カテゴリー「アイドル」の記事

2013.12.31

【御愛読御礼】1年間、弊日記を御愛読下さいまして、ありがとうございました。

◆通常の習慣に則り、喪中につき新年のご挨拶は失礼させて頂きます。

紙のハガキでは、喪中ハガキというのを出したのですが、

ちょうど1年前、1月3日に母が他界し、喪中なので、ネット上でも

新年のご挨拶は失礼させて頂きますが、

今年1年間の御愛読に御礼申しあげます。


◆大晦日は、「紅白」における「あまちゃん・続編」のおかげで、幸せでした。

昨夜(これを書いているのは元旦早朝です)、大晦日の紅白の中で、「あまちゃん」の続編がある、ベイビーレイズさんも

出られるというので、期待していましたが、期待以上の驚きの連続で、

私、いい歳をして恥ずかしいのですが、興奮の極に達したらしく、その後、寝てしまいまして、

謂わば「あまちゃん・スペシャル」から紅白終わりまで録画してあるので後で、再度見ますが、

あまりにも完璧。

宮藤官九郎さん、他人事みたいな顔をなさって、紅白審査員席におられましたが、

台本と、生で朝ドラの続編を演じた役者さんたち。

そしてNHKホールというのは、あれは行ってみるとわかりますが、ホールとしてはバカでかいのです。

昔、一度3階席からN響を聴いたことがありますが、本番前、ティンパニがチューニングをしていたら、

バチで太鼓を叩いた、その0.何秒後に音が届くのです。

空気中の音速は一気圧、気温15℃のとき、秒速約340メートルですから、100メートル近く音源からの距離があると、

約0.3秒遅れる。当たり前なんですが、それぐらい広い。


何を言いたいかというと、ステージに立つと、ものすごい数の観客がいるわけです。

さらに、テレビで中継され、紅白は海外にも届いていますので、何千万人が、リアルタイムで見ているのです。

それを意識したら、仮にド素人がNHKホールのステージに立ったら、頭の中が真っ白になり、何もできない恐れすら、あります。

次の(明日の)日記で詳しく書くつもりですが、取り急ぎ、所感を。


繰り返しになりますが、宮藤官九郎さんの脚本。演出。

謂わば「あまちゃん」第157話を生で演じた、役者さんたち。

歌うプロではないのに、「潮騒のメモリー」を歌った「潮騒のメモリーズ」(能年玲奈さん、橋本愛さん)。

久しぶりの大ステージの筈なのに余裕と貫録の小泉今日子さん、薬師丸ひろ子さん。

藥師丸さんの伴奏をした弦の方々。

架空アイドルグループGMTを演じた役者さん(お嬢さんたち)、アメ女のマメリン(足立梨花)さん、

「暦の上ではディセンバー」の本家本元、ベイビーレイズさん。

作曲・編曲の大友良英さん他のみなさん。

あまちゃんビッグバンドの皆さん。

録画を聴き直しても完璧です。さすがです。みなさん、プロ中のプロ。

粋な演出をして下さったNHK担当者の方々、スタッフの方々。


1年前の私は同じころ、急速に容態が悪化していく母親が気になり、暮れも正月もなかったのですが、

今年は、皆さんのおかげで楽しく年を締めくくり、新しい年を迎えることが出来ました。

随分、久しぶりに「嬉しい」「楽しい」という感情を意識したような気がします。

ありがとうございます。


最後になりましたが、弊日記をご覧下さっている皆様、

2014年のご多幸を念じております。

乱文、失礼致しました。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

2013.11.30

【音楽】久しぶりにトランペット。ガボール・タルコヴィ氏(ベルリン・フィル首席)。/SKE48古畑奈和さんのサックスに驚嘆の件。

◆最近、気が滅入るような話題ばかりですから、好きなトランペットのことを書かせて下さい。

この頃、日本とか世界のニュースを読んでいるとあまりにゆううつでして、

正直いって、何ヶ月か音楽聴かなかったです。

今年の来日オーケストラは、すごかったですね。ウィーン・フィル、ベルリン・フィル、コンサルトヘボウが、

まあ、よくも同じ時期に来てくれました。申し訳ないけど、それすら全然興味がなくなるほどでしたが

今年唯一、感銘を受けた音楽的事象は、2005年からベルリン・フィル首席トランペット奏者を務めている、

ハンガリー生まれのガボール・タルコヴィ氏をNHKBS、早朝6時からの「クラシック倶楽部」で発見したことです。

良さそうなのは録画しておくのですが、冒頭に書いたとおり、ゆううつなことが多いので、

直ぐに録画しておいた音楽番組を見る気がしないのですかが、この人は幸い、聴きました。


放送されたのは、ずっと前、2010年来日時のリサイタルなのですが、今でも、ベルリン・フィルのサイトをみると

メンバー表に名前がありますから、今も同じように上手いことでしょう。

人間、本当にドスーンと落ちこんだときには、何をしても無駄ですが、

少しエネルギーが溜まると「聴くエネルギー」が出ます。


タルコヴィ氏、上手いですねー。ベルリン・フィル首席なら当たり前と

仰有る方がいらっしゃることでしょう。本当に分かって仰有っているのならば、その通り。

普通は、オーケストラで上手くても、ソロで十分通用するほど上手いかというと、

それは、勿論、オーディションではソロ曲も吹きますが、

オーケストラの正規メンバーになると、まずそれが仕事ですから、なかなかソロ曲を練習して

ソリストとして直ぐ通用するレベルを維持するのが難しいのですが、

岩城宏之さんが生前、書いていましたが、ベルリン・フィルは別格で皆が直ぐソリストになれるぐらい、

上手い。正にそういうレベルです。


◆「イタリアのトランペット協奏曲」 (ガボール・タルコヴィ)をお薦めします。

NHKBSプレミアムでの演奏を聴いて、感心してAmazonで見つけました。

「イタリアのトランペット協奏曲」から。


アルビノーニのオーボエ協奏曲はどれもとても美しく、トランペットでも

この曲だけではありませんが、良く演奏されます。


◆アルビノーニ:トランペット(オーボエ)協奏曲 変ロ長調 Op. 7 No. 3 第1楽章 アレグロ






高音域でも音質が変化せず良く鳴り、良く伸びます。音程と発音が非常に正確です。

イタリアの陽光を彷彿させるような、明るい演奏です。


◆マルチェルロ:トランペット(オーボエ)協奏曲 ニ短調 第2楽章 アダージョ





あまりにも有名な、マルチェルロのオーボエ協奏曲第2楽章。「ヴェニスの愛」です。

オーボエならぜったいヴィヴラートをかけるでしょが、タルコヴィ氏は敢えて真っ直ぐな音で吹いています。

歌い方が大変見事で、奏者のデリケートな音楽性が直ぐに分かります。


次は大変珍しい。18世紀イタリアのガルッピという作曲家で、

チェンバロソナタをかつて取りあげた事があります。昔ピアニストのミケランジェリが

好んで弾いていました。オペラも100曲以上書いているそうです。この当時他の作曲家も書いてますが、

トランペットとソプラノ。ソプラノはモイチャ・エルトマン - Mojca Erdmannという人で、大変優れたソプラノです。

エルトマン単独の録音を私はまだ持っていませんが、モーストリー・モーツァルトという、モーツァルトのアリア集をグラモフォンに録れています。

グラモフォンがアルバムを録音しているというだけで、上手いことがわかります。


◆ガルッピ 評判のトランペット(Alla tromba della Fama)






エルトマンさんは、声が美しくテクニックが優れているのみならず、声量が豊かです。

タルコヴィ氏とのバランスが絶妙な名演奏だと思います。


最後はタルティーニです。


◆タルティーニ :トランペット協奏曲 ニ長調 第3楽章 アレグロ・グラツィオーソ






これは、今まで、モーリスアンドレが初めて吹いて、その後は、弟子のロルフ・スメドヴィックしか吹いているのを知りません。

大変難しい、アンドレと同じカデンツァまで、非常な高音を含むあらゆる音域での高度なテクニックを

タルコヴィ氏が持っていることがよく分かります。


全体として選曲も演奏も素晴らしい。是非、お薦めします。


◆この稿とは全然関係ないのですが、SKE48古畑奈和(なお)さんのサックス演奏が見事だった件。

毎週土曜日、夜11時半から30分。NHKBSプレミアムで「AKB48ショー」を放送していますが、

11月30日(土)の放送の最後に姉妹グループ、名古屋拠点のSKE48古畑奈和さんが、

同じSKE48の東李苑(あずま りおん)さんのピアノ伴奏でアルトサックスを演奏しました。

曲は、SKE48松井玲奈さんのソロ曲「枯葉のステーション」という歌ですが、これが並の上手さではない。

古畑さんのサックスは、「アイドルにしては」上手いを通り越していて、完全にコントロールされた音とヴィヴラートと

正確な音程と美しい音色で、ひっくり返るほど驚きました。

これほどのレベルならば、音大のサックス科を目指しても良いのではないか、と大きなお世話ですが、思いました。

「展覧会の家」(ラヴェル編曲)にアルト・サックスに旋律を吹かせる「古城」という曲がありますが、

古畑奈和さんなら、ちょっとさらえば、あるいはすぐにでも、シンフォニー・オーケストラで吹いて全く遜色ない。

それほどのレベルです。

芸能界の人々は、このレベルがよく分からないでしょうし、クラシックファンで「AKB48ショー」を見る人は,

これもまた、いないか、非常に少ないでしょうから、私が敢えて「記録」と「証言」として書かせて頂きます。

NHKオンデマンドで見て聞けます(放送後2週間までだと思います)。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

2013.09.07

「暦の上ではディセンバー」。いるだけで、周囲を明るくする人々。

◆完全に朝ドラ「あまちゃん」にハマっています。

NHKの朝ドラ、宮藤官九郎さん脚本の「あまちゃん」が、平均して20パーセント台の視聴率を取っているそうで、

岩手県でも、実際は、ごく一部でしか使われない間投詞の方言「じぇ!」がもはや殆ど「標準語化」しつつあります。

(となりまちでは「じぇ」とは言わないそうです)。


宮藤官九郎さんの脚本が、抜群に面白いという話は、情報としてはしたけれども、今回は、その殆ど天才的な才能を

心の底から痛感しました。朝から笑うことは、すこしも悪いことではない。放射能や被災地のことを忘れてはいけませんが、

楽しくて笑って行けない理由はない。朝楽しいと一日が楽しい。など、当たり前のことを教えて頂きました。


勿論、単なる、悪ふざけとか、「ウケ狙い」ドタバタならば、これほど人々の心を掴まなかったことでしょう。

宮藤さんは、とことん、笑いのツボを心得ながら、一方で人間の心の色々な面をよく御存知です。

喜怒哀楽、嫉み、絶望、コンプレックス、狡猾さが、笑いの中に、ちりばめられています。


朝ドラを見るのはこれが初めてではありませんけれども、毎日15分をこれほど短く感じたのは、私は初めてです。

早く明日を見たい。15分は短すぎる、と今回ほど感じたことは、ありません。


2013年上半期の朝ドラが、クドカン氏の脚本によるもので、「アイドル」が漠然tとして、テーマだと発表され、

宮藤氏が、テレビで視聴者に「貴方にとって『アイドル』とは何ですか?」と問いかけてきたときには、私は、

正直にいって、興味がありませねしたが、今回「あまちゃん」を見続けて、ドラマのセリフにも何度も使われますが、

歌って、踊るだけではなく、存在するだけで周囲を笑顔に、楽しい気持ちにさせる才能を持った人

が、アイドルなのだ、というのが宮藤官九郎氏がこの作品で表現したかったこと(の一つ)です。

誠にそう思います。「あまちゃん」のヒロイン、能年玲奈が演ずる「天野アキ」が劇中でそういう存在ですが、

同時に現実世界の我々にとっても、その天野アキを演ずる能年玲奈さんが、まさに「アイドル」です。


なにがアイドルを形成するのか、細かく「分析」するのは、ヤボの骨頂ですが、

私が知る限り、少なくとも二人の専門家が、表現は違っても同じ所に言及していました。

それは、「輝く、黒い瞳」です。

指摘していた一人目は、亀和田武氏です。週刊文春8月3日号101ページ、「テレビ健康診断」で、
二〇一三年、黒い瞳の奇跡の少女がいた年

と、この方としては、珍しいと思うのですが、「あまちゃん」を大絶賛し、
2013年は、能年玲奈と「あまちゃん」の年として、長く私達の記憶に残るにちがいない。(中略)

能年玲奈はこれからも個性と演技力で活躍するだろう。しかし少女の輝く季節はほんの一瞬だ。「あまちゃん」が終わると、黒い瞳の透明感あふれる猫背の少女は消える。

残酷だけど、奇跡の少女に会えたことを誰も忘れない。

と結んでおられます。失礼ですが、多分、我々素人よりも「業界」の裏を知り尽くした方がここまで感動を露わにすることは

大変珍しいのではないかと思います。


もう一人の専門家は、自らもバリバリのアイドル、SKE48の松井玲奈さんです。

これは、ラジオ番組の一部でしょうか。YouTubeに音声がアップされています。

◆SKE48松井玲奈のあまちゃんレポート。暦の上ではディセンバー!





やはり、餅は餅屋。目の付け所。一瞬で天野アキ=能年玲奈の魅力を「輝く瞳」見出しています。


私は、教養人気取りで、アイドルなどくだらん、と思っていましたが、

あれは、あれで仕事として大変でしょう。今回、朝ドラ「あまちゃん」では多くの女優が本業ではない、

「アイドル歌手」役を演じた訳ですが、一般人よりは同じ芸能界にいて事情が分かっているはずの、若い女優たちが、

「いつも、ニコニコ笑顔で歌って踊ることが、これほど大変だとは、思っていなかった」といいます。


◆クラシックの音楽家も「芸人」として「アイドル」を見習え。

クラシック音楽の深さは今でもよく分かっていますが、それを演奏する人達は、芸術家である前に、まず、

エンターテイナーであって、高いチケットを買って聴きに来てくれた客への敬意がたりません。

私は、たまたまですけど、この10年で、昔から憧れ続けてきたオーケストラ・プレイヤーに2回(楽器は違いますが)

ひどいことを言われたり、されたりしてひどく傷つきました。傷ついたどころではなく、実はちょうど1年前は、警察と弁護士の

世話になったほどです。何十年も憧れてきた「音楽家」も実は、タダの醜い心を持った人間だったということを嫌というほど思い知らされました。


ですから、どんなことをいわれても、ひたすらニコニコと笑顔を絶やさず、歌って踊る、自分の子供の年ごとのアイドルに、むしろ惹かれます。

AKBグループやももクロは既に有名ですが、朝ドラ「あまちゃん」における架空アイドルグループ「アメ横女学園」の

ミリオンヒットという設定になっている暦の上ではディセンバーは、劇中の歌でもあり、クドカン氏の作詞なので、

普通のアイドルの歌では絶対にあり得ない言葉(「暗躍」とか「鬼も笑うわ」とか「喪中なんだから」等々)が使われているし、

非常に印象的です。実際に歌っているのは、当初、明らかにされませんでしたが、ベイビーレイズであることが

発表され、一躍注目を浴び、劇中の歌だった、「暦の上ではディセンバー」のCD+DVDが11日に発売されます

(iTunes Storeで曲だけのダウンロード購入は6月下旬から始まっています)。

私はとっくに予約しました。

若い人の迸るエネルギーは、やはり気持ちの良いものです。

いい大人が、AKB総選挙を熱心に論じているのを見て、何を、とバカにしていましたが、

今は、私にもだいぶ、その気持ちが分かるようになりました。

笑わば笑え。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

その他のカテゴリー

2010年参議院選挙 | 2012年衆議院選挙 | 2013年6月都議会議員選挙 | 2013年参議院選挙 | 2014年2月東京都知事選挙 | 2014年衆院選 | ANA | BSE | EU | IT | JAL | LINE | NHK | SNS | TPP | Twitter | あまちゃん | いじめ | おすすめサイト | お祝い | お詫び | アイドル | アニメ・コミック | インターネット | インチキ更新 | インフルエンザ | ウィキリークス | エッセイ | オウム真理教問題 | オバマ政権批判 | オペラ | オリンピック | オーケストラ | クラシック | クラシック音楽 | クリスマス | クールビズ | コンクール | サヴァリッシュ先生 | ジャズ | スポーツ | セキュリティ | テレビ | テロリズム | デフレ | トヨタリコール問題 | トランペット | ニュース | ノロウイルス | ノーベル賞 | バレエ | パソコン | パラリンピック | ビデオ・ニュース・ドットコム | ピアノ・ピアニスト | ブログ | マスコミ批評 | メンタルヘルス | ヨーロッパ経済 | ヴァイオリン | 世界同時不況 | 中国 | 中東情勢 | 事業仕分け | 交通・運輸 | 企業 | 何でも直ぐに忘れる日本人 | 公的自殺制度 | 共謀罪 | 冠婚葬祭 | 冤罪 | 募金 | 北朝鮮 | 医療 | 協奏曲 | 原発 | 反論 | 受験・試験 | 口蹄疫 | 号外 | 司法 | 吹奏楽 | 国会・国会議員 | 国際法 | 在日米軍 | 地球温暖化 | 声楽 | 大阪 | 大阪府・大阪市 | 大飯原発 | 天体観測・天文学 | 子育て | 学問・資格 | 学童保育 | 宇宙 | 安倍政権批判 | 安倍晋三自民党総裁批判 | 室内楽 | 小出助教 | 小泉政権批判 | 尖閣諸島 | 市場介入 | 弔事 | 弦楽器 | 御愛読御礼 | 御礼 | 心と体 | 情報管理 | 愚痴 | 感染症 | 憲法改正 | 戦争 | 打楽器 | 政治 | 救命救急 | 教育 | 文房具 | 新年御挨拶 | 日本人の褒め下手 | 日記・コラム・つぶやき | 映画 | 映画・テレビ | 暴風・突風・竜巻・風水害 | 書評 | 木管楽器 | | 東北地方太平洋沖地震 | 東日本大震災 | 松本龍復興担当相 | 森麻季さん | 構造改革 | 橋下大阪市長 | 橋下市長・大阪市批判 | 欧州危機 | | 歌謡曲 | 歴史 | 母のガン闘病記録 | 民主党 | 民主党批判 | 気象現象 | 水野倫之解説委員 | 法律 | 消費税 | 為替 | 為替・株・債券市場 | 熱中症 | 牛肉放射能汚染 | 特定秘密保護法 | 犯罪 | 猛暑 | 環境保護団体 | 環境問題 | 皇室 | 社会福祉 | 福島原発 | 福田政権批判 | 私事 | 科学 | 税制 | 節電 | 紅白歌合戦 | 経済・政治・国際 | 翻訳 | 職業 | 臓器移植 | 自殺問題 | 自民党批判 | 自然災害 | 自衛隊海外派遣 | 航空機事故 | 芸術 | 菅直人政権 | 菅直人政権批判 | 被災地支援 | 裁判員制度 | 要人・国賓 | 訃報 | 認知症 | 認知症・アルツハイマー、痴呆 | 語学 | 選挙 | 郵政民営化 | 野田政権批判 | 金管楽器 | 金融危機 | 金融市場 | 金融政策 | 集団的自衛権 | 電力 | 電力不足 | 音楽 | 領土問題 | 鳩山政権批判 | 麻生政権批判