カテゴリー「あまちゃん」の記事

2014.01.01

【追加】NHK紅白歌合戦、「あまちゃん第157話」の奇跡。大友良英さんのブログのご紹介を追加。

◆NHK朝ドラ「あまちゃん」ファンに取っては殆ど感極まるシーンでした。

紅白出場歌手が11月下旬に発表されたときに、今年の前半の朝ドラで、

空前の人気を博した「あまちゃん」は「アイドル」をテーマにした設定で、

劇中では、1980年代の歌謡曲やドラマのストーリーの中で創作された

脚本の宮藤官九郎氏作詞、大友良英氏その他の方々による作編曲による、

「潮騒のメモリー」「暦の上ではディセンバー」「地元に帰ろう」の関係歌手が、

1人も含まれていなかったので、一番最初は憤慨したのですが、

落ちついて考えると、これはなにか「仕掛け」があるに違いない、

と察しが付きました。案の定、NHK紅白歌合戦公式サイトに、

12月24日 企画コーナー決定のお知らせ 連続テレビ小説「あまちゃん」“特別編”を紅白の中で生放送!!

との発表が掲示されて、「潮騒のメモリーズ」か、「天野春子」と「GMT」ぐらいかな?と想像していたら、

想像を遙かに超えた、オール・スター・キャスト。これ以上は望めないほど豪華な顔ブレと、

あまちゃん「特別編」の脚本を書いたはずの宮藤官九郎氏が紅白審査員席で他人事のように笑っていましたが、

一言でいうならば、脚本としては、
現実と虚構の奇跡的に、自然な融合

が天才的でした。


あまちゃん、本編では、潮騒のメモリーズの「可愛いほう」。本来強く主体的にアイドルを志望していた、

足立ユイ(橋本愛)は、上京する筈の前日に父親(平泉成)が脳溢血で倒れ、断腸の思いで、天野アキ(能年玲奈)だけを東京に向かわせます。

父親は、1ヶ月程度で、順調に回復してリハビリがを続け、さあ、1ヶ月遅れたけど今度こそ東京だというときに、母親(八木亜希子)が看病疲れで

失踪します。一度、恐ろしいほどグレた足立ユイはやがて立ち直りますが、自分のアイドルとしての成功は諦め、但し、

本来、不本意ながらアイドルを目指しているうちに成功した親友天野アキ(能年玲奈)の主演映画(潮騒のメモリー)公開に先立ち、

GMTメンバーとの初ライブが、2011年3月12日に東京で行われるのを見るために、3度目の正直で今度こそ本当に東京へ行ける筈でしたが、

いうまでもなく、前日の地震で、鉄道が寸断され、物理的に上京は不可能となります。


本編最後では、もはや、東京に行くことは考えない、といっていた、足立ユイですが、行きたいにきまっていることは、

ドラマを見ていた方なら、皆さんお分かりの筈。


その「虚構の世界の人物の願望」がその役のままですから、その部分は虚構ですが、

現実としては大晦日の紅白歌合戦で歌うつまり、念願の東京でアイドルになって歌うことが

「実現した」と考えられる。

何とも不思議な虚構(フィクション)と現実世界との融合が実に自然でした。


◆音楽的な秀逸性

あまちゃんの音楽は、オープニングから、劇中のサントラから、劇中歌、「潮騒のメモリー」「暦の上ではディセンバー」等、

秀逸で、これは、大友さんが、しばしばTwitterで「自分だけのように書かれて困る」とおっしゃっているので、

お名前を書かせて頂くと(漏らさないつもりですが、間違っていたらごめんなさい)、大友良英氏の他にどの楽曲が単独だったり、

共同だったりするのか調べきれないのですが、高井康生さん、Sachiko Mさん、ストリング・アレンジが江藤直子さんと。


物凄い数の作曲をして、サントラCDに収録されているのはほんの一部なのですね。


ドラマ「あまちゃん」では、しばしば1980年代にタイムトリップしますが、その時代は,歌謡曲の伴奏も、

今のような、全部打ち込みの電子音楽じゃなくて、生の楽器の伴奏を録音しておいて、後から歌手が歌を乗せるという

方法が多く、とにかく伴奏の楽器が人間が弾く楽器ですから、音にぬくもりがあります。

このドラマ内の音楽でもしばしば感じましたが、特に弦楽器の表現力は大変大きいので有効活用すると

素晴らしい響きになる。ストリングアレンジの江藤直子さんの編曲は、いつも大変見事です。

一見、相性が悪そうな、ジャズのビッグバンド風である、あまちゃんバンドのホーン・セクション、リズム・セクションと

合わせることもできるし、

紅白で鈴鹿ひろ美役の藥師丸さんが、小泉今日子さんの次に「潮騒のメモリー」を歌った時の伴奏は

ヴァイオリンからチェロまでの、室内楽的弦楽合奏を上手く使ったと思います。

とにかく品が良いのです。巧みなアレンジをなさる方だと思います。


次は、演奏者ですが、あまちゃんビッグバンドとストリングスお一人ずつのお名前は、すみません、省略させて頂きますが、

やはり、ああいう劇伴とかスタジオミュージシャンの方々、ものすごく達者ですよね。初見が利くのは当たり前。現場で口頭で楽譜の

変更があったら、直ぐに出来る。楽器によっては、何種類かの持ち替えが、かなり自由に出来る。

勿論、練習したから上手いのですが、かなり器用な方ではないと、あの仕事は務まらない、と思いました。


◆歌った人たちについて。

NHKホールに行ったことがある方は御存知のとおり、あそこは4,000人が入れる、バカデカイホールなんですね。

紅白が出来る。オペラが出来る、オーケストラ・コンサートが出来る、パイプオルガンが付いている

とちょっと本当は、音楽演奏には大きすぎるぐらい。

あまちゃんバンドの方々は、百戦錬磨のプロですが、

最初に「潮騒のメモリー」を歌った、能年玲奈さんと橋本愛さんは、役者であって歌手ではないのに、

よく、4,000人とテレビで見ている数千万人の前で、「あまちゃん」本編のお座敷列車と同程度の適度な上手さと、

適度なヘタクソさの中間ぐらいの良い味をだしていましたね。


その後、2番を小泉今日子さん(天野春子役)が引き継ぎました

いうまでもなく、小泉さんは、元来プロのアイドルでしたが、数十年ぶりでのNHKホールしかも、紅白で、

余裕で歌っておられまして、さすが。

藥師丸さんはドラマの演出と全く同じ歌い方でしたが、何しろ紅白は初めてだそうで、

彼女は高校二年の夏休みに集中的に角川映画「セーラー服と機関銃」のエンディングを

歌い、その後「ザ・ベストテン」など生の歌番組で歌っていたのを私達の年第は知っております。

彼女は都立高校に通い、合唱部に所属していたそうですが、如何にもコーラス部の歌い方ですね。

で、本当は、藥師丸さんは、大変上手に歌えることを、ある世代以上は皆、良く知っているので、

ドラマ「あまちゃん」の登場人物としての女優、鈴鹿ひろ美が

すさまじい音痴という設定が可能だったのです(本当に音痴だったら、シャレになりません)。


前述しましたが、この時は弦楽合奏の伴奏の方も一人ずつの音がよくわかりますし、藥師丸さんも、

間違えたり、音程が悪ければ直ぐ分かる条件で、完璧でした。


最後の全員集合で「地元に帰ろうのサンババージョン」とか「暦の上でディセンバー」では、

「暦の上でディセンバー」を本当に歌っていた、能年玲奈さんと同じ事務所のアイドルグループ、

ベイビーレイズが出てました。あのコーナーはあくまで、「ドラマの続き」なので、劇中には登場しない

ベイビーレイズを紹介するわけには、行かなかったのでしょうが、字幕で紹介してあげても

良かったのでは、ないかと思いました。


それはさておき、元々音楽演奏が本業である、ミュージシャンの方々。

本業は女優であって、歌手ではない、能年玲奈さんと橋本愛さん、ドラマの正味の出番は

さほど多くはありませんでしたが、マメリン役足立梨花さん。

本業、又は、ほぼ本業の小泉今日子さんと薬師丸ひろ子さん、

よく、NHKホールの聴衆との前で、「各自がドラマ本編と同じ程度の上手さ」を保ってくれた

と思いますl。誰かがガチガチにアガって間違えると、興ざめです。

勿論、リハーサルを重ねたのでしょうけど、見事でした。


◆もう一度、謝辞。

「あまちゃん」放送終了から3ヶ月が経ちましたが、まだまだ懐かしいです。

よくぞNHKはこの規格を紅白にいれてくれました。

脚本の宮藤官九郎さん、音楽の大友良英さん、高井康生・Sachiko M ・江藤直子各氏、

バンドとストリングスのみなさん。

歌った役者、歌手のみなさん、虚構と現実の渾然一体となった、不思議な世界を見て、

あまちゃんファンのみならず、楽しい気分になったと思います。

有難うございました。


◆【追加】大友良英さんのブログ

ステージに、大友良英さんがいらっしゃることは見てわかりましたが、

万感の思いをご自身のブログに綴っていらっしゃいます。

大友良英のJAMJAM日記 紅白「あまちゃん 第157話」

あの「157話」全体に感動したみなさんにご一読をお薦めします。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

| | トラックバック (0)

