« 「海外での武力行使容認=宮沢首相見解を変更―政府答弁書」←安倍内閣は憲法9条を無視しています。 | トップページ | 「「明白な危険の判断基準は?」 自衛隊の武力行使←いくらでも拡大解釈が可能です。 »

2015.05.24

今夜9時「NHKスペシャル「自衛隊の活動はどこまで拡大するか」を見て下さい。

◆NHKスペシャル「自衛隊の活動はどこまで拡大するか」

戦後日本の安全保障政策の大転換となる「安全保障法制」の整備。

安倍政権が関連法案を国会に提出するのを受けて、その動きが本格化する。

自衛隊の活動を大幅に拡大する今回の「安全保障法制」。

憲法解釈の変更で容認された集団的自衛権の行使を可能にする法改正の是非は?

外国軍隊に後方支援を行うための新たな恒久法で、何がどう変わるのか?

視聴者からのメールやツイッターなどによるご意見も交え、防衛大臣と専門家が討論する。

【出演】

防衛・安全保障法制担当大臣/中谷 元さん

拓殖大学特任教授/森本 敏さん

元内閣官房副長官補/栁澤 協二さん

首都大学東京准教授/木村 草太さん


◆コメント:大事な話です。栁澤協二さんの言うことを信用して下さい。

同じ時間に、クラシック音楽館が大野和士=都響「マーラーの7番」が重なりますが、音楽どころではない。

大人ならば、ことの軽重を理解して下さい。ビデオに録画するという方法もあることですし。

集団的自衛権に関する安倍内閣の安保法制に関しては、以前から見聞きしていると、

元内閣官房副長官補、という実質的な「役人の親玉」だった柳澤協二氏の意見が最も正しく合理的です。


私の言うことが信じられない、という方も、この柳沢さんの言う言葉には、重みを感じることでしょう。

是非、見て下さい。大事なことです。日本は世界中の紛争に巻き込まれる国になろうとしている。

「集団的自衛権の行使」というのは日本側の言い分であって、海外での武力行使を容認したら、

撃たれる側にとっては知ったことではないのです。

この番組を見逃したら、2015年5月27日(水) 午前0:10~午前1:24(74分)に再放送があります。

【読者の皆様にお願い】
是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« 「海外での武力行使容認=宮沢首相見解を変更―政府答弁書」←安倍内閣は憲法9条を無視しています。 | トップページ | 「「明白な危険の判断基準は?」 自衛隊の武力行使←いくらでも拡大解釈が可能です。 »

集団的自衛権」カテゴリの記事