カテゴリー「医療」の記事

2015.11.13

日本で初めての生体肝移植から、今日で26年です。私が書くのは、13回目です。

◆毎年、同じことを書き写していますが、忘れてはいけない事だと思います。


1989(平成元)年の今日、日本で初めて、生体部分肝移植手術が行われました。

今では、脳死肝移植が行われても、さほどの大ニュースとして扱われなくなり、

勿論、脳死したドナーの方はお気の毒なのですが、むしろ移植は「普通の事」になりました。

しかし、それは、比較的最近のことです。

日本では長い間、臓器移植は「タブ-」でした。その禁を破ったのが、

当時の島根医科大学(現在の島根大学医学部)第二外科、当時助教授だった、

永末直文先生です。永末先生が映画「孤高のメス」の当麻医師のモデルです。

今、日本で臓器提供意思表示欄が、運転免許証や健康保険証にまで、

(臓器を提供するかしないかは勿論任意ですが)印刷されるようになりました。

全て、永末先生の職を賭しての「決断」のお陰です。


◆そもそもの始まり。

移植手術の患者は、生後間もない杉本裕弥ちゃんでした。生後1ヶ月検診で黄疸がある、と言われました。

山口県玖珂郡和木町、岩国市のすぐ北、広島との県境で開業していた木村直躬医師に、

裕弥ちゃんのおばあさんが、そのことを告げました。1988(昭和63)年12月のことです。

木村先生はエコー(超音波)で、ただちに、杉本裕弥ちゃんが、先天性胆道閉鎖症という病気である、と診断しました。

先天性胆道閉鎖症とは、生まれつき胆汁が流れ出る道がふさがっていて、胆汁が肝臓へ流れていかないので、

黄疸が段々強くなり、しまいには、肝硬変で死に至る病です。


◆杉本裕弥ちゃんは、移植以前に、胆道閉鎖症の専門家による手術をうけましたが、上手く行きませんでした。

この世に生を受けて間もない赤ん坊が、

可哀想なことに、何度も手術を受ける運命にあったのです。

木村先生の紹介で、地元山口県の国立岩國病院の小児外科により、胆管を何とか開く手術が行われました。

1度では上手く行かず、2度目の手術も失敗でした。

岩國病院の担当医から、木村先生(最初に裕弥ちゃんを診察した開業医の先生)の元に、手紙が来て、

「この子の予後はホープレス(望みがない)」とのことでした。残酷な宣告です。

それでも、裕弥ちゃんの家族は諦めませんでした。

木村先生に、何とか手段は無いか、と聞きました。先生は肝移植以外に道はない。といいました。

日本では、移植手術はタブーとされていました。

1968年札幌医大で行われた日本初の心臓移植手術の失敗が、その背景にありますが、その説明は省きます。

日本木村先生はオーストラリアの病院に問い合わせましたが、オーストラリアの病院は

「生体肝移植は難しくて無理だ。」という、つれない返事をよこしてきました。

しかし、木村先生も諦めませんでした。


◆木村先生は、「移植手術を頼むなら、島根医大の永末先生しかない」と考えました。

木村先生の頭に浮かんだのは、九州大学医学部の後輩で、広島赤十字病院で同僚だった永末直文医師でした。

木村先生は内科、永末先生は外科ですが、肝臓を専門とすることで共通していました。

木村先生がエコーで肝臓ガンを診断し、永末先生が切除可能な肝ガンの手術を6年間で200例も手がけていました。

木村先生は「生体肝移植を頼むなら、(島根医大に移った)永末君しかいない」と思いました。

永末先生は、最初あまり乗り気ではなく、オーストラリアの病院で手術を受けることを進めました。

これは、前述の通り当時の日本の医学界で「移植」という言葉はタブーだったのです。

このタブーを破った医師は、医師生命を絶たれる危険がありました。ですから、最初に永末先生が積極的ではなかったことも、

無理からぬことだったと言って良いでしょう。

ところが、木村先生は諦めませんでした。講演のため、広島に来た永末先生に会い、

とにかく裕弥ちゃんの診察だけでもしてくれ、と、頼みました。永末先生は引き受けました。

永末医師が初めて診る裕弥ちゃんは、黄疸が強く出ていて、溜まった腹水でおなかがパンパンに膨れて、静脈が浮き出ていました。

既に食道静脈瘤が出来ている可能性があり、これでは、いつ吐血してもおかしくない。

吐血しなくてもあと1ヶ月ほどの命、と永末先生は思いました。まだ、生後一年経っていない赤ん坊が肝硬変です。残酷な現実でした。

裕弥ちゃんの体力が移植手術に耐えられるか、五分五分だと考えました。


◆永末先生は裕弥ちゃんの家族にありのままを話しました。

永末医師は家族に客観的事実を説明しました。それは、


  • 正確なことは精密検査をしないと分からないが、移植手術は出来そうなこと。

  • 但し、島根医大の永末医師のグループでは生体肝移植の経験がないので、上手くいくかどうか保証できないこと。

  • 手術まで持ち込めても、裕弥ちゃんの全身状態があまりにも悪いので、手術に持ちこたえられずに亡くなる可能性も高いこと、


という内容でした。決して楽観出来る話ではありません。しかし、家族は必死でした。

永末医師は特に裕弥ちゃんの祖父政雄さんの言葉を強く覚えています。
このまま裕弥を死なせたら悔いが残ります。明弘(引用者注:裕弥ちゃんの父)の命に別状がないのなら、結果は問いません。是非手術をして下さい。

そして、政雄さんは、裕弥ちゃんの両親に言いました。
「明弘、寿美子さん。お前たちが両親なんだから、お前たちからはっきりお願いしなさい」

15秒ほどの沈黙の後、それまで寡黙だった明弘さん(裕弥ちゃんの父)が永末医師を正面から見つめ、言いました。
「お願いします」

その言葉に永末先生の気持ちが動きました。

「この人達は裕弥ちゃんを助けようと必死になっている。移植手術未経験だというのに、頼むという。

ここで失敗を恐れて背を向けたら、医師として最も大事なものを失ってしまう」と思ったのです。


◆永末先生は、島根医大第二外科全員に「この手術を断るぐらいなら、明日から肝移植の研究など止めてしまおう」と言いました。

永末先生の気持ちは固まりました。

当時永末先生は助教授でしたから、第二外科の部長中村教授の了解も取り付けました。

自分の研究室に戻った永末先生は、肝臓グループの医師たちに、裕弥ちゃんの生体肝移植を引き受けることにした、と言いました。

医師達は全員無言になりました。

「日本で初めての生体肝移植」であることに加え、裕弥ちゃんの症状が悪すぎる、と専門医たちは誰もが思ったのです。

スタッフが躊躇っているのを見て、永末先生は、言いました。

「我々は『肝移植』を標榜している。

赤ちゃんは死にかけている。家族は結果は問わないからやってくれという。責任は全て私が取る。

目の前の赤ちゃんを救えないような研究なら意味は無い。もしこの移植を拒むなら、明日から移植の研究など止めてしまおう。」

第二外科の河野講師(当時)はこの言葉を聞いて、身体が震えたといいます。皆同じ心境だったことでしょう。


◆中村教授は「永末君、君は全てを失うかも知れない、本当にそれでいいのか?」と心配しました。

手術を行うことが決まってから、永末先生は、中村教授の部屋で何度も話し合いました。

中村先生は、心配していました。

「永末君。僕はもう13年もここの教授をしていて思い残すことはない。福岡へ帰れば済む。

しかし、君はこの手術で全てを失うかも知れない。僕はそれがいちばん心配だ。本当に君はそうなってもかまわないのか」

その都度、永末先生は答えました。
「先生。大丈夫です。誰かがやらなければならないことを、私たちがやるだけです。これで弾劾されたら、福岡へ帰って開業します」

この言葉は、決断―生体肝移植の軌跡という本(是非、読んでいただきたい)で永末先生自身が書いている言葉です。

しかし、本当はもっと悲痛な覚悟でした。

後年、NHKの「プロジェクトX」に出たとき、永末先生は、医師を辞めることさえ覚悟していた、と話しました。

「私は英語が得意なので、学習塾の英語の先生をすれば、食べていけると思ったのです」

淡々と語る永末先生を見て、私は心の底から、永末先生を尊敬しました。

これほど立派な医師を見たことがありません。

裕弥ちゃんの移植手術そのものは成功しましたが、その後、ありとあらゆる合併症が起きました。

そして、手術から285日後、1990(平成2)年8月24日、午前2時32分、亡くなりました。1歳9ヶ月の生涯でした。

家族は、手術とその後の肝臓チームのすさまじい努力、裕弥ちゃんを救おうとする苦労を目の当たりにしていたので、

チーム全員に丁重にお礼をいいました。後年、裕弥ちゃんの弟が生まれました。

母親の寿美子さんは、永末直文医師の「直」と裕弥ちゃんの「弥」をとり、「直弥」と名付けました。

島根医大第二外科が初めての生体肝移植をしたのを見届けるように、その後、京大、信州大が、数多くの生体肝移植を成功させました。

それはそれで、良いことです。

しかし、何と云っても、「最初にやる」ことを決断する勇気と覚悟は、2番目以降とは比べものになりません。

島根医大第二外科の英断と死にものぐるいの努力がなければ、こうした道は今も開けていなかったでしょう。

島根医大は、今は島根大学医学部になってしまいましたが、それはこの歴史的事実の価値に比べればどうでも良い。

永末先生とそのチームの偉業は、日本の医療の歴史に永遠に刻まれるでしょう。

永末先生が中心となり、当時の移植チームのメンバーが、思いを綴った本、決断―生体肝移植の軌跡を是非、読んで下さい。


【読者の皆様にお願い】
是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

2015.08.24

(続)【体験記】眼科、白内障手術、術後経過。全て順調です。

◆先週の水曜日に左眼白内障の手術を受けました。

その話は、この直前のエントリ-、

2015.08.21【体験記】眼科、白内障手術は痛くも痒くも怖くもありません。

に、書きました。

世の中に白内障の手術に関する記述はゴマンとありますが、大部分はお医者さん側の説明です。

しかし、少し考えれば分かるように、ドクターは、何科のオペでもそうですが、患者がオペの時に受ける感覚とか

身体的異変(あるいは不変の場合もありましょう)、ダメージに関しては、観念的、

つまり教科書の書いてある程度にしかわからない。

オペを受けた側のあらゆる状況は受けた側にしか分からない。

口幅ったいようですが、その意味で私の「体験記」は結構、貴重だと思います。

実際にそういう感想をお二方から頂戴したので、調子に乗って続きを書きます。


◆他人事(ひとごと)だと思っているかもしれないが、80代になれば「白濁」は誰にでもあるそうです。

100%とはいわないまでも、高齢になると程度の差こそあれ、みなさん、水晶体が濁ります。

ただ、それが生活に不自由を感じさせる程度までに至る、その前に人生そのものが終わってしまう人もまた、

多いのでしょう。

いずれにせよ、前回、眼科のドクターの言葉をそのまま書きましたが、

白内障は(緑内障や、網膜の病気とちがって)手遅れ、ということがない。

のですが、若いこと、両目が裸眼で1.5だった私も特に理由がないまま、左眼が見えにくくなり手術になったのだから、

知っておいて損はないでしょ?


◆術後の経過は今のところ順調です。

術後に患者がするのは、オペの傷跡から細菌感染しないようにすること。

傷口に最近が入ると、目の中なんて、最近が喜ぶ栄養の宝庫ですから、

どんどん繁殖し、それならそれで早く処理しないと、最悪失明。

そこまでいかなくても白内障手術で、本来、術前よりも改善する筈に視力が、

余計悪くなります。

これは、患者の責任です。とは言っても難しいことではない。

これは全国共通かどうか知りませんが、私は、術後の感染を防ぐ為に、

抗生物質を含んだ点眼薬、「ベガモックス

そして、ステロイドを含む、術後の消炎鎮痛剤(実際には術後の痛みはありませんが)、「サンベタゾン

非ステロイド系の消炎鎮痛薬「ネバナック

の3種類の目薬を、5分間隔で(一遍に点すと、前のクスリを洗い流してしまうから)、1日に4回(朝、昼、晩、寝る前)に点眼すること。

24時間、術後メガネで目になにかゴミが入ったり、ましてや物理的に何処かにぶつけたりしないように保護する、とそれだけですが、

忠実に実行しています(実をいうと、3種類の目薬は、指定回数よりも1日に2回ぐらい余計に点眼することもありますが、ドクターに

その旨を申し上げても、別に何も言われませんでした)。


オペ(19日)の翌日から木・金・土と3日連続診察。問題なし。昨日の日曜日が休診日でしたから、

今日、月曜日に4度目の術後診察。「順調に回復してます」とのこと。視力は術後と同じく両眼1.2(矯正)を維持しています。

次回は木曜日の診察です。

完全にキズが塞がり、術後の目の状態が安定して新しいメガネを作るのは1ヶ月ほど先だそうです。

以上、オペ直後から変化しませんが、結論を書くならば、

白内障のオペは、痛くも怖くもありません。見えにくくて、原因が白内障だったら、早くオペを受けた方が良いです。

ということになります。

【読者の皆様にお願い】
是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

2015.08.21

【体験記】眼科、白内障手術は痛くも痒くも怖くもありません。

◆眼科の「白内障」ですからね?

冒頭から、しつこくてすみません。

これまでの経験から、人間は他人のことには大して興味がないことがわかっているので。

眼科・白内障とわざわざ書いたのは、白内障とだけかくと、きっと「白血病」と

いう、「風説が流布」されると思ったからです。


眼科の似たような名前の「緑内障」という病気は視野が狭くなり、失った視野は

回復しないが、症状の進行を防ぐことは出来る。

また網膜の病気も色々難しいらしいのです。これは私は専門家ではないから、

知ったかぶりはやめて、敢えて「らしいのです」にします。


◆白内障手術を一昨日(8月19日)に受けました。本当に簡単です。順調に回復してます。

白内障というのは、目のレンズに相当する水晶体が白濁するもので、

「白濁」自体は加齢と共に大抵の人に、程度の差こそあれ、起きるそうです。

それでも視力・視野に問題がなければ、別に何もしなくて良い。


私の場合は、見えにくいから手術して下さいと、頼んだのです。

私は、若い頃は両眼、裸眼1.5でしたが、40代後半から老眼(遠視)になりました。

そのままでは、近くが見えにくくて不便なので、さっさと諦めて老眼鏡を作って貰いました。

老眼は年を取ると度が進みますから

何年か毎に作り直す(レンズをオーダーメイドする)のが普通です。


昨年、その老眼鏡を作りなおそうと、いつものメガネ屋さんに行って視力を測定したら、

左右差がありすぎると言われました。左眼の方が見えにくく乱視もある。その程度も強い。

万が一、網膜の病気だったりすると最悪失明しますから、という親切心でしょう。

メガネ屋さんに眼科受診を勧められました。それは勤め先の近く(即ちそのメガネ屋さんの近所)

にある神田の眼科です。

白内障は最もありふれた眼科疾患のひとつなのでしょう。どこの開業医のサイトを見ても

説明が載っているし、検査もすぐにできます。

それはさておき、私の結果は

「白内障の気(け)はあるが、まだオペ(手術)適応ではない」

というものでした。そして、普通は白内障はオペ適応にまで症状が進むまで何年もかかるから

数ヶ月に1度眼科に見て貰えばよいでしょう、とのアドヴァイスを頂きました。


◆一応オペ適応基準の視力があるのですが・・・。

普通第一種運転免許更新時に矯正視力が0.7未満になると、更新出来ないので

それはオペ適応なのですが、実際には、さほど単純でも、

杓子定規に手術適応か否かを決めるのではありません。

私の場合、左眼だけ、後で検査して分かったのですが、水晶体の奥(後)側の真ん中辺りが白濁したので、

白濁の程度は大した事がないけれども左眼の視力だけが矯正しても極端に落ちていたのです。

パソコンのディスプレーを、勿論、今も見ながら、キーボードを叩いていますが、

50センチぐらい離れたところで、右眼だけならメガネをかければ全部読めましたが

今年の春ぐらいからでしょうか。左眼だけでは、全ての文字がぼやけるのです。

つまり全体として、生活等に不自由はないのですが、実際は右眼で殆どを見ていたということになります。

これで、右眼にゴミが入ったら、何も見えなくなるはずで、運転なんか危ないですから、

近所の眼科の先生に頼んで、手術をして頂きました。


◆手術の日程など決まれば、面倒はありません。

一応、採血して、全身状態に異常が無いか、みたりしますが、

それ以外は、特に。今週の水曜日19日が手術でしたが、

その4日前、8月15日(土)から、1日4回、朝・昼・晩・寝る前に抗生物質を含む目薬をさします。

これは術野を出来るだけ滅菌するためです。手術そのものよりも、傷口からの細菌感染の方が恐いぐらい

だそうです。

抗生剤含有点眼薬は手術前日まで。

当日は手術の3時間半前から2種類の散瞳点眼剤(瞳孔を拡げるくすり)を30分毎にさします。

そして手術時間の30分前ぐらいに眼科に到着します。


◆白内障オペの動画をYouTubeでみるとグロテスクですが、患者本人は何ともありません。

眼科医院に到着すると、十分に瞳孔が拡大しているかを見られて、それから手術までの間に何度か、

点眼薬をさされます。

YouTubeを「白内障手術」で検索すると約3,700件もヒットします。一見ちょっと気持ちが悪いのは、

術野を確保するために鉗子かなんかで、目を大きく拡げて固定しているからでしょうが、あれは、

患者は何ともありません。

水晶体の入っている水晶体嚢(のう)という薄い袋を3ミリぐらい切るので、その前に、

白目に注射を打って局部麻酔をかけます。強いてちょこっと痛みを感じるとしたらそのときでしょうが、

全然大した痛みではありません。怖がって頭部を動かしたりする方が危険です。

また、15分ぐらいの手術の間、目を開きっぱなしですが、

耐えず、生理食塩水かなんかしりませんが、水が流れているから、

まばたきしたくなることもありません。

動画サイトで「白内障手術の様子」を見ると、
「目の中に管を入れられたりして怖くないのか」

と、それが恐ろしげですが、手術をされている最中は、患者は近すぎて何をしてるか分からない。

どこをどのように処理されているか分からないから、恐怖心はありません。


気を付けるとすれば、繰り返しますが、何しろ細かい手術ですから、

身体は勿論、目も動かさないこと。術中に例えば咳き込みそうになったりくしゃみがでそうになったら、

普通に口は利けるから、早めにドクターかナースにその旨を知らせることです。そうすれば、一時オペを中断できます。


動画や、眼科医院のサイトで手順を説明しているWEBは無数にあります。どれも同じですから詳しくはそちらを。

とにかく濁った水晶体を細い管で吸い出して、その後に、人工レンズを入れます。

入れた瞬間、私は手術室で自分を真上から照らしていた照明器具の細部まではっきりと見えたので、

感動しました。先生に
「今、レンズを入れたのですか?」

と伺ったら、先生が「はい」と。そこで、私が、
「急に照明器具がはっきりと見えるようになったんです」

と言ったら、先生も、おおそれは良かった、と嬉しそうでした。

尤も、全員が私と同じではなく、人工レンズが馴染んで焦点が合うようになるまでに何日かを要する

ということもあるそうです。それは手術の上手・下手ではなく、各患者目の状態の違いとか個体差だと思います。

その日は目にぶ厚い眼帯を貼り付けて、15分ぐらい休んだら歩いて帰ることができます。

◆手術の翌日には眼帯を取れます。

勿論、術後の経過次第ですけど、大抵はそんなに大問題は白内障手術の間に発生しないのです。

私は、前述の通り、一昨日19日の午後3時にオペを受けて、帰宅し、

翌日、朝9時に眼帯を取り、感染などしていないかどうかドクターが診ますから、その後視力を

測定したら、いきなり左眼の矯正視力が1.2まで回復しました。両眼1.2でバランスがよくなったため、でしょう。

視力1.2という検査の数字以上に物が見えやすくなりました。

自分が、とにかく見えにくいと思ったら、さほど白濁が進行していなくても

眼科のドクターに相談して見ることをおすすめします。

その他詳しい事、一般的なことはネットで検索できますが、

専らドクター側からの説明で、手術を受けた患者の手記はネット上で発見し難いので、

専門的見地からは、不正確な記述があるかもしれませんが、それは大目に見て頂きたいのです。

要するに私は、

白内障の手術は痛くも、痒くも、怖くもありません。視力が回復すると気分が良いです。

と、申し上げたいのです。目の手術。目に麻酔注射をして目にメスを入れるというだけで

素人は怖がってしまうと思うのです。しかし、そんなの怖がって見えにくいのを我慢していると、

損ですよ。と、それが、結論です。

【読者の皆様にお願い】
是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

2014.11.13

日本で初めての生体肝移植から、今日で25年です。私が書くのは、12回目です。

◆毎年、同じことを書き写していますが、忘れてはいけない事だと思います。


1989(平成元)年の今日、日本で初めて、生体部分肝移植手術が行われました。

今では、脳死肝移植が行われても、さほどの大ニュースとして扱われなくなり、

勿論、脳死したドナーの方はお気の毒なのですが、むしろ移植は「普通の事」になりました。

しかし、それは、比較的最近のことです。

日本では長い間、臓器移植は「タブ-」でした。その禁を破ったのが、

当時の島根医科大学(現在の島根大学医学部)第二外科、当時助教授だった、

永末直文先生です。永末先生が映画「孤高のメス」の当麻医師のモデルです。

今、日本で臓器提供意思表示欄が、運転免許証や健康保険証にまで、

(臓器を提供するかしないかは勿論任意ですが)印刷されるようになりました。

全て、永末先生の職を賭しての「決断」のお陰です。


◆そもそもの始まり。

移植手術の患者は、生後間もない杉本裕弥ちゃんでした。生後1ヶ月検診で黄疸がある、と言われました。

山口県玖珂郡和木町、岩国市のすぐ北、広島との県境で開業していた木村直躬医師に、

裕弥ちゃんのおばあさんが、そのことを告げました。1988(昭和63)年12月のことです。

木村先生はエコー(超音波)で、ただちに、杉本裕弥ちゃんが、先天性胆道閉鎖症という病気である、と診断しました。

先天性胆道閉鎖症とは、生まれつき胆汁が流れ出る道がふさがっていて、胆汁が肝臓へ流れていかないので、

黄疸が段々強くなり、しまいには、肝硬変で死に至る病です。


◆杉本裕弥ちゃんは、移植以前に、胆道閉鎖症の専門家による手術をうけましたが、上手く行きませんでした。

この世に生を受けて間もない赤ん坊が、

可哀想なことに、何度も手術を受ける運命にあったのです。

木村先生の紹介で、地元山口県の国立岩國病院の小児外科により、胆管を何とか開く手術が行われました。

1度では上手く行かず、2度目の手術も失敗でした。

岩國病院の担当医から、木村先生(最初に裕弥ちゃんを診察した開業医の先生)の元に、手紙が来て、

「この子の予後はホープレス(望みがない)」とのことでした。残酷な宣告です。

それでも、裕弥ちゃんの家族は諦めませんでした。

木村先生に、何とか手段は無いか、と聞きました。先生は肝移植以外に道はない。といいました。

日本では、移植手術はタブーとされていました。

1968年札幌医大で行われた日本初の心臓移植手術の失敗が、その背景にありますが、その説明は省きます。

日本木村先生はオーストラリアの病院に問い合わせましたが、オーストラリアの病院は

「生体肝移植は難しくて無理だ。」という、つれない返事をよこしてきました。

しかし、木村先生も諦めませんでした。


◆木村先生は、「移植手術を頼むなら、島根医大の永末先生しかない」と考えました。

木村先生の頭に浮かんだのは、九州大学医学部の後輩で、広島赤十字病院で同僚だった永末直文医師でした。

木村先生は内科、永末先生は外科ですが、肝臓を専門とすることで共通していました。

木村先生がエコーで肝臓ガンを診断し、永末先生が切除可能な肝ガンの手術を6年間で200例も手がけていました。

木村先生は「生体肝移植を頼むなら、(島根医大に移った)永末君しかいない」と思いました。

永末先生は、最初あまり乗り気ではなく、オーストラリアの病院で手術を受けることを進めました。

これは、前述の通り当時の日本の医学界で「移植」という言葉はタブーだったのです。

このタブーを破った医師は、医師生命を絶たれる危険がありました。ですから、最初に永末先生が積極的ではなかったことも、

無理からぬことだったと言って良いでしょう。

ところが、木村先生は諦めませんでした。講演のため、広島に来た永末先生に会い、

とにかく裕弥ちゃんの診察だけでもしてくれ、と、頼みました。永末先生は引き受けました。

永末医師が初めて診る裕弥ちゃんは、黄疸が強く出ていて、溜まった腹水でおなかがパンパンに膨れて、静脈が浮き出ていました。

既に食道静脈瘤が出来ている可能性があり、これでは、いつ吐血してもおかしくない。

吐血しなくてもあと1ヶ月ほどの命、と永末先生は思いました。まだ、生後一年経っていない赤ん坊が肝硬変です。残酷な現実でした。

裕弥ちゃんの体力が移植手術に耐えられるか、五分五分だと考えました。


◆永末先生は裕弥ちゃんの家族にありのままを話しました。

永末医師は家族に客観的事実を説明しました。それは、


  • 正確なことは精密検査をしないと分からないが、移植手術は出来そうなこと。

  • 但し、島根医大の永末医師のグループでは生体肝移植の経験がないので、上手くいくかどうか保証できないこと。

  • 手術まで持ち込めても、裕弥ちゃんの全身状態があまりにも悪いので、手術に持ちこたえられずに亡くなる可能性も高いこと、


という内容でした。決して楽観出来る話ではありません。しかし、家族は必死でした。

永末医師は特に裕弥ちゃんの祖父政雄さんの言葉を強く覚えています。
このまま裕弥を死なせたら悔いが残ります。明弘(引用者注:裕弥ちゃんの父)の命に別状がないのなら、結果は問いません。是非手術をして下さい。

そして、政雄さんは、裕弥ちゃんの両親に言いました。
「明弘、寿美子さん。お前たちが両親なんだから、お前たちからはっきりお願いしなさい」

15秒ほどの沈黙の後、それまで寡黙だった明弘さん(裕弥ちゃんの父)が永末医師を正面から見つめ、言いました。
「お願いします」

その言葉に永末先生の気持ちが動きました。

「この人達は裕弥ちゃんを助けようと必死になっている。移植手術未経験だというのに、頼むという。

ここで失敗を恐れて背を向けたら、医師として最も大事なものを失ってしまう」と思ったのです。


◆永末先生は、島根医大第二外科全員に「この手術を断るぐらいなら、明日から肝移植の研究など止めてしまおう」と言いました。

永末先生の気持ちは固まりました。

当時永末先生は助教授でしたから、第二外科の部長中村教授の了解も取り付けました。

自分の研究室に戻った永末先生は、肝臓グループの医師たちに、裕弥ちゃんの生体肝移植を引き受けることにした、と言いました。

医師達は全員無言になりました。

「日本で初めての生体肝移植」であることに加え、裕弥ちゃんの症状が悪すぎる、と専門医たちは誰もが思ったのです。

スタッフが躊躇っているのを見て、永末先生は、言いました。

「我々は『肝移植』を標榜している。

赤ちゃんは死にかけている。家族は結果は問わないからやってくれという。責任は全て私が取る。

目の前の赤ちゃんを救えないような研究なら意味は無い。もしこの移植を拒むなら、明日から移植の研究など止めてしまおう。」

第二外科の河野講師(当時)はこの言葉を聞いて、身体が震えたといいます。皆同じ心境だったことでしょう。


◆中村教授は「永末君、君は全てを失うかも知れない、本当にそれでいいのか?」と心配しました。

手術を行うことが決まってから、永末先生は、中村教授の部屋で何度も話し合いました。

中村先生は、心配していました。

「永末君。僕はもう13年もここの教授をしていて思い残すことはない。福岡へ帰れば済む。

しかし、君はこの手術で全てを失うかも知れない。僕はそれがいちばん心配だ。本当に君はそうなってもかまわないのか」

その都度、永末先生は答えました。
「先生。大丈夫です。誰かがやらなければならないことを、私たちがやるだけです。これで弾劾されたら、福岡へ帰って開業します」

この言葉は、決断―生体肝移植の軌跡という本(是非、読んでいただきたい)で永末先生自身が書いている言葉です。

しかし、本当はもっと悲痛な覚悟でした。

後年、NHKの「プロジェクトX」に出たとき、永末先生は、医師を辞めることさえ覚悟していた、と話しました。

「私は英語が得意なので、学習塾の英語の先生をすれば、食べていけると思ったのです」

淡々と語る永末先生を見て、私は心の底から、永末先生を尊敬しました。

これほど立派な医師を見たことがありません。

裕弥ちゃんの移植手術そのものは成功しましたが、その後、ありとあらゆる合併症が起きました。

そして、手術から285日後、1990(平成2)年8月24日、午前2時32分、亡くなりました。1歳9ヶ月の生涯でした。

家族は、手術とその後の肝臓チームのすさまじい努力、裕弥ちゃんを救おうとする苦労を目の当たりにしていたので、

チーム全員に丁重にお礼をいいました。後年、裕弥ちゃんの弟が生まれました。

母親の寿美子さんは、永末直文医師の「直」と裕弥ちゃんの「弥」をとり、「直弥」と名付けました。

島根医大第二外科が初めての生体肝移植をしたのを見届けるように、その後、京大、信州大が、数多くの生体肝移植を成功させました。

それはそれで、良いことです。

しかし、何と云っても、「最初にやる」ことを決断する勇気と覚悟は、2番目以降とは比べものになりません。

島根医大第二外科の英断と死にものぐるいの努力がなければ、こうした道は今も開けていなかったでしょう。

島根医大は、今は島根大学医学部になってしまいましたが、それはこの歴史的事実の価値に比べればどうでも良い。

永末先生とそのチームの偉業は、日本の医療の歴史に永遠に刻まれるでしょう。

永末先生が中心となり、当時の移植チームのメンバーが、思いを綴った本、決断―生体肝移植の軌跡を是非、読んで下さい。


【読者の皆様にお願い】
是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

2014.11.03

「尊厳死宣言の米女性死亡 自宅で服薬、家族に見守られ」←私は「公的自殺制度の提案」を既に書きました。

◆記事:尊厳死宣言の米女性死亡 自宅で服薬、家族に見守られ(共同通信 2014/11/03 13:51)

脳腫瘍で余命わずかと宣告され、「尊厳死」を選ぶと宣言していた米西部オレゴン州の女性

ブリタニー・メイナードさん(29)が予告通り1日、自宅で医師から処方された薬を服用し死亡した。

米メディアが2日報じた。

メイナードさんが活動を支持していた尊厳死を推進するグループのスポークスマンは、メイナードさんが自宅の寝室で、

家族ら愛する人たちの腕の中で穏やかに亡くなったと述べた。

メイナードさんは亡くなる当日、交流サイト、フェイスブックのページに

「愛する家族、友だちよさようなら。世界は美しいところ。旅はいつも私の最良の教師だった」などと書き込んだ。


◆コメント:放置、或いは治療しても最期は苦しむのが分かっているのに最期まで生きろという方が無責任です。

特にガンですが、いつまで経っても、頭が良いのが自慢の医学者たちが、

完全に治せるようにしてくれません。なまじ治療を受けると副作用に苦しみます。お袋でよく分かりました。

どんどん衰弱していって、そのくせかなり末期まで患者の意識が明瞭なのが、ガンの残酷なところです。


自分が死ぬ、と分かっていて、その過程を冷静に観察して静かになくなった方もいますが、ふつうは 無理です。

ガンにならなくても、人間というのは、好きで生まれてきた訳ではないし、

全ての人が、出来るだけ健康で長生きしたい、という大前提を無言のうちに強制するのは正しくない。

そこで私は、8月に

2014.08.18 公的自殺制度の提案。

を書きました。

反対の方の意見は宗教的理由(カトリックでは自殺は許されない)とかいいますが、日頃それほど経験なクリスチャンばかりでしょうか。

また、カトリックの信者をやめるのに何か決まりは無いはずです。信仰を止めたと思えば信者ではない。

また、医学者はこれは従来で法的に定義するところの「安楽死」や「尊厳死」ではない。自殺だといいます。

そうです。今までに無い制度だから創設に値いする。逃れがたい苦痛から解放されるまでは許されないとか、

そんなの、他人が決めることではない、と思います。痛みもない、冷静な状態で、あとのことはどうして、

それじゃ死にます、というのが悪い事でしょうか?

公的な自殺がないから、飛び込み(電車の人身自殺)が起きてみな「馬鹿野郎」とか「迷惑をかけないように死ね」とか

言うじゃ無いですか。だから制度化すればいい。少子高齢化の問題も解決します。

好きな事をして、好きなだけ食べて、飲んで、吸って、このままじゃ糖尿だ、肝硬変だ、あ、もう肺ガンだとなったら、

痛む前に、「じゃ、お先」、という方が健全です。

遺産分割の方法を被相続者が、生前にはっきりさせておけば子供達が揉めることもありません。


8月にも書きましたが、
「認知症になったら安楽死させて欲しい」

というやり方は、似てますが、いくらでも保険金殺人に悪用できるのでダメです。


もう一度繰り返します。好きで生まれてきたわけではないし、楽しいことなどもうなくてもいい。苦しまないうちに

既に十分生きたから死にたい、という「公的自殺制度」は、このニュースの様に余命が分かっていなくても

認めるべきだと思います。随分気が楽になります。自然に死ぬまでまたなくてはいけないから、

やれ、健康に気を付けようとか老後の資金は大丈夫か?などと下らない心配をしなければならないのではないでしょうか。

【読者の皆様にお願い】
是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

2014.06.06

PTSDの患者は急増しているのですから、一層の啓蒙が必要だと思います。

◆先日無差別殺人未遂とPTSDに関して書いた続き。

前回は、AKB握手会での無差別殺人未遂事件の直後で、

人々は被害者が「アイドル」であるためが、反応が冷ややかです。アイドルだろうがなんだろうが、

あんなのは、「誰でも良かった。人を殺したかった」とほざく小僧の被害者でしか無い。

被害者が責められる理由は、ありません。

誰にでも同じようなことは起こり得る。


原因が犯罪ではなく、東日本大震災の被災者に、実際、PTSDを発症している患者さんも

多い。PTSD患者は日本で急増しているのです。


私は今でも2ヶ月に1度遷延性うつ病の診察・治療の為、大学病院の精神科に通院してます。

今日が通院日でした。主治医の専門はうつ病ですが、

「PTSDになりそうなトラウマを抱えた人を事前にケアすることはできないものか」質問しました。


ドクターによると、

強いトラウマを抱えて既に急性ストレス障害(ASD)の症状を呈するなど、

時間を経てPTSDに移行する可能性が高い場合は、精神医学的介入が必要である。

他の精神的疾患、障害と同様に「これで確実」という単一の治療法があるわけではないが、

薬物療法と行動療法の併用などが、近年試行されている。

薬は抗うつ薬の一種、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)がPTSDの治療(予防)に

有効である、という報告がある。

行動療法とは、「怖い記憶を抑圧してしまい、それが突如フラッシュバックとして噴出する」のが

典型的なPTSDの症状の1つであるから、敢えてその恐怖体験を抑圧せずに

PTSD治療を専門とする精神科医やカウンセラーの同席の場所で、

トラウマの原因となった状況を言葉にだして再現(説明・描写)してみるという方法がある。

というわけで、特に東日本大震災ほどのものすごい恐怖の体験の後だけに、

PTSD対策が急務である、ということは、専門家は、十分承知しているのでした。

PTSDを放置すると、再び、トラウマとなるような事件・事故に遭遇するのを恐れるあまり、

それまで、完全に精神的に健康だった人でも、「引きこもり」になってしまうことがあるそうです。


いつも同じことを書きますが、ちょっと考えれば分かる通り、

東日本大震災ほどの強烈な自然災害や、事故・犯罪の被害者となる、

あるいは、それらを目撃することにより、あなたも私も明日、大変なトラウマを

抱えてしまう可能性がある。もしも、あなたが、
自分は、強靱な精神力を持っている。精神科の世話になるような「弱い」人間ではない。

と、本気で思っているとしたら、バカです。それはあたかも、
自分は毎日ランニングをし、筋力トレーニングをし、身体を鍛えているからガンになることはない。

と言っているようなものです。関係無い。

誰にでもどのような不幸が何時襲うかわからない。その結果、

医学的対応の世話になることは全く恥ではないのです。しかし特に精神科に関しては、

いつの時代になっても偏見が残る。だから、こうして私は何度も、

それは別に特別のことではないのだ、と書き続けるのです。

【読者の皆様にお願い】
是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

2014.02.01

約20年ぶりに風邪をひいたと思ったら、インフルエンザでした。

◆ここ20年ぐらい風邪はひいたことがありませんでした。

子供の頃は、めっぽう身体が弱く、一ヶ月に一度が熱をだして学校を休んでいましたが、

それは、小学校の3年の1学期までで、3年の夏休みに学校のプールの水泳教室で、

それまで全く泳げず、浮くことも出来ないと、「無級」で「ダルマ浮き」ができると「10級」で

そのいずれももっていなかったのですが、辛うじて浮いて、5メートル泳げるようになり「9級」を、

獲った時の喜びを覚えておりますが、その次の二学期から、急に風邪をひかなくなりました。


あれも、一種、自分が「身体が弱い」という「自己レッテル貼り」だったのかもしれません。

それでも、人並みに、年に一度か二度は風邪をひく、という状況が続き、


なんと成人してから、当時の国立第一病院(今の国立国際医療センター)の耳鼻科で

扁桃腺切除術適応だ、といわれ、オペ(簡単です)をうけて、一週間入院してから、

より一層、風邪をひきにくくなりました。それでもまだひいてました。


ロンドン駐在員の時に、あっちの人は食事が偏ってるので、サプリメントが発達するのでしょう。

そこら中でやすく、含有成分量が多い、単体ビタミン、マルチ・ビタミン&ミネラルを服用しはじめ、

帰国してからも飲み続けたら、何だか全然風邪をひかなくなりました。


◆今週水曜日に少し「咳っぽい」かな?と思ったのが始まりです。

「咳っぽい」という日本語は本当は正しく無いと思いますが、

気管支のような奥の方ではなくて、のどの辺りがやや、いがらっぽいといいましょうか。

ひっきりなしに、ではなく、まれに咳払いをしたくなる感じ、でした。私の場合は、何らかの原因で

ホコリなどを吸い込むのでしょうか。こういう状態になることが前にもあり、他の症状はない。

そういうときには、大抵「龍角散」で治ったのですが、夕方になっても治らない。

あいにく水曜日は、普段、降圧剤を処方して頂く最寄りの内科医院の休診日でしたので、

別の医院に行きましたら、「最近そのような『咳風邪』が流行っています」という説明で、

そのドクターは漢方を好む方で、「五虎湯」(ごことう)という、西洋医学の鎮咳去痰剤(ちんがいきょたんざい)

に相当する漢方薬を処方してくださいました。翌木曜日朝は熱もないし、五虎湯の効果があったのか、

喉のいがらっぽさが減じていましたので普通に会社で働きました。


ところが、問題は木曜日の夜で熱が38度台にまで上がりましたが、かねて自己責任で実行している、

ビタミンCを大量に、そして鎮痛解熱剤を併せて飲んでねたら、金曜日の朝には37度1分まで熱がさがり、

咳もくしゃみもでません。出社して働きました。


普通に作業できるのですが、やはり熱っぽい。しかし、インフルエンザの典型症状といわれている、

普通にしていられないほどの高熱、悪寒、震え、関節痛、などは一向にないので、一体これは、

どういう風邪だろう、と思いつつ、医療用サージカル・マスクで鼻と口を覆い。鼻水は多少でるので、

鼻をかむ度に、常時携帯している手指消毒用エタノール(アルコール)スプレーで、万が一の場合にも、

周囲に病原体を拡散しないように務めました。


◆今日、インフルエンザと診断されました。

金曜日の帰宅後、検温したら、38度台。安静にしていたら、夜には37度台前半。

土曜日の朝は、また38度前後。喉の腫れを感じ、最寄りでかかりつけの内科医院で

診て頂いたら、インフルエンザ検査しましょうということになり、結果は陽性でした。

インフルエンザ検査キットによる検査は、ウィルスそのものを抽出するわけではなく、

インフルエンザウイルスに感染したことにより、人体の免疫機構が造る「抗体」を

検出するだけですから、今、もっとも流行しているA香港型か、あるいは、2009年に

「新型インフルエンザ」だといって、世の中がパニックになり、マスクも消毒液も医療機関ですら

不足して世の中が大変混乱した、所謂「豚インフル」(H1N1亜型)か何かは、わかりません。

予防接種(ワクチン)は受けていなかったのですが、それは、ずっとそうで、一番最近ワクチンを打ったのは、

もう10年以上前、倅が中学受験した年でした。ですから、ワクチンを打とうが打つまいが、あまり

変わらないし、ワクチンを打っていると、たとえ、感染発症しても、軽い症状で済むという人もいますが、

それも「俗説」で、私はワクチンを打っていませんでしたが、前述のとおり、インフルエンザの典型的な

症状が全くなかったので、非常に個人差があると思います。


しかし、インフルエンザというのは、考え方によっては対処しやすい病気です。

病原体そのものを殺す、「抗ウイルス薬」(タミフル、リレンザなど)が存在するから、です。

私は「リレンザ」を処方されまして、これは、「豚インフル」大流行の時に倅が処方され、使い方を

調べたので、使い方そのもの、というよりも情報源を覚えていました。

勿論、薬局で説明はされますし、図解説明書を渡されますが、日本販売元の、

グラクソ・スミス・クライン社のサイトに

「リレンザの吸入方法について」ビデオによる解説

というページがあります。これが、一番分かり易いとおもいます(タミフルは単に経口投与するカプセルです)。


豚インフルの時の息子は、その数ヶ月前、別の型のウイルスによるインフルエンザにも感染していたので、

当たり前ですが、ウイルス型が違えば、一旦、インフルエンザになろうが、ワクチンを打とうが

抗体が身体にできていないインフルエンザには感染することがよく分かります。

それは、余談ですが、つまり2009年は短期間の間に二度も息子がリレンザを処方され、

使い方をネットで(私が)検索したので、情報源の在処を覚えていた、というわけです。


A香港型だろうが、H1N1亜型だろうが、症状は2日間ほど抗ウイルス薬を投与すると見事に軽減しますが、

ウイルスは、依然として身体の中で生きていて、その状態で外出すると、世間にインフルエンザウイルスを

まき散らすことになり、正に「社会の迷惑」ですから、5日間は抗インフル薬を飲み続け、

会社や学校に行っては、いけません。

と、別に「病気」自体は「自慢」になるわけはないのですが、インフルエンザといっても、

これぐらいの文章を打つことが出来る位、自覚症状としては、軽いのもあるので、却って要注意です。

ということを申し上げたかったのと、逆の見方をすれば、インフルだからといって、みなゼイゼイと苦しむ訳ではない

ということもお見せしたかったので、「インフル日記」をしたためた次第です。

【読者の皆様にお願い】
是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

2013.11.12

11回目です。24年前(1989年)の11月13日、日本で初めての生体肝移植が行われました。

◆毎年、同じことを書き写していますが、忘れてはいけない事だと思います。

今では、脳死肝移植が行われても、さほどの大ニュースとして扱われなくなり、

勿論、脳死したドナーの方はお気の毒なのですが、むしろ移植は「普通の事」になりました。

しかし、それは、比較的最近のことです。

日本では長い間、臓器移植は「タブ-」でした。その禁を破ったのが、

当時の島根医科大学(現在の島根大学医学部)第二外科、当時助教授だった、

永末直文先生です。永末先生が映画「孤高のメス」の当麻医師のモデルです。

今、日本で臓器提供意思表示欄が、運転免許証や健康保険証にまで、

(臓器を提供するかしないかは勿論任意ですが)印刷されるようになりました。

全て、永末先生の職を賭しての「決断」のお陰です。


◆そもそもの始まり。

移植手術の患者は、生後間もない杉本裕弥ちゃんでした。生後1ヶ月検診で黄疸がある、と言われました。

山口県玖珂郡和木町、岩国市のすぐ北、広島との県境で開業していた木村直躬医師に、

裕弥ちゃんのおばあさんが、そのことを告げました。1988(昭和63)年12月のことです。

木村先生はエコー(超音波)で、ただちに、杉本裕弥ちゃんが、先天性胆道閉鎖症という病気である、と診断しました。

先天性胆道閉鎖症とは、生まれつき胆汁が流れ出る道がふさがっていて、胆汁が肝臓へ流れていかないので、

黄疸が段々強くなり、しまいには、肝硬変で死に至る病です。


◆杉本裕弥ちゃんは、移植以前に、胆道閉鎖症の専門家による手術をうけましたが、上手く行きませんでした。

この世に生を受けて間もない赤ん坊が、

可哀想なことに、何度も手術を受ける運命にあったのです。

木村先生の紹介で、地元山口県の国立岩國病院の小児外科により、胆管を何とか開く手術が行われました。

1度では上手く行かず、2度目の手術も失敗でした。

岩國病院の担当医から、木村先生(最初に裕弥ちゃんを診察した開業医の先生)の元に、手紙が来て、

「この子の予後はホープレス(望みがない)」とのことでした。残酷な宣告です。