2013.12.31

【御愛読御礼】1年間、弊日記を御愛読下さいまして、ありがとうございました。

◆通常の習慣に則り、喪中につき新年のご挨拶は失礼させて頂きます。

紙のハガキでは、喪中ハガキというのを出したのですが、

ちょうど1年前、1月3日に母が他界し、喪中なので、ネット上でも

新年のご挨拶は失礼させて頂きますが、

今年1年間の御愛読に御礼申しあげます。


◆大晦日は、「紅白」における「あまちゃん・続編」のおかげで、幸せでした。

昨夜(これを書いているのは元旦早朝です)、大晦日の紅白の中で、「あまちゃん」の続編がある、ベイビーレイズさんも

出られるというので、期待していましたが、期待以上の驚きの連続で、

私、いい歳をして恥ずかしいのですが、興奮の極に達したらしく、その後、寝てしまいまして、

謂わば「あまちゃん・スペシャル」から紅白終わりまで録画してあるので後で、再度見ますが、

あまりにも完璧。

宮藤官九郎さん、他人事みたいな顔をなさって、紅白審査員席におられましたが、

台本と、生で朝ドラの続編を演じた役者さんたち。

そしてNHKホールというのは、あれは行ってみるとわかりますが、ホールとしてはバカでかいのです。

昔、一度3階席からN響を聴いたことがありますが、本番前、ティンパニがチューニングをしていたら、

バチで太鼓を叩いた、その0.何秒後に音が届くのです。

空気中の音速は一気圧、気温15℃のとき、秒速約340メートルですから、100メートル近く音源からの距離があると、

約0.3秒遅れる。当たり前なんですが、それぐらい広い。


何を言いたいかというと、ステージに立つと、ものすごい数の観客がいるわけです。

さらに、テレビで中継され、紅白は海外にも届いていますので、何千万人が、リアルタイムで見ているのです。

それを意識したら、仮にド素人がNHKホールのステージに立ったら、頭の中が真っ白になり、何もできない恐れすら、あります。

次の(明日の)日記で詳しく書くつもりですが、取り急ぎ、所感を。


繰り返しになりますが、宮藤官九郎さんの脚本。演出。

謂わば「あまちゃん」第157話を生で演じた、役者さんたち。

歌うプロではないのに、「潮騒のメモリー」を歌った「潮騒のメモリーズ」(能年玲奈さん、橋本愛さん)。

久しぶりの大ステージの筈なのに余裕と貫録の小泉今日子さん、薬師丸ひろ子さん。

藥師丸さんの伴奏をした弦の方々。

架空アイドルグループGMTを演じた役者さん(お嬢さんたち)、アメ女のマメリン(足立梨花)さん、

「暦の上ではディセンバー」の本家本元、ベイビーレイズさん。

作曲・編曲の大友良英さん他のみなさん。

あまちゃんビッグバンドの皆さん。

録画を聴き直しても完璧です。さすがです。みなさん、プロ中のプロ。

粋な演出をして下さったNHK担当者の方々、スタッフの方々。


1年前の私は同じころ、急速に容態が悪化していく母親が気になり、暮れも正月もなかったのですが、

今年は、皆さんのおかげで楽しく年を締めくくり、新しい年を迎えることが出来ました。

随分、久しぶりに「嬉しい」「楽しい」という感情を意識したような気がします。

ありがとうございます。


