« 「日銀が追加緩和決定、国債買い入れ年間30兆円拡大」←意味がありません。 | トップページ | 「尊厳死宣言の米女性死亡 自宅で服薬、家族に見守られ」←私は「公的自殺制度の提案」を既に書きました。 »

2014.11.02

10月は4回しか記事を書きませんでした。サボるにもほどがあります。

◆言い訳すると、やはり年を取ると、キツい、ということはあるのですが…。

以前ほど、体力がないと気力がなくなり、自分が余命もどんどん短くなっているので、

2002年10月に本気で書き始めた頃の気力が無い、とはいうものの、振り返っておどろきましたが、

先月、2014年10月には、なんと4回しかWEB日記(=ブログ)を更新しておらず、過去最低です。


言い訳として今年に入ってから、いい加減疲れた、と。しかしサボりすぎました。


◆書く気力がなくなる世の中であることも確かなのです。

それは、私が世間に訴えたいのは、愚痴になりますが、

何を今更。

という、一語に尽きます。


つまり。

人々がTwitterで、原発反対、集団的自衛権行使容認反対、と、ブログではなくTwitterで、

騒いでいるのですが、そういうことは私がずっと前から書き続けていることです。

特に改憲反対、集団的自衛権反対は、過去12年で200回以上書いてます。


しかし、有権者は、2012年の衆議院選挙。2013年の参議院選挙でいずれも安倍晋三率いる自民党を大勝させています。

安倍氏は、政治家になった瞬間から改憲が目標だ、と言っているし、

2013年の参議院選挙では、公約で「原発存続、再稼働」を掲げていた、唯一の政党が自民党なのです。


その政党が衆参で過半数を取ったら、どんな法案でも可決されることは、火を見るより明らかなのに、

選挙の前から反自民、反安倍政権を叫ぶべきときには何も言わない。

主権者たる国民が政治的意思を公式に表明する唯一最大の場は、国政選挙です。

そこで本気にならず、衆参両院で与党が絶対安定多数を獲得してから、

国会議事堂前で「原発存続、再稼働反対」とか「憲法を守れ」とか叫んでいる人達をみると、

無性に腹が立つのです。
選挙のときに騒がないで、今更デモでいくら騒いでも意味が無いだろう!

ということです。

議会制民主主義かつ、間接民主主義(代議制民主主義)の原理に鑑み、

多数党の政策は、民意を反映していると見なされる。死票が多いことぐらいわかりますが、

とにもかくにも現行制度は、多数党の政策=主権者国民の声、なのですから肝心の選挙で騒がずに、

後にデモやTwitterなんて、あんな140文字のこまぎれで何を言っても仕方が無い。


私はそんなのとっくの昔からブログに書いているのに、今頃になってTwitterで、間違いではないけれど、

なにやら正論を吐いて、自己満足に陥っている人があまりにも多い。

あれを見ていると、繰り返し正論をブログに書いてきた(私は有名人ではないから何度も同じ事を繰り返さないと、

多くの人に自分の思想を知って頂けないのです)私としては、ざっくばらんにいうと
アホ臭くて、やってらんねえよ。

という気分になるのです。それがサボりの理由ですが、余りにもひどいので、また同じ事を繰り返し書くように頑張ろうかと思います。

文句の或る方はまず、12年間3800本の記事で天下国家を論じてから、私に文句を言って下さい。

【読者の皆様にお願い】
是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« 「日銀が追加緩和決定、国債買い入れ年間30兆円拡大」←意味がありません。 | トップページ | 「尊厳死宣言の米女性死亡 自宅で服薬、家族に見守られ」←私は「公的自殺制度の提案」を既に書きました。 »

エッセイ」カテゴリの記事

ブログ」カテゴリの記事