« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015.08.30

「安保法案 国会周辺で最大規模の反対集会」←これで自民党が安保法案の採決を止めると思ってるんですか?

◆記事:安保法案 国会周辺で最大規模の反対集会(NHK 8月30日 18時43分)

安全保障関連法案に反対する、これまでで最も規模の大きな集会が国会周辺で開かれ、

参加した人たちは「戦争法案を今すぐ廃案に」などと訴えました。

集会は30日午後2時ごろから国会周辺で開かれ、

主催者の発表でおよそ12万人、警視庁の調べで3万人余りが集まり、これまでで最も規模の大きなものとなりました。

このうち、国会の正門前では参加者が歩道だけでなく車道にも広がり、プラカードを掲げて、「憲法9条を壊すな」とか、

「戦争法案を今すぐ廃案に」などと訴えました。

(引用者注:以下、省略。全文はウェブ魚拓に保存しました)。


◆コメント:安保法案反対なのは私も同じですが、正直「今更・・・・」です。

いつも同じことを書くようで恐縮ですが、同じ結論なのでどうしようもありません。

漸く市井の一般国民が

「憲法を変えて、日本の集団的自衛権行使を可能にすることの危険性」

に気がついたことは悪い事ではありませんけれども、遅すぎます。

デモは集会・結社の自由で基本的人権の一つで、それこそ憲法で保障されていますが、

第二次安倍内閣が誕生したのは2012年12月の衆議院選挙です。

翌年(2013年)7月。参議院選挙がありました。

さらに、昨年12月。衆議院選挙がありました。

3つの選挙のどれを取っても最初から安倍晋三率いる自民党は要するに、
憲法9条を変更して、日本の集団的自衛権行使を容認し、武力行使も可能にすること。

原発は、まだ、使うこと。安全とみとめられたものから再稼働すること

を「公約」として掲げています。

さらに溯るならば、安倍晋三は自分のウェブで、
憲法を改正することこそ、自分が政治家になった瞬間からの目標だった

とはっきりと書いているのですから、その安倍晋三が総裁になった自由民主党が如何なる公約を掲げるか、最初から

分かりきっているのです。


繰り返しますが、少なくとも直近3回の国政選挙、全てにおいて安倍は憲法を変えることを明言していたのに、

その安倍晋三が総裁を務める自民党を大勝させたのは、他ならぬ我々主権者、国民です。


デモで反対するぐらいならば、

どうして選挙前に「安倍を勝たせてはならない」というキャンペーンを張らなかったのでしょうか。

口幅ったいようですが、私は第一次安倍政権の更に前。小泉政権のころから、

「集団的自衛権とは何か」「何故、集団的自衛権の行使容認は違憲か」を200回以上説明してきました。


民主主義では手続きを守ることが大切です。

代議制民主主義(議会制民主主義)において、謂わば「公式の世論」は、選挙結果であり、

世論調査の結果ではありません。

憲法を変えることを、公約に掲げている政党を3回も大勝させたということは、

国民がそれを希望している、と見做される。死票があってもそう考える「擬制」です。

ですから、選挙で自民党を勝たせておいていまさら、憲法を守れとか、

安保法案を廃案にしろ、といくら言っても無駄です。

この国会に集まった人々のことを安倍内閣総理大臣は気にしているでしょうか?

手がかりがあります。
◆首相動静(8月30日)(時事通信 2015/08/30-14:38)

午前中は来客なく、私邸で過ごす。

午後1時6分、私邸発。

午後1時31分、東京・春日の文京シビックセンター着。

国連組織「UNウィメン」日本事務所の開所式に出席し、あいさつ。記念撮影。同2時4分、同所発。

午後2時26分、私邸着。

デモのことなど全く気にしていない。


安倍首相の立場を想像すると、デモでプラカードに「安保法案を今すぐ廃案に」と書いてあったから、

「はい。わかりました。そうします」といったら、政治家としての資質を逆に疑われます。面目と信用を失う。

これは私の想像ですが、むしろ、デモ参加者が多ければ多いほど、安倍晋三氏の主観においては、
どんなに反対されても、信念を貫き通した自分

に対する、自己愛、自己陶酔感、自尊心が高まる。デモ参加者の思惑と正反対の効果をもたらしています。


◆デモ参加者数で、法案がひっくり返るようでは民主主義の安定制の観点から危険です。

何だか、30日のデモに参加したひとたちは、興奮状態にあり、アドレナリンが出まくり、

これで勝利ではない、これからが始まりだ、などと訳の分からないことを言っています。

デモ参加者が多ければ法案が引っ込められるでしょうか?

今は、たまたま、政権が日本を戦争を出来る国にしようとし、デモに参加者はそれに反対、という構図です。


ならば、仮定上の話として、ですが、全く逆の状況だったらどうでしょう?

今現在、政権を担っている政党は「憲法9条は死守する」「集団的自衛権の行使は違憲である」という立場だ、とします。

これに対して、もしも国民が異常に好戦的で、前の戦争の直前の一部の人々のように、

この腰抜け。戦争が出来るようにしろ!

と言う立場で、そういう物騒な人が12万人集まったら、あっさり政府が「戦争法案を採択します」と、

逆のことを言い出すこともあり、になってしまう。


表現が拙いのが、申し訳ありませんが、お分かりいただけるでしょうか?

選挙結果を無視して、デモで法案が成立したり廃案になったりすることは民主主義の体制的安定制を

脆弱にしてしまうのです。


◆戦争する国への道を防ぐためには、政治家が何を一番恐れるか?を考えることです。

政治家が一番恐れることは、選挙で落選し、今までの国会議員の特権を全て失い、「ただの人」になることです。

今日、国会議事堂前に12万人あつまろうが、50万人集まろうが、今週か、来週には、安保法案は可決されることでしょう。

これを廃案にするか変更させるためには、より、中期的な観点から対抗策を考えるべきです。

私は、「今後如何なるレベルの選挙(市町村議会選挙から国政選挙まで)でも絶対に自民党、公明党には投票しないキャンペーンを張ります。

そしてそれに賛同する人をとにかく集め、これだけのひとから見捨てられたら、絶対今度は当選出来ない、と安倍ではなく、

他の自民党員を震え上がらせるのです。

震え上がらせると言っても、勿論、脅迫は暴力は論外です。「自公に投票しないキャンペーン賛同者」を100万人ぐらい

つのり、その運動結果を静かに普通に自民党各議員の事務所のメールで送ればいいでしょう。

そして、戦争するつもりなら、あなたは次の選挙でおちますよ?と言うぐらいのことは書いてもいいでしょう。

彼らに危害を与える、といっているのではありませんから脅迫には該当しません。

そういうメールがあっちこっちから大量にきたら、とにかく次も当選したい自民党員は、

今、思想・信条で安保法案に賛成しているのではなく、安倍に逆らったら、損だ。怖い、からそうしているだけ。

安倍寄りのままでいたら落選するぞ、という、そういう世論の傾向を創り出し、政治家にも有権者にもメディアにも

知らしめる。これこそが民主的手続きに従った「反対」の仕方です。

【読者の皆様にお願い】
是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

2015.08.24

(続)【体験記】眼科、白内障手術、術後経過。全て順調です。

◆先週の水曜日に左眼白内障の手術を受けました。

その話は、この直前のエントリ-、

2015.08.21【体験記】眼科、白内障手術は痛くも痒くも怖くもありません。

に、書きました。

世の中に白内障の手術に関する記述はゴマンとありますが、大部分はお医者さん側の説明です。

しかし、少し考えれば分かるように、ドクターは、何科のオペでもそうですが、患者がオペの時に受ける感覚とか

身体的異変(あるいは不変の場合もありましょう)、ダメージに関しては、観念的、

つまり教科書の書いてある程度にしかわからない。

オペを受けた側のあらゆる状況は受けた側にしか分からない。

口幅ったいようですが、その意味で私の「体験記」は結構、貴重だと思います。

実際にそういう感想をお二方から頂戴したので、調子に乗って続きを書きます。


◆他人事(ひとごと)だと思っているかもしれないが、80代になれば「白濁」は誰にでもあるそうです。

100%とはいわないまでも、高齢になると程度の差こそあれ、みなさん、水晶体が濁ります。

ただ、それが生活に不自由を感じさせる程度までに至る、その前に人生そのものが終わってしまう人もまた、

多いのでしょう。

いずれにせよ、前回、眼科のドクターの言葉をそのまま書きましたが、

白内障は(緑内障や、網膜の病気とちがって)手遅れ、ということがない。

のですが、若いこと、両目が裸眼で1.5だった私も特に理由がないまま、左眼が見えにくくなり手術になったのだから、

知っておいて損はないでしょ?


◆術後の経過は今のところ順調です。

術後に患者がするのは、オペの傷跡から細菌感染しないようにすること。

傷口に最近が入ると、目の中なんて、最近が喜ぶ栄養の宝庫ですから、

どんどん繁殖し、それならそれで早く処理しないと、最悪失明。

そこまでいかなくても白内障手術で、本来、術前よりも改善する筈に視力が、

余計悪くなります。

これは、患者の責任です。とは言っても難しいことではない。

これは全国共通かどうか知りませんが、私は、術後の感染を防ぐ為に、

抗生物質を含んだ点眼薬、「ベガモックス

そして、ステロイドを含む、術後の消炎鎮痛剤(実際には術後の痛みはありませんが)、「サンベタゾン

非ステロイド系の消炎鎮痛薬「ネバナック

の3種類の目薬を、5分間隔で(一遍に点すと、前のクスリを洗い流してしまうから)、1日に4回(朝、昼、晩、寝る前)に点眼すること。

24時間、術後メガネで目になにかゴミが入ったり、ましてや物理的に何処かにぶつけたりしないように保護する、とそれだけですが、

忠実に実行しています(実をいうと、3種類の目薬は、指定回数よりも1日に2回ぐらい余計に点眼することもありますが、ドクターに

その旨を申し上げても、別に何も言われませんでした)。


オペ(19日)の翌日から木・金・土と3日連続診察。問題なし。昨日の日曜日が休診日でしたから、

今日、月曜日に4度目の術後診察。「順調に回復してます」とのこと。視力は術後と同じく両眼1.2(矯正)を維持しています。

次回は木曜日の診察です。

完全にキズが塞がり、術後の目の状態が安定して新しいメガネを作るのは1ヶ月ほど先だそうです。

以上、オペ直後から変化しませんが、結論を書くならば、

白内障のオペは、痛くも怖くもありません。見えにくくて、原因が白内障だったら、早くオペを受けた方が良いです。

ということになります。

【読者の皆様にお願い】
是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

2015.08.21

【体験記】眼科、白内障手術は痛くも痒くも怖くもありません。

◆眼科の「白内障」ですからね?

冒頭から、しつこくてすみません。

これまでの経験から、人間は他人のことには大して興味がないことがわかっているので。

眼科・白内障とわざわざ書いたのは、白内障とだけかくと、きっと「白血病」と

いう、「風説が流布」されると思ったからです。


眼科の似たような名前の「緑内障」という病気は視野が狭くなり、失った視野は

回復しないが、症状の進行を防ぐことは出来る。

また網膜の病気も色々難しいらしいのです。これは私は専門家ではないから、

知ったかぶりはやめて、敢えて「らしいのです」にします。


◆白内障手術を一昨日(8月19日)に受けました。本当に簡単です。順調に回復してます。

白内障というのは、目のレンズに相当する水晶体が白濁するもので、

「白濁」自体は加齢と共に大抵の人に、程度の差こそあれ、起きるそうです。

それでも視力・視野に問題がなければ、別に何もしなくて良い。


私の場合は、見えにくいから手術して下さいと、頼んだのです。

私は、若い頃は両眼、裸眼1.5でしたが、40代後半から老眼(遠視)になりました。

そのままでは、近くが見えにくくて不便なので、さっさと諦めて老眼鏡を作って貰いました。

老眼は年を取ると度が進みますから

何年か毎に作り直す(レンズをオーダーメイドする)のが普通です。


昨年、その老眼鏡を作りなおそうと、いつものメガネ屋さんに行って視力を測定したら、

左右差がありすぎると言われました。左眼の方が見えにくく乱視もある。その程度も強い。

万が一、網膜の病気だったりすると最悪失明しますから、という親切心でしょう。

メガネ屋さんに眼科受診を勧められました。それは勤め先の近く(即ちそのメガネ屋さんの近所)

にある神田の眼科です。

白内障は最もありふれた眼科疾患のひとつなのでしょう。どこの開業医のサイトを見ても

説明が載っているし、検査もすぐにできます。

それはさておき、私の結果は

「白内障の気(け)はあるが、まだオペ(手術)適応ではない」

というものでした。そして、普通は白内障はオペ適応にまで症状が進むまで何年もかかるから

数ヶ月に1度眼科に見て貰えばよいでしょう、とのアドヴァイスを頂きました。


◆一応オペ適応基準の視力があるのですが・・・。

普通第一種運転免許更新時に矯正視力が0.7未満になると、更新出来ないので

それはオペ適応なのですが、実際には、さほど単純でも、

杓子定規に手術適応か否かを決めるのではありません。

私の場合、左眼だけ、後で検査して分かったのですが、水晶体の奥(後)側の真ん中辺りが白濁したので、

白濁の程度は大した事がないけれども左眼の視力だけが矯正しても極端に落ちていたのです。

パソコンのディスプレーを、勿論、今も見ながら、キーボードを叩いていますが、

50センチぐらい離れたところで、右眼だけならメガネをかければ全部読めましたが

今年の春ぐらいからでしょうか。左眼だけでは、全ての文字がぼやけるのです。

つまり全体として、生活等に不自由はないのですが、実際は右眼で殆どを見ていたということになります。

これで、右眼にゴミが入ったら、何も見えなくなるはずで、運転なんか危ないですから、

近所の眼科の先生に頼んで、手術をして頂きました。


◆手術の日程など決まれば、面倒はありません。

一応、採血して、全身状態に異常が無いか、みたりしますが、

それ以外は、特に。今週の水曜日19日が手術でしたが、

その4日前、8月15日(土)から、1日4回、朝・昼・晩・寝る前に抗生物質を含む目薬をさします。

これは術野を出来るだけ滅菌するためです。手術そのものよりも、傷口からの細菌感染の方が恐いぐらい

だそうです。

抗生剤含有点眼薬は手術前日まで。

当日は手術の3時間半前から2種類の散瞳点眼剤(瞳孔を拡げるくすり)を30分毎にさします。

そして手術時間の30分前ぐらいに眼科に到着します。


◆白内障オペの動画をYouTubeでみるとグロテスクですが、患者本人は何ともありません。

眼科医院に到着すると、十分に瞳孔が拡大しているかを見られて、それから手術までの間に何度か、

点眼薬をさされます。

YouTubeを「白内障手術」で検索すると約3,700件もヒットします。一見ちょっと気持ちが悪いのは、

術野を確保するために鉗子かなんかで、目を大きく拡げて固定しているからでしょうが、あれは、

患者は何ともありません。

水晶体の入っている水晶体嚢(のう)という薄い袋を3ミリぐらい切るので、その前に、

白目に注射を打って局部麻酔をかけます。強いてちょこっと痛みを感じるとしたらそのときでしょうが、

全然大した痛みではありません。怖がって頭部を動かしたりする方が危険です。

また、15分ぐらいの手術の間、目を開きっぱなしですが、

耐えず、生理食塩水かなんかしりませんが、水が流れているから、

まばたきしたくなることもありません。

動画サイトで「白内障手術の様子」を見ると、
「目の中に管を入れられたりして怖くないのか」

と、それが恐ろしげですが、手術をされている最中は、患者は近すぎて何をしてるか分からない。

どこをどのように処理されているか分からないから、恐怖心はありません。


気を付けるとすれば、繰り返しますが、何しろ細かい手術ですから、

身体は勿論、目も動かさないこと。術中に例えば咳き込みそうになったりくしゃみがでそうになったら、

普通に口は利けるから、早めにドクターかナースにその旨を知らせることです。そうすれば、一時オペを中断できます。


動画や、眼科医院のサイトで手順を説明しているWEBは無数にあります。どれも同じですから詳しくはそちらを。

とにかく濁った水晶体を細い管で吸い出して、その後に、人工レンズを入れます。

入れた瞬間、私は手術室で自分を真上から照らしていた照明器具の細部まではっきりと見えたので、

感動しました。先生に
「今、レンズを入れたのですか?」

と伺ったら、先生が「はい」と。そこで、私が、
「急に照明器具がはっきりと見えるようになったんです」

と言ったら、先生も、おおそれは良かった、と嬉しそうでした。

尤も、全員が私と同じではなく、人工レンズが馴染んで焦点が合うようになるまでに何日かを要する

ということもあるそうです。それは手術の上手・下手ではなく、各患者目の状態の違いとか個体差だと思います。

その日は目にぶ厚い眼帯を貼り付けて、15分ぐらい休んだら歩いて帰ることができます。

◆手術の翌日には眼帯を取れます。

勿論、術後の経過次第ですけど、大抵はそんなに大問題は白内障手術の間に発生しないのです。

私は、前述の通り、一昨日19日の午後3時にオペを受けて、帰宅し、

翌日、朝9時に眼帯を取り、感染などしていないかどうかドクターが診ますから、その後視力を

測定したら、いきなり左眼の矯正視力が1.2まで回復しました。両眼1.2でバランスがよくなったため、でしょう。

視力1.2という検査の数字以上に物が見えやすくなりました。

自分が、とにかく見えにくいと思ったら、さほど白濁が進行していなくても

眼科のドクターに相談して見ることをおすすめします。

その他詳しい事、一般的なことはネットで検索できますが、

専らドクター側からの説明で、手術を受けた患者の手記はネット上で発見し難いので、

専門的見地からは、不正確な記述があるかもしれませんが、それは大目に見て頂きたいのです。

要するに私は、

白内障の手術は痛くも、痒くも、怖くもありません。視力が回復すると気分が良いです。

と、申し上げたいのです。目の手術。目に麻酔注射をして目にメスを入れるというだけで

素人は怖がってしまうと思うのです。しかし、そんなの怖がって見えにくいのを我慢していると、

損ですよ。と、それが、結論です。

【読者の皆様にお願い】
是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

2015.08.02

最近、ブログを更新してませんが、全て「何をいまさら」になってしまうからです。

◆憲法を改正し、日本が戦争をする国に変えることが悲願だった人物を宰相にしたくせに。

最近、ネット上の一般人の発言を読むと、さも、以前から安倍政権の政策に反対していたような

口ぶりの人が多いのです。本当にそういう人もいるかも知れませんけれども、

私は、彼らの多くは実は選挙で自民党か公明党に投票した人も多いだろうと思っています。

私は、特に今年に入ってから、日記を更新する気力が本当に薄れてしまいました。


今、国会周辺で「憲法を守れ」デモに参加している人や、Twitterで、最もらしく安倍批判が繰り広げられていますが、

そんなことは私は、10年以上も前から言っていることなので、

何をいまさら・・・。

と、感じてしまうのです。

議会制民主主義における正当な手続きで、民意を表現するのは、選挙における投票行動しかありません。

その肝心な選挙前に適当に流しておいて、その結果、小選挙区で死票が多いとはいえ、衆参両院で自公が過半数

の議席を占めたら、どうなるか、今更デモで騒いでも意味がありません。

デモで政策が変わったことがありますか?


◆私は、選挙の度に、自民党を勝たせるな、と書きましたよ?

何度でも申し上げますが、私は集団的自衛権の行使を容認するべきではない。違憲である、と

10年以上前から、200回以上書いています。

また、安倍晋三氏が2度目の政権を握った、2012年12月の衆議院選挙の前から、

「安倍は危ない」という趣旨のことをいつも申し上げています。
2012.11.25 【2012年衆議院議員選挙】各政党の公約で注目すべき項目。

2012.11.27 【衆議院選挙】「戦後レジームから脱却し」なければならない、という論理が分かりません。

2013年参院選の前。
2013.07.04 参院選で各政党は、狡猾に最も大事なことを避けています。

2013.07.10 【2013参院選】各党政策比較「憲法」

昨年末、衆院選の前。
2014.12.07 【衆議院選挙2014 公約点検】(2)「憲法」

議会制民主主義。間接民主制。代議制民主主義。同じ事ですが、国民が直接政策を決定する訳ではないから、

多数党の政策が「民意」であると見做されるのです。

ですから、本当に憲法を守りたかったら、安倍を勝たせた時点でもはや、おしまいなのに、

安保法制が審議されてから、国会前でも「憲法を守れ」デモにいくら何万人が参加しても、

参加者はなにか、「いいこと」をした気分になっているのかもしれませんが、デモで「政策が変わった」ことはありません。

ネットでもみなさん、文章で思想を表明せず、140文字のTwitterでチマチマ書いていますが、

各自がてんでバラバラに呟いても、読んでいる方にはわかりません。

要するに。要するに私は、毎日「今更、なにを言っているんだ」

と叫んでおります。それしか言うことがないので、ブログを更新しようがないのです。

【読者の皆様にお願い】
是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »