カテゴリー「インターネット」の記事

2013.12.28

【為参考】LINEというアプリは良く知らないと危ないですね。

◆使い方を予め調べないと、トラブルの原因になります。

LINEという韓国最大のIT企業NHNの日本法人、LINE株式会社が提供している、スマホなど用の

リアルタイムでのチャットが出来る、メッセンジャーですね。


今更、なんですが、これで子供がいかがわしい輩に利用されるなどというニュースが載っていることは

知っていましたが、他方では、世界中で利用者が増えているから、まあ、そんなに怪しげではなかろうと。


軽い気持ちで、自分のスマホにインストールしたのですが、予めサービスの概要を知らないと、

そして、きちんと設定を行わなかったので、自分がトラブったことを、

恥ずかしながら、御参考までに書いておきます。


◆友だちの追加、友だちへの自動追加は必ずOFFにしないと、トラブルになります。

最初に結論をのべます。

LINEというアプリないしは、それを提供するサービスが「悪い」というのではない。

ただ個人情報が収集されるという点において、かなり高い潜在的な危険がある、と思います。


LINEをインストールするときに利用規約が表示され、それに同意してインストールしますが、

それを熟読しなかった私が迂闊でした。


LINE 利用規約の、「プライバシー」という項目は以下のとおり。

5. プライバシー

5.1. 当社は、お客様のプライバシーを尊重しています。

5.2. 当社は、お客様のプライバシー情報と個人情報を、LINE プライバシーポリシーに従って適切に取り扱います。

5.3.当社は、お客様から収集した情報を安全に管理するため、セキュリティに最大限の注意を払っています。

その「プライバシーポリシー」にリンクを貼り、「収集する個人情報の項目」を

抜萃します。
収集する個人情報の項目

LINE㈱は LINE サービス(以下、「本サービス」といいます)提供のために下のような個人情報を収集します。

・本サービスのアカウント登録時に端末別にで下記のような個人情報を収集します。


  • [Windows Phone・BlackBerry]

  • - 必須項目:携帯電話番号、本サービス上で表示する名前、端末機情報

  • - 任意項目:端末機住所録内に保存された電話番号、アイコン画像



  • [iPhone・Android]

  • - 必須項目: 携帯電話番号またはFacebook ID,本サービス上で表示する名前、端末機情報

  • - 任意項目:端末機内に保存された電話番号、アイコン画像

  • ・本サービスの利用開始後にメールアドレス、NHN株式会社が提供するNAVERサービスのID、プロフィール情報(LINE ID、アイコン画像、ひとことなど)を利用者が任意で入力することができます。
(注:色文字は引用者による)

ご覧の通りで、あくまでも任意項目なのですが、デフォルトがどちらになっているか。

確かめる為、今、一旦アンインストール済のLINEを(途中まで)インストールしてみたところ、

デフォルトで、「友だちの自動追加を許可」「友だちへの自動追加を許可」にチェックがしてあります。

それ以前に、最初のイントール時の同意事項に、スマホ電話帳の情報をLINE運営会社が収集すること、が含まれています。

つまり、電話帳に載っている、家族、友人、仕事関連、全ての電話番号がLINEサーバにアップされるのです。

そして、特に注意するべきなのは、
「友人への自動追加を許可」

に、デフォルト(初期設定)でチェックがしてあることです。

これにより、私のスマホに登録されている電話帳の電話番号が自動的にLINEサーバにアップされます。

私のスマホですから家内の電話番号も含まれていて、それもLINEサーバに登録されます。

そして「友人への自動追加を許可」にしておくと(デフォルト)、私の電話帳に載っている人の電話番号を

LINE側が突合して、それを含む番号を電話帳を持つ、LINE会員に、勝手に「友人として追加」してしまうのです。


◆トラブル顛末。家内がLINEを始めた、と家内の友人が勘違いしました。

このような個人情報自動収集、及び自動通知が実行された結果、次の自体が発生しました。

LINEを使ったのは数日ですが、一昨日、帰宅したら、家内が

「あなた私(家内)の名前でLINEに登録したの?!」

といいます。こちらは勿論、そんなことはしていないので、何のことか、わかりません。

そこで初めて、検索し、LINEの詳細な作動、運営方法、サービス内容を知りました。

だから「迂闊だった」というのです。


それは、さておき、なにが起きたか?というと、家内の友人で、家内の携帯電話番号を

自分の携帯(スマホ)の電話帳に登録し、かつ、LINEアプリを使っているひと(LINE会員)には、

家内が「友だち」として追加されてしまう。家内はLINEアプリをインストールしていないのに、です。

そして、家内の友人は家内に、
LINE始めたんだね?

と、メールを送ってきました。家内が友人の「友だち」に追加されているから気がついたのです。

家内は何のことかわかりません。


一層、誤解を招き易いのは、、家内の友人には、家内の番号は登録してあっても、私の番号は登録してないので、

まず、家内の電話番号が表示され、付随的にその情報源はJIROであることが知らされ、

私のアイコンが登録されますから、当然、何か私が何をしているのか、訝しがります。


家内がLINEを使用しなくても、私がLINE会員となり、デフォルト状態で登録すると、このようなことが起きます。

家内は、私が家内の電話番号を無断で用いてLINE会員に登録したのだろう、と誤解しました。

そんなことをしても意味がないけれども、人間、やはりカッとなると論理的には考えられません

家内は殆ど「激怒し」ていたので(無理もありません)、誤解を解くのが大変でした。

ネットで検索して似たようなトラブル例を発見したので、それで説明しました。


問題を解決する手段は一つ。

慌ててアプリだけをインストールしても、私の個人情報(私自身の個人情報と電話帳のデータ、ちゃっとの過去ログ)は

削除されません。まず、アカウントを削除します。
「設定」 >「プロフィール」> 「アカウント削除」

を選択すると、「本当にアカウントを削除していいのか?」という趣旨の確認メッセージが表示されますから、

構わず、「アカウント削除」を選択すると、これは他人様のサイトの説明ですが、
アカウントを削除すると、購入した有料スタンプ、LINEに登録した電話番号、友だちやグループのリスト、トークの履歴が全て削除されます。

「メールアドレス登録」を設定している場合は、PC版、ブラウザ版にログインする際のメールアドレス、パスワードも削除され、全ての端末でログインが出来なくなります。

私の場合は使い始めたばかりで「有料スタンプ」とか「グループリスト」は無関係ですが、

トラブルを解消するには、「コイン」とか言うポイントぐらい、どうでも良いとおもいます。

「アカウント削除」した翌日、家内の友人のLINEアプリの「友だち」欄には、家内が「(LINE)から退会した」旨、

表示されたそうで、やっと誤解が完全に解けました。


◆結論。かなり気を付けないと。

既に非常に多数のLINE利用者がいて、問題なく使っている人もいるので、

LINE自体の「責任」ではなく、最初に利用規約。同意事項、友人追加の設定状況の意味を

良く確認しなかった私が迂闊なのですが、まさか、電話帳情報が、デフォルトでLINEサーバにアップされる

とは思いませんでした。私の感覚では、不安です。

このアプリはリアルタイムでチャットするのは、サクサクと作動して、確かに便利ですが、

使うときには、上述したとおり、

「友だちの自動追加を許可」

「友だちへの自動追加を許可」

がデフォルトでONになっています。友人への自動登録を許可しなくても電話帳情報自体はLINEサーバにアップされる。

自分だけではなく、電話帳に登録してある全ての人の電話番号、メールアドレスが、本人の意思とは無関係に

収集され、保存されている、ということは、漏洩する可能性が絶対にない、とは言えないのですから、

危機管理の原則で、最悪の状況を想定するなら、自分がLINEを使い始め、不適切な設定を行うと、

電話帳に登録している、自分以外の人の個人情報が、悪用される可能性もある、

ちょっと、これはどうかな?というのが正直な感想です。

はっきりいうと、私の率直な感想は「なんて危ないサービスなんだ」ということです。

くどくなりますが、これは私の主観です。LINEは個人情報を収集する、と明記し、

利用者hそれに同意して利用を開始するので、それ自体に違法性はありません。


安易に使い始めると、危険だ、ということを申しあげ、筆を擱きます。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

2013.05.19

「ヤフー:不正アクセス ID2,200万件流出の可能性」←悪い知らせほど、早く、広く、が企業の鉄則です。

◆記事:ヤフー:不正アクセス ID2200万件流出の可能性(毎日新聞 2013年05月18日 00時28分)

ヤフーは17日夜、自社のポータルサイト「Yahoo!JAPAN(ヤフー!ジャパン)」の管理システムに

何者かが不正アクセスしたと発表した。

約2億件ある利用者のIDのうち、最大で2200万件が「外部に流出した可能性は否定できない」としている。

流出した可能性があるのはIDだけで、パスワードや、パスワードを再設定する際の本人確認に必要な情報などは含まれていないという。

IDだけでサイトにログインされることはないが、ヤフーは念のためパスワードを変更するなどの対策を講じるよう利用者に勧めている。(共同)


◆コメント:悪いことほど、早く、広く、分かり易く公表しなければいけません。

少々、分かり難い所があるので整理しますと、

インターネットポータルサイトYahoo! JAPANはあくまでWEBサイトの「名前」です

このWEBサイトを管理・運営している会社が、東証1部上場の「ヤフー株式会社」です。

Yahoo! JAPANのメールや、その他諸々の機能を使うためには、IDを取得してログインする必要がありますが、

記事によれば、ログインに必要なパスワードは流出していないというのですけれども、

いずれにしても、会社としては失態なわけで、そういう「良くない話」ほど、一刻も早く利用者、

つまりお客さんに伝えるべきだと思います。


しかし、Yahoo!JAPANをみても、そんなことはすぐには分かりません。

一番下までスクロールすると、「会社概要」があり、そのリンク先を見ると、 プレスルームがあり、

それでも、普通に見ていたら何も分かりません。 「プレスリリース」を開くと、ようやく

2013年5月17日 当社サーバへの不正なアクセスについて

で状況が書かれています。


何もしないよりは遙かに良いのですが、原則的に企業は、特にお客さんに関わることで、

まずいことが起きたら、出来るだけ早く発表し、Yahoo!JAPANのトップページに大きなフォントで表示するべきだと

思います。今の状況は、発表していることはしていますが、なるべく見つけにくい場所に表示してあります。

こういう事の重要性を、Yahoo!の社長も、更に会長の孫正義氏も、分かっていないと思います。


Yahoo!JapanでIDが流出したことと、携帯サービスの良し悪しとは無関係ですがヤフー株式会社の会長は

ソフトバンクの孫正義氏です。

5月9日に携帯電話大手3社は2013年4月末時点の携帯電話契約数を発表しました。

ソフトバンクは、16ヶ月連続の首位で、ドコモなどから客が流れているそうですが、

私は、どうも、以前からソフトバンク関連というのは、このような「まずいこと」をすぐに発表しない、というのが気になりまして、

今一つ信用できません。


IDぐらいなら、大した事ないから良いだろう、と考えていたなら、一層問題です。

社会的影響の程度にかかわらず、「不祥事」はなるべく早く、大々的に公表する会社の方が信用できます。

その、ちょうど正反対の対応をする、「東京電力」が全然信用出来ないことからも、それは明らかです。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

2012.11.12

「東京 脱原発大規模デモ」(NHK 11月11日 20時38分)←3月に始まったのですけどね。

◆記事:脱原発大規模デモ(NHK 11月11日 20時38分)

東京の総理大臣官邸や国会の周辺では、原子力発電所に反対する市民グループが呼びかけた抗議活動が行われ、

集まった人たちが福井県の大飯原発の運転停止などを訴えました。

この抗議活動は、毎週金曜日に総理大臣官邸前で原発に反対する活動を

続けてきた市民グループが呼びかけて行われました。

11日は、総理大臣官邸や国会議事堂、それに霞が関の周辺で、午後3時ごろから

のぼりやプラカードなどを持った人たちが歩道に集まり、

「大飯原発の再稼働反対」「原発はいらない」などと叫びながら訴えました。

埼玉県桶川市から4歳の息子と参加した40代の母親は、

「子どものことを考えると原発はなくしてほしいと訴えたくて参加しました」と話しました。

また千葉県柏市から来た60代の男性は、

「大飯原発の運転再開はあり得ません。

これだけ多くの人が原発に反対する声をあげていることを、政府にわかってほしい」と話していました。


◆コメント:3月から毎週金曜日に行われていますので、「今さら」の感は否めませんが・・・。

毎週金曜日に首相官邸や国会議事堂前で「反原発デモ」がおこなわれるようになり、

それは、当初「ネット・ジャーナリスト」ばかりが報道していて、テレビや大手新聞は知っていたクセに無視していたのですが、

夏頃からでしょうか。遂に、無視できないほどの規模と、大抵のことは何でもすぐに忘れる日本人なのに、

このデモに関しては、継続的、反復的に行われているということの重大性に、マス・メディアが気がついたようです。


しかし、困ったことに、国政の最高責任者である首相や国家権力、財界人が分かっていないのです。

経団連なんか、早く原発を再稼働すべしと繰り返し言っていますが、無責任です。


◆昔と違って、もはや誤魔化したり、隠したりすることはできない、ことを国家もメディアも認識するべきです。

誤魔化したり・隠したりというのは、まず、原発の危険性という点にに関して。

以前、政府は「原発は絶対安全」と言っていたのです。私の記憶だけだと少し曖昧ですが、確か

「原発は、この世で一番堅牢な建造物だ」とか「たとえ、ミサイルの直撃を食らっても、壊れない」などという文字を、

読んだ事がありますが、なんのことはない。地震津波で、しかも、東日本大震災の震央から約180キロも離れていても、

壊滅的打撃を受けたのです。

これですっかりウソがばれました。東電や国家はしきりに「放射能は大した事は無い」ことにしたがりましたが、

小出裕章京都大学原子炉実験所助教の数々の著書や、小出助教にほぼ毎日質問して現状の深刻さを伝えつつづけた

MBS・毎日放送「たね蒔きジャーナル」(9月末で放送終了)が与えて下さった情報により、本当は物凄い量の放射性物質が、

311後の水素爆発のときに、ほぼ地球全体に飛び散り、厳密に言えば、もはや地球上、福島原発から拡散した放射性物質で汚染されていない場所は

全く無いこと、がわかりました。


いくら、政府や各電力会社が「ストレステストの結果、安全が確認された」と言っても、誰も信じません。


隠しても無駄なのです。


◆反原発の世論を「誤魔化したり、隠したり」することも、できません。

インターネットは両刃の剣で、先日来補導されているように、遠隔操作ウイルスによって、犯罪犯行予告の犯人の冤罪が

生じたり、ネットバンキングで不正におカネを送金したりする、悪い輩もおりますが、

メリットも当然あるのであって、冒頭の記事でNHKが報じている、毎週金曜日のデモは、当初「お上の宣伝局」と化している

大手メディアは報道しませんでしたが、個人が簡単な機材を用いてネットで全世界に映像を流していました。

ですから、今年の3月から毎週金曜日のデモが行われていることは、もはや公然の事実で、これはいくら国家が隠そうとしてもかくせません。


電力会社、特に東京電力が、原発で何かトラブルが生じても「大した事は無い」といっても、

9割方はウソであることも、経験的に知ってしまいましたから、政治家も役人も東電も、メディアも、

匿しても、無駄だ。

ということを認識して頂きたいです。それから、これだけ国民が反原発といっているのに、

それに反して、原発存続を標榜する政党は、選挙で負ける、と思うべきです。


◆少しだけ付け加えるならば・・・原発は運転を停止しても危険で、1日も早く廃炉にするべきです。

いつも申しあげておりますが、

私は大事なことなら、同じ事を何十回でも何百回でも、繰り返しかきます。

以下の話は、ほぼ一週間前に書いたばかりですが、また、かきます。


原発は運転を停止すれば安全なのではなく、存在するだけで危険であることです。

運転を停止しても原子炉圧力容器には棒状で束になった核燃料が冷却水に浸かっている分には安全ですが、

日本中どこでも大地震が起きうるし、活断層や、大地震の予想震源域のド真ん中に建っている原発は多く、

もしも直下型地震が起きたら、いくら丈夫に創ってある建造物も破壊される。原子炉圧力容器は壊れ、冷却水が流れ出し、

中の核燃料は、福島第一の時と同じように自らの崩壊熱でメルトダウンして、環境に放射性物質を撒き散らすことになります。

従って、安全を確実にするためには、原子炉を廃炉にするしかないわけですが、何も問題が起きていなかったけれども、老朽化により、

廃炉が決定した東海原子炉は2000年に作業が始まりましたが、完了するのが2020年(当初の予定どおりなら)です。

この地震大国に福島を除いても53基もの原子炉があるというのは、それを許容してしまった主権者国民に最終的な責任がありますが、

とにもかくにも、放っておいたら危険で、現実的には不可能であうが、仮に明日から、「せーの」で廃炉作業を始めても、

20年は安心出来ない。その間に別の大地震が起きる可能性が高いけれど、そんなことを言っていたら、何もできなくなります。


一番分かってないのが政治家で、この後に及んで、日本国そのものの物理的存亡の危機よりも政局ばかり考えていますが、

政権を取りたいなら、尖閣も憲法も厚生年金もへったくれもないので、まず、原発を最優先で廃炉にします。という政党があったら、

そいつらが一番、事の重要性が分かっていることになります。残念ながら今のところ、そういう政治家、政党が見当たりませんが。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

2012.08.28

【日中関係】本当は、今こそ両国民が、ドキュメンタリー「小さな留学生」を見るといいですね。

◆実は憎しみの連鎖からは何も生じないのですね。

昨日は極論を書きましたが、

「丹羽大使の公用車を襲撃=男が日の丸奪い去る、けが人なし―尖閣対応に不満か・北京」←日本本土攻撃と法的には同様である。

ついに、JIROは気が触れたか?と本気で心配なさる方がいらっしゃるといけませんから、

念のため書きそえますが、私は日本と中国が軍事的交戦状態に入る意味が無いし、

そんなことになりそうになっても、絶対にならない事ぐらいは分かっています。


憎しみの連鎖は何も生産しませんね。戦争になっていいことなど何も無い、ということがまだ分からないのは、

本当にバカな人だけだ、と思います。ただ、2005年、やはり反日デモが極端化したことがありまして、

その時に一度書いたことですが、リマインド(思い出させる)しておきますと、
2005.04.18 過去の日本の行為の如何に関わらず、中国政府はウィーン条約を遵守する義務を負う。

で、要は、外交関係に関するウィーン条約 第29条には、
外交官の身体は、不可侵とする。外交官は、いかなる方法によつても抑留し又は拘禁することができない。

接受国は、相応な敬意をもつて外交官を待遇し、かつ、外交官の身体、自由又は尊厳に対するいかなる侵害をも防止するためすべての適当な措置を執らなければならない。

って、一応「近代国家の常識」ですから、黒塗りのベンツで丹羽大使のクルマを前後で挟むって、あまりにも一般人の行動としては奇異ですから、

まあ、それぐらいの国際法は最低限守って頂きたい、と思います。


◆日中両国民が2000年11月に放送された「小さな留学生」を見るといいですね。

憎しみの連鎖からは、何も生まれませんが、

お互いに、他国にも「善意」が存在する、という余りにも当たり前のことを認識するべきです。

中国人の映像プロデューサー、張麗玲(ちょう れいれい)さん。

この人は元々は、映像とか放送の世界の人ではなくて、戦前の大財閥大倉財閥の流れを汲む大倉商事という、1998年に破産してしまいましたが、

とにかく、その大倉商事のOLだったのですが、何故か自分でカメラを回して、中国からの贈り物というドキュメンタリー番組のシリーズを製作

し始めて、一番最初に撮ったのが、小さな留学生というドキュメンタリーでした。

1996年に9歳で、お父さんが日本で一儲けしようというので、付いて来日し、八王子の公立小学校に入学した張素(ちょうそ)ちゃんという女の子。

結局、オヤジさんの商売が思ったほど上手く行かず、約1年でまた中国に帰国してしまうのですが、

その1年間、日本の小学校の友だちや先生が非常に親切であるようす。

また、張素ちゃんという子は頭が良くて、僅か一年で日本語を習得するばかりか成績もトップクラスになるんです。

中国に帰ってから、元、通っていた学校に戻るのですが、クラスメートに「日本人が如何に親切だったか」を力説します。

その一連の様子を企画し、撮影したのが日本人ではなくて、中国人の張麗玲さんであるところが、大事なのです。


これは中国でも、かなり広範に放映され大評判になり、当時番組のVHS(当時はDVDありません)が飛ぶように売れ、

今、日本のバカ野郎と言っているような中国の一般市民が皆、涙をながして、感動のあまり興奮したオッサンが、

我々は、もっと日本と仲良くすべきなんです!

と叫んでいたんです。


◆YouTubeに「小さな留学生」が、アップされてました。

見た覚えのある方も多いと思いますが。


小さな留学生① Little Exchange Students Part 1







小さな留学生② Little Exchange Students Part 2







小さな留学生③ Little Exchange Students Part 3



担任の先生は、同級生の一人に「毎朝、張素ちゃんを迎えに行くように」とご両親には言わずに指示をしていました。

張素ちゃんのお父さんは「ただの一人の外国人の転校生の為に、こんなに親切にして貰って・・・」と張麗玲さんに語っています。






小さな留学生④ Little Exchange Students Part 4







小さな留学生⑤ Little Exchange Students Part 5







小さな留学生⑥ Little Exchange Students Part 6







小さな留学生⑦Little Exchange Students Part 7







いい話ですよね。こういうのを見ると、日本も中国もへったくれもあるか。

世の中、どこにでも「良い人」や「善意」があるのだ、ということが分かります。


とはいっても、恐らく中国政府は今は、テレビで「小さな留学生」の放送を許さないでしょうから、できれば、ネットにも

規制が入る前に、日本でも中国でも、見る人が拡がるといいですね。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

| | トラックバック (0)

2012.01.20

福島原発事故の「真実」と小出裕章助教の解説を連日放送して下さる、MBS「たね蒔きジャーナル」と文字起こしして下さる方に感謝。

◆最も重要な情報を報じ続ける毎日放送ラジオ報道部。「たね蒔きジャーナル」

御存知の方は、「何を今更?」と思われるでしょうが、

日本全体では、知らない人のほうがまだまだ、多いのはほぼ確実ですので

ご了承下さい。


全国紙は大本営発表をそのまま載せるばかりです。

野田首相が、12月に福島原発の「冷温停止状態」を宣言したときは、流石に

批判的な論説を載せたり、NHKは夜のニュース解説番組持論公論で、

かの、水野解説委員が「圧力容器が壊れている状態で、冷温停止とはいわない」と、

小出裕章京都大学原子炉実験所助教と同じことを言っていましたが、

このような大マスコミが、福島原発事故や、国の原子力政策に関して

真っ正面から批判することは、残念ながら、稀です。


私の知る限り、日本に拠点を置く、日本語で情報を提供する、日本のメディアで

福島原発事故を驚ろくほど、ほぼ毎日、しかも、他のマスコミが絶対に報じない

国や東電にとっては、国民にあまり詳細を理解して欲しくない情報をとりあげ、

311以降、皆が最も信頼し、尊敬する小出裕章京都大学原子炉実験所助教に

インタビューをし、事態の深刻さを良心的に報道しているのは、毎日放送の

情報番組、たね蒔きジャーナルです。

この番組が311以降に伝えた情報の重要性は、誠に貴重です。

皮肉なことに福島原発から近く、何よりも日本の首都、東京で、これだけの仕事をしている

メディアは皆無で(インターネット放送局、ビデオニュース・ドットコムぐらいでしょう)なのに

遠く離れて、一般人は福島原発事故など「ひとごと」と感じてもおかしくない

--本当はそれではいけないのですが--大阪に拠点を置く毎日放送が最も熱心に、

福島原発事故を追い続けているのです。


◆それを毎日録音してYouTubeにアップし、文字起こしをして下さるブログ。

WikipediaのMBSラジオの項を読むと、

出力が50kWと高く、夕方から翌朝にかけては電波が電離層に反射されるため、首都圏、中京圏、北陸地方にも電波が届くため遠距離のリスナーも少なくない。

とのことですが、番組の存在自体を知らなければ聴く訳がないのです。

この番組が全国的に知られるようになったのは、
小出裕章 (京大助教) 非公式まとめ

というブログ管理人さんのおかげです。

「たね蒔きジャーナル」は原発だけを取り上げる番組ではありませんが、

このブログでは、たね蒔きジャーナルが小出裕章京都大学原子炉実験所助教に

最新の原発関連ニュースに関して、電話インタビューをして解説を求めている部分を録音して

その音声をYouTubeにアップし、さらに、そのインタビュー部分を、毎回文字起こしして下さっています。

特にこの文字起こしは、自分でやると分かりますが、非常に大変です。

このおかげで、音声を発することができない環境でも、小出助教の発言を文字で読むことができる。

「たね蒔きジャーナル」と「小出裕章 (京大助教) 非公式まとめ」がなければ、近畿地方以外の日本人は

福島第一原発事故の深刻さを認識できなかった。

本当は厳密に言うと、放送音声をブログに貼ったり、文字起こししたのを掲載するのは、

知的財産権関連法に抵触するのでしょうが、黙認している毎日放送の寛大さにも感謝、です。

小出裕章 (京大助教) 非公式まとめは、コメントを受け付けていないので

直接、御礼のコメントを書き込むことができません。この場で御礼を申しあげます。


◆最新のニュースと小出助教コメント。

私が転載するまでもなく、小出裕章 (京大助教) 非公式まとめにアクセスすれば

済む事ですが、私がウェブ日記・ブログを約10年間書いて経験的に分かったのは、

言い方が悪くて、ゴメンナサイですが、世の人々は意外に不精でして(笑)、

リンク先を都度見るのが面倒臭いと言う方が多いのです。

JIROの独断的日記ココログ版では、毎回、

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

とお願いしております。最初はココログからエンピツの該当記事のページトップに跳ぶようなリンクでした。

そうしたら、ご親切な(真面目です)読者の方が、ココログのリンクをクリックした時に、

エンピツのページの先頭が表示されるので、スクロールするのが面倒臭い。投票ボタンの近くが

表示されるようにした方が良いと言って下さり、もうお一人は、

ページが変わるのは面倒臭い。クリックしたら、新しいウインドウかタブを開くようにした方が良い

とアドヴァイスしてくださいました。確かにその後得票数が増えました(笑)。

ですから、小出裕章 (京大助教) 非公式まとめとするより、

音声ファイルをここに貼っちゃった方が良いと思いましたのでそうします。

残念なのは文字起こしでして、これはココログは問題ないのですが、昔ながらのウェブ日記エンピツは、

一回分の文字数が原稿用紙20枚分、つまり8,000文字を超えるとエラーになるのです。

残念ながら文字起こしのページにはリンクを貼るしか手段がありません。

ご了承下さい。それでは、早速。


1月18日 【廃炉まで最長60年】(原発推進側の)巻き返し工作がちゃくちゃくと進んでいる 小出裕章(MBS)



20120118 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章







内容・文字おこし

http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65786158.html

大抵、1ページでは文字が収まりきらず、
=====(文字おこし、続く)

という文字と、その下に続きへのリンクが貼ってあります。


なお、小出裕章 (京大助教) 非公式まとめは、小出助教のコメントを収集するのが目的ですから、

「たね蒔きジャーナル」のみならず、他のメディア(雑誌、新聞、テレビ)に於ける小出発言もまとめてあります。

福島原発事故の今の状況などを知りたい方は毎日チェックすることをお薦めします。

最後にもう一度リンク。小出裕章 (京大助教) 非公式まとめです。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

2011.05.23

本日の参議院行政監視委員会で、小出裕章京都大学原子炉研究所助教が参考人として出席します。

◆資料:参議院公報(平成23年5月20日(金曜日))

委員会及び調査会等日程

○来る二十三日(月曜日)次のとおり開会する。 


決算委員会 午後一時 第八委員会室

(省略)

行政監視委員会 午後一時 第四十三委員会室

                (分館四階)

    会議に付する案件

   行政監視、行政評価及び行政に対する苦情に関する調査

   (原発事故と行政監視システムの在り方に関する件

   (参考人)

           京都大学原子炉実験所助教 小出  裕章君

            芝浦工業大学非常勤講師 後藤  政志君

               神戸大学名誉教授 石橋  克彦君

      ソフトバンク株式会社代表取締役社長 孫   正義君

(以下、略。)


◆コメント:この意味は大きいですね。

小出裕章京都大学原子炉研究所助教は、これまで何度もご紹介したとおり、

原子力の専門家でありながら、原発を建てるべきでは無い、と1971年から

40年間、主張し続けて来た方です。

そのような人物を参議院に参考人招致したら、何を言うか分かっているのにも

関わらず、敢えて招致した参議院の決定は評価してもいい。

小出裕章京都大学原子炉研究所助教が何を主張するか、方向性は明らかです。

国がその意見を取り入れるかどうかは別としても、

参議院の委員会に出席して発言したことは、全て会議録として国の公式の記録として

保存されます。

これは全て「参議院インターネット審議中継」で

リアルタイムで中継され、また少なくとも1年間は保存されますし、

暫くあとになると思います。そして前述の通り、発言は一言一句、「会議録」になり、

これは、昔は国立国会図書館に行かないと読めなかったのですが、

今では、ネットで閲覧できます。

とにかく、或る意味歴史的記録となりますから、

リアルタイムでも録画でも、ネットテレビでも、会議録を読んでも構いませんから、

できることなら、全ての方に、小出裕章京都大学原子炉研究所助教の発言を知って頂きたい

と思います。

(NHKは残念ながら同じ時間に開かれる「衆議院東日本大震災復興特別委員会質疑」を中継するようです)

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

2011.05.01

【ビデオ・ニュース・ドットコム】小出裕章京都大学原子炉研究所助教へのインタビュー映像掲載。

◆記事:原子力のこれまでとこれからを問う(ビデオ・ニュース・ドットコム 4月30日)

5週目の金曜日に特別企画を無料放送でお届けする「5金スペシャル」。

今回は福島第一原発の深刻な事態に直面し、「なぜわれわれは原子力をここまで推進してきたのか」、

そして「これからわれわれはどうすべきか」を考える特別企画を、3部にわたってお送りする。

PART1は、震災以降ほぼ毎週、『ニュース・コメンタリー』で福島第一原発の最新状況を電話解説してきた

京都大学原子炉実験所助教の小出裕章氏を、神保哲生・宮台真司が大阪・熊取の実験所に訪ねた。

「原子力は人類の未来を切り開く」と確信して原子炉工学を専攻した小出氏は、

原子力を研究しその危険性を知った時から、原発に反対するようになった。

しかし、「熊取6人組」と呼ばれる小出氏ら京都大学原子炉実験所の6名の研究者以外に、

原子力の専門家の中で原発に反対する人は出てこなかったという。

37年間にわたり原子炉の研究を続け、原発の危険性について警告を発してきた小出氏にとって、

このたびの福島原発の事故を防げなかったことは悔やんでも悔やみきれないできごとだったと言う。

1960年代、世界中が原子力の可能性に魅せられた時代から今日までの道程を振り返りながら、

原子力の専門家がなぜ原発に反対してきたのか、その理由を聞いた。


◆コメント:現在、最も国民が信頼している原子力の専門家でしょう。

3月11日の東日本大震災の後、福島第一原発から放射性物質が漏れているらしい、

というニュースが入るまでさほど時間はかかりませんでしたが、

当初我々一般国民は、これをどのように解釈したら良いのか分かりませんでした。

「放射能」とやらをある程度以上浴びると、ガンになりやすい、ぐらいのことしか知らない。

しかし、今回の事故が、どの程度危ないのか?東電と原子力安全・保安院と枝野官房長官が

バラバラに記者会見するし、シーベルトとか、グレイとか言われても、全くそれまでに見ていなかった

数値なので、「レベル感」がない。多いのか少ないのか分かりません。


ご承知の通りテレビ(特に民放)は東電や原子炉を作っている東芝とか日立が、

「大スポンサー」で、これを失うのが怖いので、ニュース番組でもこれらを批判しない。

全然当てにならない。


最も信頼できるのが、ビデオ・ニュース・ドットコムです。

そして地震直後から、毎週、今の福島原発の状態が如何に危険か。

たとえそれが、絶望的な気分になるような情報でも、包み隠さず、しかも極めて分かりやすく解説して

下さったのが、小出裕章京都大学原子炉研究所助教でした。

自分の日記を「小出裕章」で検索したら、これほど書いてました。

2011年03月27日(日) ビデオニュース・ドットコム「あえて最悪のシナリオとその対処法を考える」

2011年03月28日(月) (続き)ビデオニュース・ドットコム「あえて最悪のシナリオとその対処法を考える」【Part2】

2011年03月30日(水) 「漏水箇所不明だが…失われた圧力容器の密閉性」←圧力容器が壊れたら、「最悪のシナリオ」になる。

2011年04月04日(月) ビデオ・ニュース・ドットコム「今もなお深刻な福島原発の現状」を文字に起こしました。

2011年04月09日(土) 【映像・音声】【ビデオ・ニュース・ドットコム】福島原発で再臨界の疑いが濃厚に

2011年04月13日(水) 福島原発に関する解説で日本で最も信頼出来るのは小出助教と水野解説委員(五十音順)だ。

2011年04月19日(火) 「高濃度汚染水“移送は順調”(東電)」←どうしていままでアレバに任せなかったのだ?

非常におこがましい物言いであることを承知の上で敢えて書きますが、

ずっと時事問題のブログを書いて、色々な情報に接してきた

私が「小出裕章京都大学原子炉研究所助教が最も信用出来る。」というのですから、

信頼して頂きたいのです。


◆最新(4月30日更新)の映像をアップします。

これまで、ビデオ・ニュース・ドットコムでは、毎週、福島第一原発の状況について、

専門家である小出助教のコメントを、電話インタビューで紹介してきましたが、

今回、ビデオ・ニュース・ドットコムの社長兼記者、編集者である神保 哲生(じんぼう てつお)氏と、

ほぼレギュラーとして出演している、社会学者で首都大学東京教授の宮台真司氏が、

大阪・熊取の京都大学原子炉実験所を訪れ、直接対面してインタビューした映像と音声が載っています。

それは、

マル激トーク・オン・ディマンド 第524回(2011年04月30日)原子力のこれまでとこれからを問う

で、視聴できますが、リンク先を見ることすら面倒、という方が、結構大勢おられますので、

私がその映像を保存して、YouTubeにアップしました。それをここに貼り付けます。

1時間以上もの長さになりますが、連休でもありますし、何故、原子力の学問を志した

小出先生が、原子炉推進とは180度反対の意見を主張するようになったのか、など、詳しく

語っておられますので、ご覧になることを薦めます。


ビデオ・ニュース・ドットコム「小出裕章京都大学原子炉研究所助教」(4月30日)







今までの小出先生のコメントも是非前掲のリンク先からお聴きになる事を薦めます。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

2010.12.27

様々な感受性に配慮する、ということ。

◆私が嫉妬深いだけかも知れぬ。

ネット上に文章を書く一般人は今やどれ程多いか分からない。

今年は、ミニ・ブログとかなんとか、色々表現はあるようだが、

兎にも角にも"Twitter"が大流行である。一回の「つぶやき」が140文字に制限されているのは、

一見不自由だが、ブログのように長文だと、文章の構成を考えなければならないが、

140文字では、その必要が無いので、各自思い付いたことをそのまま文字にすればいい。

その気軽さから、利用者数は、多分爆発的に増加している。


ちょっと読んでいると分かるが、自分に起きた「良い事」を無邪気にさらけ出す人が多い。

読まなければ良い、と分かっていてもついつい目に入ってしまう。


私が、ジトジト、ネチネチと陰気臭い性格だから悪いのだろうが、

あそこで、他人様の楽しそうな言葉を見ていると、嫉妬心を抱いている自分を発見して、

更に自己嫌悪に陥ることが、しばしばある。


◆あらゆる感受性に配慮出来れば、と思うが、それは不可能である。

あらゆる感受性を考慮したら、世の中、何もできなくなり、社会の機能がマヒしてしまう。

例えば、クルマやバイクの事故で肉親を失った人は、暫くクルマやバイクのエンジン音を聴くことすら

苦痛である、というが、だからと言って、世の中から自動車やバイクを完全になくす訳にはいかない。

航空機事故で多くの人が亡くなっているが、飛行機を今更なくす訳にはいかない。

かつて、冒険家・登山家の植村直己氏が行方不明となり、遺体は現在に至るまで発見されていないが

生存の可能性は0パーセントと判断された。1984年2月のことである。


公子夫人は記者会見で、悲しさを抑え気丈に耐え、

「植村は、だらしがないと思います」

という意味の言葉を発した。世間はその言葉に粛然としたが、記者会見の中で有ったか後日であったか、

「当分、山は見たくもありません」という意味の事を言った。

だが、言うまでもなく、地球上から山をなくすことは出来ない。


◆しかしながら、様々な感受性を配慮することは可能である。

前段の通り、世の中のあらゆる感受性を考慮出来たら、それに越したことは無いが、

現実には不可能である。しかし、世の中には様々な感受性があることを念頭に置くことは、

例え素人であっても公に文章を晒す以上、大切な事である。

この「さじ加減」は難しい。あまり色々気にしていては確かに、何も書けなくなるが、

不況で、収入が減り困っている人が多い時に、あまりにも派手な金遣いをしたことを書くのは

避けることが出来る。

又、現実世界においても、腎臓病を患い、人工透析を受けている人が大勢いて、病状にもよるが、

多くは、かなり厳密に食べ物を制限されている。1週間に何度も早帰りし、透析を受けなければ

ならない人の前で、「あの店の何とかは美味かった」というような話を延々と続けるのは、

かなり、残酷な仕打ちである。


偉そうな事を書いている私だが、今までにも自分が気が付かないだけで、多くの人の感受性に配慮が

足らなかったであろう。子供の事を書いたら、子供が欲しくても出来ない人々や、子供を事故や病気で

亡くした方は不愉快だったであろう。

その類を考え出すと無限の制約が出て、窮屈になる。

書きながら、どのように文章をまとめるか、今、苦慮している。

余りにも神経質になっては、何も文章は書けない。

しかし、様々な感受性が世の中に存在することを常に想像することを、

完全に止めてはいけないのである。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.12.17

ネット上では、現実世界よりも無礼に振る舞って良い、という理由はない。

記事:“さかなクンさん”と呼ぶべき?NHK広報局がTwitterで呼び捨てを謝罪(はてなブックマークニュース)

絶滅したはずの魚「クニマス」を再発見したことで注目を浴びている

東京海洋大学客員准教授でタレントの「さかなクン」。

そんな彼の“名前の呼び方”をめぐって、NHK広報局と他のユーザーとのTwitterでのやりとりが話題になっています。


きっかけは、NHK広報局公式アカウントによる「さかなクン!ヽ(*´∀`)ノ」というツイートでした。

さかなクンを“呼び捨て”しているとして、他のユーザーから「さんをつけろよデコ助野郎」「さかなクンさん!」

といったリプライ(返信)が広報局のアカウント宛に集中、ついには広報局が

「先ほどのツイートで、さかなクンさんを、さかなクンとお呼びしてしまいました。たいへんな失礼をいたしました。

申しわけありません。お詫びして訂正いたします。何卒ご容赦ください」

「失礼いたしました <(_ _)>」と謝罪のツイートをする結果になっています。


しかし、実は「さんをつけろよデコ助野郎」というのはネット上でしばしば用いられるおなじみのフレーズの1つ

本来“さん”付けで呼ばれるべき人物が呼び捨てされた時にネタとして発せられるもので、

広報局宛に寄せられたリプライもそのほとんどが冗談だったようです。

ネタばらしされるまで真剣に謝る広報局の姿に、ネット上では「ドジっこ可愛いなおい」「好感がもてる謝罪だな」「謝りすぎワラタ」

といった声が集まっています。

“さかなクンの呼び方”をめぐる一連のやりとりは、Togetterの下記のページでまとめて見ることができます。

http://togetter.com/li/79440


◆コメント:ネット上では無礼な言動が許容されるのか。

記事で説明している「事件」は、Twitterを使っている方でないと分かり難いかも知れないが、Twitterうんぬんは、

本質ではない。要するに私は、以前から思っていたこと、即ち、

ネット上では、現実世界よりも無礼に振る舞って構わない、という理由はない。

ことを強調したいのである。Twitterの昨日の「さかなくん『さん』事件」固有の問題を論ずるのではない。


ウェブ日記を書き始めてから8年半。ココログにブログのアカウントを持ってから6年になる。

それほど、多い方ではないけれどもココログに頂戴したコメントの総数は3,000件以上に及ぶ。


コメントの内容はそれぞれで、記事に対して賛否両論あるのは、無論、当然である。

ただ、たとえ、私が記事に書いた内容(主張、思想、言葉遣い等々)に反対であったり、

文句を付けたい場合でも、マナーは守るべきである。


ブログ「JIROの独断的日記ココログ版」は私がネット上に占有する「空間」。

私の現実世界の自宅、同然である。

初めて、他人の自宅を訪問するのに、名乗りもせず挨拶もせず、

いきなりタメ口を利く人はいない。ましてや許可もしていないのに上がり込んだら犯罪だ。


ネットでも同じだと思うのである。

ココログのコメントは私が承認しないと表示されないので、いきなり家に土足で踏みこまれることはないが、

私が許可しないので表示されなかったコメントには、その感覚に近いほど無礼なコメントが多いのである。


そこまでひどくなくても、明らかに、私の子どもであってもおかしくないような年代の人(男女共)が、

何の挨拶も無く、名前(勿論ハンドルネームで構わないが)を名乗りもせず、喧嘩腰で文章を書き込む。

しかも丁寧語を使っていない例がある。無礼である。


そういう人は、仮に現実世界で私と顔を合わせた時、同じように出来るのだろうか?

出来たらバカである。無礼にもほどがある。現実世界で出来ないことは、ネット上で

例え、お互いが、何処の誰かは分からなくても、すべきではない。


こういう所で「人品」(じんぴん)、その人の生まれ育ち、広い意味での教養の程度が分かる。

私のブログのお馴染みさんは、Ladies and gentlemen ばかりだが、一見さんには無礼ものが多い。

文章を読んで、他の方へのJIROのレスを読み、
「あ、こいつ、怒らないようだ。怒っても怖く無さそうだ」

と思い、増長するのであろう。そういうのは下品な人間、育ちの悪い人間がすることだ。


記事で紹介した、「さかなくん『さん』事件」で、

NHK広報局のTwitter担当者をからかった連中も、失礼だ。
実は「さんをつけろよデコ助野郎」というのはネット上でしばしば用いられるおなじみのフレーズ

というが、勝手にお馴染みにするな、と言いたい。私は今日まで知らなかった。

何でも、さんをつけろよデコ助野郎とは (サンヲツケロヨデコスケヤロウとは) - ニコニコ大百科によると、
「さんをつけろよデコ助野郎」とは、大友克洋「AKIRA」における台詞である。

そうだが、そんなマンガ、読んだ事はない。NHK広報局担当者に向かって、最初に
「さんをつけろよデコ助野郎」

とツイートして、担当者が慌てるのを見た奴は、

当然、NHK広報局担当者氏が、この「ネット上の決まり文句」を知らないことに気付いた筈で、

それを回りから見ていた連中も、便乗して少々からかってやろうということになり、何も知らないNHK担当者は

必死になって謝っているが、彼は仕事であるから、誠心誠意謝っている。多分冷や汗をかき、動悸がしたことだろう。

このまま大騒ぎになったら大変だ、と。

この事件を「面白い。」と書く人間を私は軽蔑する。恐らく学生だろう。

社会人だったとしたら、余程幼稚か、お客相手の商売の恐ろしさを知らない人間だろう。

学生だとしたら、まだシャバに出て働いたこともない癖に、仕事をしている大人をからかうとは生意気だ。

社会人だとしたら、勤め人の苦労が分からないバカに相違ない。


いいですか?

相手が「おとなしそうだ」「怒ってもこわくなさそうだ」「立場上、怒ることはできないだろう」と思っても

人を見くびるものではない。

知らない人には、丁寧語で話す。

更に、その知らない相手が、礼儀正しい人、腰が低い人だと思ったら、

こちらは、一層礼儀正しく、辞を低くするのが、教養有る日本人の常識である。

それは、現実世界でもネット世界でも同じであり、ネット世界では無礼に振る舞って良い理由が無い。

ゲーテ格言集に、「我が意を得たり」と言いたくなる一言がある。新潮文庫なら、136ページ。
卑怯者は、安全な時だけ、威丈高になる。

正にその通り(なお、「広辞苑」第五版によると「居丈高」も「威丈高」も正しい)。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.12.10

今更ですが、「ウィキリークス騒動」。不正を暴くことと、秘密を公にするのは別です。

記事:CIAが「スパイ」活動要請=国連幹部らの情報収集―英紙(時事通信 12月3日(金)10時14分配信)

【ワシントン時事】米政府が潘基文国連事務総長や外国要人の個人情報収集を

外交官に指示した外交公電が流出した問題で、英紙ガーディアン(電子版)は2日、

中央情報局(CIA)が作成したリストに基づく要請だったと報じた。

内部告発サイト「ウィキリークス」が公表した外交公電の中には、

国連高官や各国外交官のクレジットカード番号や航空会社のマイレージ番号、

電子メールのアドレスの収集を指示したものや、特定の国の政府高官らの指紋や

DNA情報の収集を求めたものが含まれていた。

同紙によると、必要な情報のリストは、ブッシュ政権が2005年に情報活動の調整を目的として設置した

「ヒューミント(人的情報)部長」が作成し、国務省に送った。

同省がこれを各在外公館向けに編集したという。


◆コメント:日本人は「情報」に関して鈍感です。

日本の公安警察の機密情報が洩れたというのも前代未聞の大失態なんですが、

日本人はあまり気に留めませんね。どうも「情報管理」というのが日本人にはピンと来ないようです。

昨日、12月8日は、69年前に日本が真珠湾攻撃を決行して、それから悲惨な太平洋戦争が始まった、という日です。

(御存知の方も多いでしょうが、中国とはそれ以前から既に戦争してました)。


真珠湾攻撃では、日本は「ワレ、奇襲に成功セリ」などと言って大はしゃぎでしたが、

実は、全て情報はアメリカに筒抜けになっていて、当時のルーズベルト大統領は全て承知の上で、

ハワイの太平洋艦隊には知らせず、故意に日本に先制攻撃をしかけさせたのです。

それは、アメリカの退役軍人、ロバート・B・スティネット という人が膨大な史料を調べて、

真珠湾の真実 ― ルーズベルト欺瞞の日々という詳細を極めた本を書き、最早議論の余地がないほど

明らかになっています。そこまで知らされても、日本人って「ふーん」という感じでしょ?

今でも同じですよね。公安警察の協力者の名前がバレるなんてとんでもないことなのですけど。


◆ウィキリークスによる、アメリカの外交公電流出事件は大問題だと思います。

ウィキペディアによるウィキリークスに関する説明を読むと、創設者ジュリアン・アサンジ氏が、

ウィキリークスを創った目的は、

我々の主目的は、アジア、旧ソビエト連邦、アフリカのサハラ砂漠以南、そして中東の圧制を強いている政権を

白日のもとに晒すことであり、また世界の全ての地域で政府や企業によって行われている非倫理的な行為を

暴露したいと考えている人たちを支援していきたい

ということだそうですが、アメリカの外交公電流出事件を見ると、何でもかんでもバラせば良い、

というほど、世の中単純じゃ無いことがわかりますね。

特に、記事が伝えている内容はアメリカの信用を根底から覆しましたね。

もう、アメリカが偉そうなことを言っても、
要するにお前ら、クレジットカード番号泥棒じゃねえか。

ということになります。多分国際的な問題となって長いこと揉めるでしょう。

アメリカのとって更にヤバいのは、アメリカの国防・安全保障に関する施設一覧のリストが流出した

ことですね。これをテロリストが入手するでしょうから、また911テロのようなことがいつ起きてもおかしくない。

多分起きるでしょう。


国家権力の濫用によって人権が侵害されているとか、そういうことを暴くのならまだしも、

個人のクレジットカード番号をアメリカがこっそり集めていたことがバレてしまい、そのカード番号そのものも

世界中に流出してしまった。


不正を暴くのと秘密を全部暴露するのは別のことですね。我々だって秘密を持っています。

ネット上に住所、氏名、電話番号を書く人は、いません。

クレジットカード番号や、キャッシュカードの暗証番号、口座番号などは、秘密にするのが常識です。

自分のブログにそんなことを書くバカはいませんよね?

このことからも分かる通り、秘密を持つこと自体が悪いことではないのです。

むしろ、秘密にしておかなければいけないことも沢山あるのに、何でもかんでも、全部バラしてしまえ、

とやったのは、アサンジ氏の短慮でした。


まだまだ、ものすごい重要な情報が世界に拡散すると思います。それにより、不正を暴く以上に

世界情勢が不安定になる危険の方が大きいと思います。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

2010年参議院選挙 2012年衆議院選挙 2013年6月都議会議員選挙 2013年参議院選挙 2014年2月東京都知事選挙 2014年衆院選 2016年参議院選挙 ANA BSE EU IT JAL LINE NHK SNS TPP Twitter あまちゃん いじめ おすすめサイト お祝い お詫び アイドル アニメ・コミック インターネット インチキ更新 インフルエンザ ウィキリークス エッセイ オウム真理教問題 オバマ政権批判 オペラ オリンピック オーケストラ クラシック クラシック音楽 クリスマス クールビズ コンクール サヴァリッシュ先生 ジャズ スポーツ セキュリティ テレビ テロリズム デフレ トヨタリコール問題 トランペット ニュース ノロウイルス ノーベル賞 バレエ パソコン パラリンピック ビデオ・ニュース・ドットコム ピアノ・ピアニスト ブログ マスコミ批評 メンタルヘルス ヨーロッパ経済 ヴァイオリン 世界同時不況 中国 中東情勢 事業仕分け 交通・運輸 企業 何でも直ぐに忘れる日本人 公的自殺制度 共謀罪 冠婚葬祭 冤罪 募金 北朝鮮 医療 協奏曲 原発 反論 受験・試験 口蹄疫 号外 司法 吹奏楽 国会・国会議員 国際法 在日米軍 地球温暖化 声楽 大阪 大阪府・大阪市 大飯原発 天体観測・天文学 子育て 学問・資格 学童保育 宇宙 安保法案 安倍政権批判 安倍晋三自民党総裁批判 室内楽 小出助教 小泉政権批判 尖閣諸島 市場介入 弔事 弦楽器 御愛読御礼 御礼 心と体 情報管理 愚痴 感染症 憲法改正 戦争 打楽器 政治 救命救急 教育 文房具 新年御挨拶 日本人の褒め下手 日記・コラム・つぶやき 映画 映画・テレビ 暴風・突風・竜巻・風水害 書評 木管楽器 東北地方太平洋沖地震 東日本大震災 松本龍復興担当相 森麻季さん 構造改革 橋下大阪市長 橋下市長・大阪市批判 欧州危機 歌謡曲 歴史 母のガン闘病記録 民主党 民主党批判 気象現象 水野倫之解説委員 法律 消費税 為替 為替・株・債券市場 熱中症 牛肉放射能汚染 特定秘密保護法 犯罪 猛暑 環境保護団体 環境問題 皇室 社会福祉 福島原発 福田政権批判 私事 科学 税制 節電 紅白歌合戦 経済・政治・国際 翻訳 職業 臓器移植 自殺問題 自民党批判 自然災害 自衛隊海外派遣 航空機事故 芸術 菅直人政権 菅直人政権批判 被災地支援 裁判員制度 要人・国賓 訃報 認知症 認知症・アルツハイマー、痴呆 語学 選挙 郵政民営化 野田政権批判 金管楽器 金融危機 金融市場 金融政策 集団的自衛権 電力 電力不足 音楽 領土問題 鳩山政権批判 麻生政権批判