最後になりましたが、弊日記をご覧下さっている皆様、

2014年のご多幸を念じております。

乱文、失礼致しました。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

2013.11.25

【紅白歌合戦】あれだけ盛り上げておいて、「あまちゃん」関連がない、ってなんだよ。

◆AKBグループは絶大な人気だが、多分「暦の上ではディセンバー」と「潮騒のメモリー」を知っている人の方が多い。

今年の紅白で、小泉今日子さんが25年ぶりに出て「潮騒のメモリー」を歌うか(藥師丸さんはないだろうという気がしましたが)、

あの、劇中架空アイドルグループ「アメ女」のミリオンセラー「暦の上ではディセンバー」を実際に歌っていた、

ベイビーレイズか、どちらかが出るかと思ったが結局、なにもありませんでした。


何故かしりませんが、NHKとAKBグループは、相思相愛で、10月からBSプレミアムで「AKB48ショー」という番組を

開始して、それには、姉妹グループのSKE48、NMB48、HKT48が出ていました。

NMB48は、昨年単独出場できず、悔しかったそうで、今年は嬉しいでしょう。彼女らに何の含みもありません。

しかし、AKBグループが絶大な人気を誇っているのは承知していますが、それでも毎日、日本中のあらゆる階層が見ることはない。


一方、朝ドラ「あまちゃん」は日本中が毎朝みていました。その劇中の、架空のヒット曲、

潮騒のメモリーと、暦の上ではディセンバーは、「あまちゃん」の平均視聴率が凡そ20パーセントだとすると、

2,600万人が何度も耳にしていたのですから、AKBグループの最大ヒット曲よりも、少なくとも今年に関しては、

より多くの日本人が、頭の中で何度も鳴らしたと思います。


ネット上で拝見する、ある紳士は、毎週のようにオーケストラ・コンサートに行く、クラシック好きですが、

あるとき、ブルックナーの交響曲を聴いた帰り道、頭の中で、「暦の上ではディセンバー」が鳴っていることに気がついた、

とかいておられました。それほど、皆の脳裏に焼き付いた。

2013年は、「あまちゃん」→「潮騒のメモリー」→「暦の上ではディセンバー」の年として長く歴史に名を留めるでしょう。


そのような、記念すべき曲を二つとも紅白で聴けないということで、NHKのセンスを疑います。


◆年末・年初の休みが長いのですから、年内に「あまちゃん」DVD-BOXを全部発売すれば良いのに・・・。

紅白で聞けないなら、DVDを全部、年内に発売するべきでした。

今年は、年末・年始休みが、1番長いひとだと12月28日(土)から、1月5日(日)まで、9連休になります。

不景気で旅行に出かけられないなら、皆、毎朝楽しみに見ていた「あまちゃん」全編をもう一度みるのに十分です。

NHKの朝ドラが、8時放送開始になった最初の作品は、「ゲゲゲの女房」ですが、

あまりにも好評だったので、DVD-BOX1は、まだドラマ放送中の、8月6日に発売。

DVD - BOX2は10月20日DVD - BOX3は、12月3日に発売で、年内に全部揃ったのです。


「あまちゃん」は、今更改めて言うまでもなく、放送中のみならず、放送後も続々と関連商品が売り出されています。

紅白の出場歌手を決定する担当者と、ドラマのDVD制作に関わる人々は多分全くお互いに関係がないのでしょうが、

それは、「客」である視聴者からすれば知ったことでは無い。


ただ、紅白にも出ない、DVDも年内に揃わない、というのは、NHKのサービス精神の欠如を

端的に物語っています。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

その他のカテゴリー

2010年参議院選挙 2012年衆議院選挙 2013年6月都議会議員選挙 2013年参議院選挙 2014年2月東京都知事選挙 2014年衆院選 2016年参議院選挙 ANA BSE EU IT JAL LINE NHK SNS TPP Twitter あまちゃん いじめ おすすめサイト お祝い お詫び アイドル アニメ・コミック インターネット インチキ更新 インフルエンザ ウィキリークス エッセイ オウム真理教問題 オバマ政権批判 オペラ オリンピック オーケストラ クラシック クラシック音楽 クリスマス クールビズ コンクール サヴァリッシュ先生 ジャズ スポーツ セキュリティ テレビ テロリズム デフレ トヨタリコール問題 トランペット ニュース ノロウイルス ノーベル賞 バレエ パソコン パラリンピック ビデオ・ニュース・ドットコム ピアノ・ピアニスト ブログ マスコミ批評 メンタルヘルス ヨーロッパ経済 ヴァイオリン 世界同時不況 中国 中東情勢 事業仕分け 交通・運輸 企業 何でも直ぐに忘れる日本人 公的自殺制度 共謀罪 冠婚葬祭 冤罪 募金 北朝鮮 医療 協奏曲 原発 反論 受験・試験 口蹄疫 号外 司法 吹奏楽 国会・国会議員 国際法 在日米軍 地球温暖化 声楽 大阪 大阪府・大阪市 大飯原発 天体観測・天文学 子育て 学問・資格 学童保育 宇宙 安保法案 安倍政権批判 安倍晋三自民党総裁批判 室内楽 小出助教 小泉政権批判 尖閣諸島 市場介入 弔事 弦楽器 御愛読御礼 御礼 心と体 情報管理 愚痴 感染症 憲法改正 戦争 打楽器 政治 救命救急 教育 文房具 新年御挨拶 日本人の褒め下手 日記・コラム・つぶやき 映画 映画・テレビ 暴風・突風・竜巻・風水害 書評 木管楽器 東北地方太平洋沖地震 東日本大震災 松本龍復興担当相 森麻季さん 構造改革 橋下大阪市長 橋下市長・大阪市批判 欧州危機 歌謡曲 歴史 母のガン闘病記録 民主党 民主党批判 気象現象 水野倫之解説委員 法律 消費税 為替 為替・株・債券市場 熱中症 牛肉放射能汚染 特定秘密保護法 犯罪 猛暑 環境保護団体 環境問題 皇室 社会福祉 福島原発 福田政権批判 私事 科学 税制 節電 紅白歌合戦 経済・政治・国際 翻訳 職業 臓器移植 自殺問題 自民党批判 自然災害 自衛隊海外派遣 航空機事故 芸術 菅直人政権 菅直人政権批判 被災地支援 裁判員制度 要人・国賓 訃報 認知症 認知症・アルツハイマー、痴呆 語学 選挙 郵政民営化 野田政権批判 金管楽器 金融危機 金融市場 金融政策 集団的自衛権 電力 電力不足 音楽 領土問題 鳩山政権批判 麻生政権批判