで、「パンダ赤ん坊誕生記念饅頭」かなんか結構つくっていたのに。


何もないならまだしも、一旦喜ばせておいて、がっかりさせる。胴上げしておいて地面に落とす。

神様がいるとすれば、今の日本は明らかに、神様に意地悪をされている、と思います。

だから、日本はつくづく運気が停滞しているな、と思うのですが、今年になって、自然災害が相次いでいます。

但し、これは日本だけではなく、全世界的に起きていることです。


だからどうした、というような、落ちこむような話になってしまいましたが、

運気が低迷しているときには、待つしかない、とおもいます。どうあがいても特に相手が

気象現象の場合はどうしようもない。書き忘れたけれども、ずっと噴火していなかった御嶽山が突然

噴火して大勢の人が亡くなるなどというのも、国としての運気の悪さを象徴しています。

嫌なことを重ねて書く悪意はないのですが、自分は例外だ、と考えるのは、

間違っていて、あの御嶽山の噴火で亡くなった方々も、噴火の30秒前は平然としていたのです。

ジタバタしても仕方が無い。この「仕方が無い」という考え方が出来るのは日本人だけです。

運が良ければもうしばらく生きられる。悪ければ、明日の今頃は、死んでいるかもしれない。

本当のことだから、そういう時期に生まれてしまった宿命を受け入れるしか、ありません。

【読者の皆様にお願い】
是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

2014.10.08

「国際地学五輪、金3銅1=日本の高校生4人参加―文科省」「赤崎、天野、中村氏にノーベル物理学賞」日本人の褒め下手。

◆記事1:国際地学五輪、金3銅1=日本の高校生4人参加―文科省(時事通信 9月29日(月)19時42分配信)

文部科学省は29日、スペインで開かれた国際地学オリンピックに日本代表の高校3年生4人が参加し、

3人が金、1人が銅のメダルを受賞したと発表した。

金は灘高(兵庫)の宇野慎介さん(18)と巣鴨高(東京)の西山学さん(17)、筑波大付属駒場高(東京)の野村建斗さん(17)で、

銅は灘高の杉昌樹さん(17)。

野村さんは2012年と13年の国際数学五輪で銀メダルを受賞しており、

3年連続の快挙となった。


◆記事2:赤崎、天野、中村氏にノーベル賞=青色LED開発―物理学、日本人6年ぶり(時事通信 10月7日(火)18時52分配信)

スウェーデン王立科学アカデミーは7日、2014年のノーベル物理学賞を、実用的な青色発光ダイオード(LED)を開発した

赤崎勇名城大教授(85)と天野浩名古屋大教授(54)、中村修二米カリフォルニア大サンタバーバラ校教授(60)に授与すると発表した。

青色の登場でLEDは赤、緑とともに光の三原色がそろい用途が拡大。

消費電力が少なく、耐久性が高い特長が注目され、白熱電球や蛍光灯に代わる白色照明のほか、携帯電話などのディスプレー、

交通信号などに広く利用されている。


◆コメント:国際科学五輪は、毎年、「地学」が最後にきます。ノーベル賞で大騒ぎするなら、若い人を褒めろ。

青色LEDの開発をノーベル財団が「革新的」と絶讃していました。

赤崎先生、天野先生、中村先生の受賞は、もちろん無条件に喜びです。国の誉れです。

大切にしなければなりません。

しかし、他方、私は何度も、このブログで書きましたが、

メディアも世論も、ノーベル賞だけ騒いで、将来、ノーベル賞受賞者になるかもしれない日本の優秀な高校生が、

毎年開催されている、国際科学五輪の数学、物理学、生物学、化学、地学でメダルを獲得しているのに、

全然褒めない。だから、日本人の褒め下手というのです。

ノーベル賞受賞者の先生方は、皆さん「すきなことを続けてきただけだ」とおっしゃるけれど、

世間が評価すればもっとやる気が出る(出た)ことでしょう。

若者の学力の低下が懸念されるなかで、毎年、国際科学五輪の日本人メダル獲得を大きく書くのは、

大手メディアではなくて、私だ、というのが問題です。マスコミこそが大きく取り上げて、

若い、優秀な人材がもっとやる気が出るようにするべきではないでしょうか。

因みに今年の他の種目(科目)は既に終わっていて、例年どおり、私は書きました。

2014.07.20 科学五輪、日本の高校生がメダルラッシュ」←数学、生物学、情報、物理が終わりました。

2014.08.02 「国際化学五輪で高3が金=日本代表、銀2銅1も」←「科学五輪」続報です。

ノーベル賞とて、数日で忘れられ、次はアルフレッド・ノーベルの命日、

12月10日にストックホルムで行われる授賞式のときに取り上げるぐらいでしょう。


山本五十六の言葉とされる
やってみせ、言ってきかせて、させてみせ、褒めてやらねば、人は動かじ。

は、ネットのあちこちで、引用している人をみかけますが、自分はちっとも実行しない。

一事が万事。だから、多分、日本で私だけではないか、と思いますが、

私はブログの記事分類カテゴリーで、独自設定の「日本人の褒め下手」を設けています。

人の仕事を尊敬すること。人を褒めることを、日本人は意識的に「練習する」べきです。

【読者の皆様にお願い】
是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »