« 【体験記】眼科、白内障手術は痛くも痒くも怖くもありません。 | トップページ | 「安保法案 国会周辺で最大規模の反対集会」←これで自民党が安保法案の採決を止めると思ってるんですか? »

2015.08.24

(続)【体験記】眼科、白内障手術、術後経過。全て順調です。

◆先週の水曜日に左眼白内障の手術を受けました。

その話は、この直前のエントリ-、

2015.08.21【体験記】眼科、白内障手術は痛くも痒くも怖くもありません。

に、書きました。

世の中に白内障の手術に関する記述はゴマンとありますが、大部分はお医者さん側の説明です。

しかし、少し考えれば分かるように、ドクターは、何科のオペでもそうですが、患者がオペの時に受ける感覚とか

身体的異変(あるいは不変の場合もありましょう)、ダメージに関しては、観念的、

つまり教科書の書いてある程度にしかわからない。

オペを受けた側のあらゆる状況は受けた側にしか分からない。

口幅ったいようですが、その意味で私の「体験記」は結構、貴重だと思います。

実際にそういう感想をお二方から頂戴したので、調子に乗って続きを書きます。


◆他人事(ひとごと)だと思っているかもしれないが、80代になれば「白濁」は誰にでもあるそうです。

100%とはいわないまでも、高齢になると程度の差こそあれ、みなさん、水晶体が濁ります。

ただ、それが生活に不自由を感じさせる程度までに至る、その前に人生そのものが終わってしまう人もまた、

多いのでしょう。

いずれにせよ、前回、眼科のドクターの言葉をそのまま書きましたが、

白内障は(緑内障や、網膜の病気とちがって)手遅れ、ということがない。

のですが、若いこと、両目が裸眼で1.5だった私も特に理由がないまま、左眼が見えにくくなり手術になったのだから、

知っておいて損はないでしょ?


◆術後の経過は今のところ順調です。

術後に患者がするのは、オペの傷跡から細菌感染しないようにすること。

傷口に最近が入ると、目の中なんて、最近が喜ぶ栄養の宝庫ですから、

どんどん繁殖し、それならそれで早く処理しないと、最悪失明。

そこまでいかなくても白内障手術で、本来、術前よりも改善する筈に視力が、

余計悪くなります。

これは、患者の責任です。とは言っても難しいことではない。

これは全国共通かどうか知りませんが、私は、術後の感染を防ぐ為に、

抗生物質を含んだ点眼薬、「ベガモックス

そして、ステロイドを含む、術後の消炎鎮痛剤(実際には術後の痛みはありませんが)、「サンベタゾン

非ステロイド系の消炎鎮痛薬「ネバナック

の3種類の目薬を、5分間隔で(一遍に点すと、前のクスリを洗い流してしまうから)、1日に4回(朝、昼、晩、寝る前)に点眼すること。

24時間、術後メガネで目になにかゴミが入ったり、ましてや物理的に何処かにぶつけたりしないように保護する、とそれだけですが、

忠実に実行しています(実をいうと、3種類の目薬は、指定回数よりも1日に2回ぐらい余計に点眼することもありますが、ドクターに

その旨を申し上げても、別に何も言われませんでした)。


オペ(19日)の翌日から木・金・土と3日連続診察。問題なし。昨日の日曜日が休診日でしたから、

今日、月曜日に4度目の術後診察。「順調に回復してます」とのこと。視力は術後と同じく両眼1.2(矯正)を維持しています。

次回は木曜日の診察です。

完全にキズが塞がり、術後の目の状態が安定して新しいメガネを作るのは1ヶ月ほど先だそうです。

以上、オペ直後から変化しませんが、結論を書くならば、

白内障のオペは、痛くも怖くもありません。見えにくくて、原因が白内障だったら、早くオペを受けた方が良いです。

ということになります。

【読者の皆様にお願い】
是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« 【体験記】眼科、白内障手術は痛くも痒くも怖くもありません。 | トップページ | 「安保法案 国会周辺で最大規模の反対集会」←これで自民党が安保法案の採決を止めると思ってるんですか? »

医療」カテゴリの記事