カテゴリー「気象現象」の記事

2014.06.25

「大気不安定 関東甲信中心に猛烈な雨」←本当に異常な気象です。要注意。

◆記事:関東甲信 局地的に非常に激しい雨のおそれ (NHK 6月25日 7時49分)

関東甲信は25日も大気の状態が不安定で、これから25日夜にかけて局地的に

雷を伴って非常に激しい雨が降るおそれがあります。

気象庁は、低い土地の浸水や落雷、突風などに十分注意するよう呼びかけています。

気象庁によりますと、24日は暖かく湿った空気が流れ込み、上空に寒気が南下したため、

関東甲信の広い範囲で大気の状態が不安定になり、局地的に雷を伴って1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降りました。

各地で浸水や落雷の被害が相次いだほか、東京都内では大量のひょうが降った地域もあります。

発達した雨雲は24日夜遅くにいったん消えましたが、湿った空気と上空の寒気が残っているため、

大気の状態は引き続き不安定で、25日朝も東京23区の東部などところどころで雨が降っています。


◆コメント:拙宅前で落雷。こんなことは生まれて初めてです。

最近の気象の不気味なほどの異常性には多くの方が既にお気づきと思いますが、

かつてご紹介した、危機管理の専門家。東日本大震災「釜石の奇跡」、群馬大学片田教授の

インタビューは、皆さんに改めて一読お勧めします。

首都圏に蔓延する地震不安は“知識”では拭えない 釜石市3000人の子どもを救った「避難3原則」に学べ 片田敏孝・群馬大学大学院教授インタビュー(ダイヤモンド・オンライン)

この中で特に私が至言だと思っているのが、次の部分です。
避難という行動は、とても自分を律するハイインテリジェンスな行動といえます。

たとえば、建物の中で非常ベルが鳴る。非常ベルの意味を分かっていても、実際には誰も逃げない。

なぜ逃げないのか。それは、「逃げないぞ」と意思決定しているわけではなく、「逃げる」という意思決定をしないからです。

人間には、「正常性の偏見」という心の特性があって、非常ベルを聞いても自分が火だるまになっている姿を想像できず、現実感を持って逃げるという行動に結びつきません。

まず記事の中での気象庁の注意喚起は、毎日の様に繰り返され、誰も気に留めません。

私もそうでしたが、この頃の、この異常な、あたかも熱帯のような気候がもたらす、様々な気象現象。

昨日東京の、三鷹市と調布市と言うところで大量の雹(ひょう)が降り、それが低地に流れていって積もる、

ということがありました。雹が降るのはともかく、30センチも「積もる」という現象は生まれてこの方見たことがない。


しかし、群馬大学の片田教授がおっしゃる通り、
人間には、「人間には、「正常性の偏見」という心の特性」あって

自分の身には、まさかそういうことは起きないだろう、と自分がかんがえていたことを

今日(6月25日)、はっきり認識しました。目の前に落雷があったのです。この辺り、特別にカミナリの「名所」では

ありませんが、カミナリ自体は珍しくも何ともなく、ただ、高台にあるわけでも特別に高い建物や構築物があるわけでもない。

単なる平地の住宅街でして、近所に落雷、ということもありましたが、それは、東電の変電所の鉄塔に起きるのが相場でした。


ところが何と、25日の夕方、全く前触れもなく、拙宅から至近距離にある電柱というか電柱から伸びている電線に落雷が

発生しました。幸い、電器製品その他は、無事でしたが、この落雷を観ていると、たまたま無機物に落ちましたが、

もし、その近くを人間が歩いていたら、その人に落ちていても、おかしくなかったのです。

それほど、今までには起こりえないことが起きるのが昨今の異常気象である、ということを

自ら体験しました。

私は仕事で内外の情報を収集して、自分の職場で数百人に配信しております。

その反応を見ていると、殆どの大人が、まさに「正常性の偏見」に深く囚われていることに気づきます。

つまり、雨とか、カミナリは、いちいち気にするほどのことではない。自分にカミナリが落ちる姿など想像できない

ということでしょう。かなり強い雷鳴が轟いても、ヘラヘラ笑っている人が殆ど全員です。

昔の「夕立」ならそれでもいいでしょうが、この数年のゲリラ豪雨、ゲリラ雷雨のすさまじさは、

桁違いで、予想だにしないところが、起こりえます。今までの経験からは予測不可能なのです。

「タカが、雨、カミナリ」ではないのだ、と考えておくべきだ、と思います。

【読者の皆様にお願い】
是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

2014.02.15

「山梨県、積雪1メートル超 各地で車の立ち往生、雪崩の発生も」首相官邸HP「羽生選手へのお祝いの電話」

◆記事:山梨県、積雪1メートル超 各地で車の立ち往生、雪崩の発生も(The Huffington Post 更新: 2014年02月16日 00時11分)

2週連続で記録的な大雪に見舞われた関東甲信地方。

山梨県内は14日からの大雪で、1メートルを超える積雪を記録している。tenki.jpによれば、

甲府は114センチの積雪を記録。生活に大きな影響が出ているという。

各地で車が立ち往生、家屋の倒壊するなど事態の深刻化を受けて、山梨県は15日

陸上自衛隊第1師団に災害派遣を要請したという。山梨日日新聞が報じた。

甲府地方気象台によれば2月15日22時現在、県内全域で大雪警報や雷、着雪注意報は解除されており、

強風、なだれ注意報が発令されている状況。

しかし、依然として大雪の影響でJR中央線をはじめ鉄道各線が不通、16日も始発から運転を見合わせる予定。

車道も、東京都や長野県をつなぐ国道や県道が全面通行止めとなっている。

このため、明日以降は、救助や物資の輸送が困難になることが予想される。

雪崩による被害や、食料の不足、山間部の孤立などが懸念され、

山梨県議会議員の小越智子氏も災害救助を求めている。


◆コメント:首相官邸HP、15日の新着情報「安倍総理は羽生結弦選手へお祝いの電話をかけました」のみ。

記事にあるとおり、

山梨県は15日、陸上自衛隊第1師団に災害派遣を要請したという。

そうで、ライフラインが切断されている場所では、ホテルに従業員、宿泊客が孤立していて、

食料はあと1日しかない、と言うし、停電なら、暖房やトイレ(最近のトイレは水を流すにも電気が要る)、

食料を保管する冷蔵庫も冷えていないのだから、食べ物が腐り始めたら、大変です。


この情報が、首相の耳に入っていないとしたら、内閣官房は何をしているのか、と思います。

Twitterを見ると、官邸のTwitterアカウント宛に「山梨を助けろ」という善意の一般人の無数のTweetが

よせられているというのに、首相官邸ホームページ新着情報。

2月15日の更新は、
安倍総理は羽生結弦選手へお祝いの電話をかけました

だけです。

いくら内閣官房が休んでいても、安倍首相は各メディアが全国の「雪害」情報を続々と報じているのに、

一刻も早い、孤立住民の救出を命令していないとしたら、怠慢にも程があります。

自衛隊の「集団的自衛権行使に基づく、他国の支援」以前に、国家の一義的責務は、

国民の「平和的生存権」という最も基本的な人権を確保することにあるのですから、

今のままが本当だとすると、怠慢のそしりを免れません。

【読者の皆様にお願い】
是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

2012.05.30

余りにも天気が急変すると身体に堪えますね。皆様、ご自愛下さい。

◆かなり珍しいことなのですが、火曜(29日)は会社を休みました。

熱があるとか、腹具合が悪いというわけではないのです。

風邪で会社を休む、ということは、私はここ10年ほど無いのです。

これは、医療従事者はほぼ絶対に因果関係を認めないのですが、ビタミン&ミネラルのサプリメントを

摂り始めてからです。イギリス駐在員時代に覚えました。

マルチビタミン&ミネラルは、本来それだけで十分なはずなのですが、

まあ、細かい事を書くと長くなるので省略しますが私は、マルチに加えて、

日本のそこらで売っているのとは比べものにならないほど大量のビタミンCを含む

(1錠で1500mgとかね)サプリメント、ビタミンBコンプレックスといって、

ビタミンB群のいくつかは不足するとメンタルにも影響するのですが、そのサプリメントを

飲んでいるのです。

私は医療従事者ではありませんから、このようなサプリメントが万人に絶対に

悪影響を及ぼさない、と断言することは出来ませんので、無理にお薦めはいたしません。

ご興味があれば質問にはお答えしますが、最終的には自己責任ですね。


のっけから話がそれました。

ここ数年、昔と比べると明らかに天候が違います。

しかし、今までは私は、自分でも驚くほど(子供の頃は身体が弱くて直ぐに風邪をひいていたのです)

その、不規則な気象条件の変化に身体が対応していたのです。

しかし。

月曜日の午後から明らかに急激に気圧が下がり始め、

そうなると、私の場合は頭重感を覚え、また、首筋から肩にかけて、

尋常ではない「凝り」を生ずるので直ぐ分かります。しんどいですが、

普通は風呂に入って早めに寝れば翌朝には、元気を取り戻していたのです。


ところが29日(火)の朝、目が覚めて驚いたのですが、

首筋から肩にかけての痛みに近いような凝りと頭重が残っていたのです。

そして、29日(火)は前日以上に「大気が不安定で天気が急変しやすい」と

NHK(をはじめ、各メディア)が繰り返しておりました。

「ヤバい」と思い、休みました。

かなり昼間も寝ていた所為か、今はもうだいぶ、普通になりました。

自分を基準にするのも、おこがましいのですけど、どうも最近の「急変する気象現象」は

想像以上に人体に負担になっているように思われます。

という全く日常的雑談で恐縮ですが、天下国家を論じるのはちょっとまだしんどいので

こういう駄文で、本日の所はご容赦頂きたく、また、

皆様、ご自愛下さい。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

2012.05.07

「関東で竜巻 1人死亡55人けが」「国内で最大級規模の竜巻か」←竜巻が福島第一を直撃したらどうなっていたか。

◆記事1:関東で竜巻 1人死亡55人けが(NHK 5月6日 23時15分)

6日午後、茨城県つくば市など関東の広い範囲で竜巻や落雷などによる被害が相次ぎ、

竜巻で住宅が倒壊して中学生1人が死亡したほか、落雷で1人が重体となっているなど55人がけがをしました。

この竜巻などで住宅の屋根が飛ばされるなど少なくとも490棟以上の住宅に被害が出ています。


6日午後1時前、茨城県つくば市で竜巻が発生し、北条地区を中心に市民からけが人や住宅の被害などの110番通報が相次ぎました。

警察などが調べた結果、竜巻でつくば市内の広い範囲で住宅の屋根が飛ばされたり車がなぎ倒されたりしていて、

少なくとも100棟以上の住宅に被害が出ています。

また消防によりますと、中学生1人が死亡したほか37人がけがをしました。

死亡したのは、つくば市北条の中学3年生、鈴木佳介(14)さんで、倒壊した一戸建ての自宅から見つかり、

病院に搬送されていたということです。

つくば市の北隣の筑西市の大関地区などでも竜巻の情報が入っていて、少なくとも24棟の住宅が被害を受けたということです。

さらに常陸大宮市の野田地区でも午後1時ごろ突風が吹き、1人がけがをしたほか、住宅4棟に被害が出ているということです。

このほか常総市で建物4棟が被害を受けたほか、ひたちなか市ではひょうが頭にあたり、73歳の男性が軽いけがをしました。

一方、栃木県真岡市と益子町などでも突風が吹き、真岡市の消防によりますと、

真岡市、益子町、茂木町の3つの市と町で9人がけがをしたほか、合わせて11人がけがをしました。

また、合わせて360棟以上の住宅などに被害が出ているということです。

さらに落雷の被害も出ていて、午後2時すぎ、埼玉県桶川市坂田にある犬を遊ばせるための民間の施設に落雷があり、

宮代町の関根順子さん(40)と長女で小学6年生の彩加さん(11)の2人が雷に打たれました。

2人は病院に運ばれて手当てを受けていますが、長女の彩加さんは意識がないということです。

また、近くに8歳の次女と関根さんの妹もいて、2人とも足のしびれを訴えていますが、けがの程度は軽いということです。

警察によりますと、関根さんたちは飼い犬を連れて施設に遊びに来ていたところ、

雨が降ってきたため敷地内の木の下で雨宿りをしていたということです。

このほか、群馬県富岡市でも物置のトタン屋根が強風で飛ばされ、70代の男性がけがをしました。


◆記事2:国内で最大級規模の竜巻か(NHK 5月6日 23時15分)

竜巻に詳しい防衛大学校の小林文明教授は「上空の寒気と強い日ざしで大気の状態が不安定になっていたのに加え、

強い南風が吹きつけたため、発達した積乱雲が神奈川県から茨城県、栃木県にかけてあちこちで発生し、

その結果、各地で竜巻が起きたと考えられる。被害の状況は車が横転したり、一部の家屋が跡形もなく壊れたりするなど激しく、

風速が70メートルを超えた可能性もあり、国内で起きた竜巻の中でも最大級の規模かもしれない。

ことしは今月に入っても寒い日が続き上空に寒気が入りやすくなっているため、

今後も日ざしが強くなると大気の状態が不安定になって竜巻が起こるおそれがあり、注意が必要だ」と話しています。


◆コメント:これほど広範囲に「竜巻」「突風」「落雷」で甚大な被害が生じているが首相官邸は動かない。

昨年の東日本大震災以降、特に意識するため、記憶に残るのだろうが、

例年とはことなる気象現象が続いている。

昨年は、台風が首都圏を直撃したり、

各地で豪雨による被害が生じた。


今年に入ってからは、例年から豪雪で知られる地域の人々が「生まれて初めて」

というほどの大雪が降り自衛隊が出動した。

ちょうど1ヶ月前、4月3日には、東北日本海側の低気圧が全国に25メートル級の

暴風をもたらした(因みに秒速28メートルが時速100キロである)。


今日は関東を中心として「竜巻」による大きな被害が出た。

今までにも日本で局地的に「突風」や「竜巻」や「落雷」の被害が出たことはあるが、

日本で「竜巻」が、これほど広い範囲に甚大な被害をもたらしたのは、初めてでは無いかと思う。


茨城県つくば市の、竜巻の直撃を受けた建造物の破壊され方は尋常ではない。


誤解を恐れずにいえば、あの写真だけを見せて、「昨年、東日本大震災の津波被害に遭った建物だ」

と人に言えば、そのまま信じるであろう。


ただごとではない。電力供給網がずたずたにされ、市民生活に大きな影響を与えている。

不安定な大気の状態は、深夜になってからは北海道で大規模停電をもたらしている。


ニュースを聞いていて、ふと、気がついたがこれに対して国(政府)は全く関心がないらしい。

首相や官房長官。今は、防災担当大臣という閣僚までいるのに、官邸で緊急会議が開かれたという

ニュースを聞いていないが、私が知らないだけであろうか?


◆竜巻が茨城県つくば市ではなくて、福島第一原発を襲ったらどうなったか?

福島第一原発4号機の使用済み核燃料プールは補強工事をしていない。

一応冷却水は循環しているが、プールそのものが壊れたら、これまでの100倍の放射性物質が

環境にバラ撒かれて、東京も深刻な被曝から免れない、と言われている。

福島近辺で大規模余震が起きて、4号機がやられたら、日本はおしまいだ、

と、小出裕章京都大学原子炉実験所助教はなんども言っている。


もしも、今日の竜巻が茨城県ではなくて、その北に隣接している福島で発生し、

竜巻が福島第一原発4号機の使用済み核燃料プールを直撃したら、どうなったか。

使用済み核燃料は、水に浸かっていればいいが、大気に剥き出しになったら、近くに人が寄ったら

殆ど即死するほどの放射能を発している。

その使用済み核燃料が竜巻に吸い上げられ、周辺に落下したらどうなるか?

原爆が投下されたようなもので、手の付けようが無い。大惨事などという

生ぬるい表現では、済まない。

このように考えると、今日の竜巻の発生場所によっては、日本は滅んでいたかも知れない。

それなのに、政府は全く動かず、それを問題視する声もない。

全然危機管理の「想定」がなっていない。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

その他のカテゴリー

2010年参議院選挙 2012年衆議院選挙 2013年6月都議会議員選挙 2013年参議院選挙 2014年2月東京都知事選挙 2014年衆院選 2016年参議院選挙 ANA BSE EU IT JAL LINE NHK SNS TPP Twitter あまちゃん いじめ おすすめサイト お祝い お詫び アイドル アニメ・コミック インターネット インチキ更新 インフルエンザ ウィキリークス エッセイ オウム真理教問題 オバマ政権批判 オペラ オリンピック オーケストラ クラシック クラシック音楽 クリスマス クールビズ コンクール サヴァリッシュ先生 ジャズ スポーツ セキュリティ テレビ テロリズム デフレ トヨタリコール問題 トランペット ニュース ノロウイルス ノーベル賞 バレエ パソコン パラリンピック ビデオ・ニュース・ドットコム ピアノ・ピアニスト ブログ マスコミ批評 メンタルヘルス ヨーロッパ経済 ヴァイオリン 世界同時不況 中国 中東情勢 事業仕分け 交通・運輸 企業 何でも直ぐに忘れる日本人 公的自殺制度 共謀罪 冠婚葬祭 冤罪 募金 北朝鮮 医療 協奏曲 原発 反論 受験・試験 口蹄疫 号外 司法 吹奏楽 国会・国会議員 国際法 在日米軍 地球温暖化 声楽 大阪 大阪府・大阪市 大飯原発 天体観測・天文学 子育て 学問・資格 学童保育 宇宙 安保法案 安倍政権批判 安倍晋三自民党総裁批判 室内楽 小出助教 小泉政権批判 尖閣諸島 市場介入 弔事 弦楽器 御愛読御礼 御礼 心と体 情報管理 愚痴 感染症 憲法改正 戦争 打楽器 政治 救命救急 教育 文房具 新年御挨拶 日本人の褒め下手 日記・コラム・つぶやき 映画 映画・テレビ 暴風・突風・竜巻・風水害 書評 木管楽器 東北地方太平洋沖地震 東日本大震災 松本龍復興担当相 森麻季さん 構造改革 橋下大阪市長 橋下市長・大阪市批判 欧州危機 歌謡曲 歴史 母のガン闘病記録 民主党 民主党批判 気象現象 水野倫之解説委員 法律 消費税 為替 為替・株・債券市場 熱中症 牛肉放射能汚染 特定秘密保護法 犯罪 猛暑 環境保護団体 環境問題 皇室 社会福祉 福島原発 福田政権批判 私事 科学 税制 節電 紅白歌合戦 経済・政治・国際 翻訳 職業 臓器移植 自殺問題 自民党批判 自然災害 自衛隊海外派遣 航空機事故 芸術 菅直人政権 菅直人政権批判 被災地支援 裁判員制度 要人・国賓 訃報 認知症 認知症・アルツハイマー、痴呆 語学 選挙 郵政民営化 野田政権批判 金管楽器 金融危機 金融市場 金融政策 集団的自衛権 電力 電力不足 音楽 領土問題 鳩山政権批判 麻生政権批判