それでも、裕弥ちゃんの家族は諦めませんでした。

木村先生に、何とか手段は無いか、と聞きました。先生は肝移植以外に道はない。といいました。

日本では、移植手術はタブーとされていました。

1968年札幌医大で行われた日本初の心臓移植手術の失敗が、その背景にありますが、その説明は省きます。

日本木村先生はオーストラリアの病院に問い合わせましたが、オーストラリアの病院は

「生体肝移植は難しくて無理だ。」という、つれない返事をよこしてきました。

しかし、木村先生も諦めませんでした。


◆木村先生は、「移植手術を頼むなら、島根医大の永末先生しかない」と考えました。

木村先生の頭に浮かんだのは、九州大学医学部の後輩で、広島赤十字病院で同僚だった永末直文医師でした。

木村先生は内科、永末先生は外科ですが、肝臓を専門とすることで共通していました。

木村先生がエコーで肝臓ガンを診断し、永末先生が切除可能な肝ガンの手術を6年間で200例も手がけていました。

木村先生は「生体肝移植を頼むなら、(島根医大に移った)永末君しかいない」と思いました。

永末先生は、最初あまり乗り気ではなく、オーストラリアの病院で手術を受けることを進めました。

これは、前述の通り当時の日本の医学界で「移植」という言葉はタブーだったのです。

このタブーを破った医師は、医師生命を絶たれる危険がありました。ですから、最初に永末先生が積極的ではなかったことも、

無理からぬことだったと言って良いでしょう。

ところが、木村先生は諦めませんでした。講演のため、広島に来た永末先生に会い、

とにかく裕弥ちゃんの診察だけでもしてくれ、と、頼みました。永末先生は引き受けました。

永末医師が初めて診る裕弥ちゃんは、黄疸が強く出ていて、溜まった腹水でおなかがパンパンに膨れて、静脈が浮き出ていました。

既に食道静脈瘤が出来ている可能性があり、これでは、いつ吐血してもおかしくない。

吐血しなくてもあと1ヶ月ほどの命、と永末先生は思いました。まだ、生後一年経っていない赤ん坊が肝硬変です。残酷な現実でした。

裕弥ちゃんの体力が移植手術に耐えられるか、五分五分だと考えました。


◆永末先生は裕弥ちゃんの家族にありのままを話しました。

永末医師は家族に客観的事実を説明しました。それは、


  • 正確なことは精密検査をしないと分からないが、移植手術は出来そうなこと。

  • 但し、島根医大の永末医師のグループでは生体肝移植の経験がないので、上手くいくかどうか保証できないこと。

  • 手術まで持ち込めても、裕弥ちゃんの全身状態があまりにも悪いので、手術に持ちこたえられずに亡くなる可能性も高いこと、


という内容でした。決して楽観出来る話ではありません。しかし、家族は必死でした。

永末医師は特に裕弥ちゃんの祖父政雄さんの言葉を強く覚えています。
このまま裕弥を死なせたら悔いが残ります。明弘(引用者注:裕弥ちゃんの父)の命に別状がないのなら、結果は問いません。是非手術をして下さい。

そして、政雄さんは、裕弥ちゃんの両親に言いました。
「明弘、寿美子さん。お前たちが両親なんだから、お前たちからはっきりお願いしなさい」

15秒ほどの沈黙の後、それまで寡黙だった明弘さん(裕弥ちゃんの父)が永末医師を正面から見つめ、言いました。
「お願いします」

その言葉に永末先生の気持ちが動きました。

「この人達は裕弥ちゃんを助けようと必死になっている。移植手術未経験だというのに、頼むという。

ここで失敗を恐れて背を向けたら、医師として最も大事なものを失ってしまう」と思ったのです。


◆永末先生は、島根医大第二外科全員に「この手術を断るぐらいなら、明日から肝移植の研究など止めてしまおう」と言いました。

永末先生の気持ちは固まりました。

当時永末先生は助教授でしたから、第二外科の部長中村教授の了解も取り付けました。

自分の研究室に戻った永末先生は、肝臓グループの医師たちに、裕弥ちゃんの生体肝移植を引き受けることにした、と言いました。

医師達は全員無言になりました。

「日本で初めての生体肝移植」であることに加え、裕弥ちゃんの症状が悪すぎる、と専門医たちは誰もが思ったのです。

スタッフが躊躇っているのを見て、永末先生は、言いました。

「我々は『肝移植』を標榜している。

赤ちゃんは死にかけている。家族は結果は問わないからやってくれという。責任は全て私が取る。

目の前の赤ちゃんを救えないような研究なら意味は無い。もしこの移植を拒むなら、明日から移植の研究など止めてしまおう。」

第二外科の河野講師(当時)はこの言葉を聞いて、身体が震えたといいます。皆同じ心境だったことでしょう。


◆中村教授は「永末君、君は全てを失うかも知れない、本当にそれでいいのか?」と心配しました。

手術を行うことが決まってから、永末先生は、中村教授の部屋で何度も話し合いました。

中村先生は、心配していました。

「永末君。僕はもう13年もここの教授をしていて思い残すことはない。福岡へ帰れば済む。

しかし、君はこの手術で全てを失うかも知れない。僕はそれがいちばん心配だ。本当に君はそうなってもかまわないのか」

その都度、永末先生は答えました。
「先生。大丈夫です。誰かがやらなければならないことを、私たちがやるだけです。これで弾劾されたら、福岡へ帰って開業します」

この言葉は、決断―生体肝移植の軌跡という本(是非、読んでいただきたい)で永末先生自身が書いている言葉です。

しかし、本当はもっと悲痛な覚悟でした。

後年、NHKの「プロジェクトX」に出たとき、永末先生は、医師を辞めることさえ覚悟していた、と話しました。

「私は英語が得意なので、学習塾の英語の先生をすれば、食べていけると思ったのです」

淡々と語る永末先生を見て、私は心の底から、永末先生を尊敬しました。

これほど立派な医師を見たことがありません。

裕弥ちゃんの移植手術そのものは成功しましたが、その後、ありとあらゆる合併症が起きました。

そして、手術から285日後、1990(平成2)年8月24日、午前2時32分、亡くなりました。1歳9ヶ月の生涯でした。

家族は、手術とその後の肝臓チームのすさまじい努力、裕弥ちゃんを救おうとする苦労を目の当たりにしていたので、

チーム全員に丁重にお礼をいいました。後年、裕弥ちゃんの弟が生まれました。

母親の寿美子さんは、永末直文医師の「直」と裕弥ちゃんの「弥」をとり、「直弥」と名付けました。

島根医大第二外科が初めての生体肝移植をしたのを見届けるように、その後、京大、信州大が、数多くの生体肝移植を成功させました。

それはそれで、良いことです。

しかし、何と云っても、「最初にやる」ことを決断する勇気と覚悟は、2番目以降とは比べものになりません。

島根医大第二外科の英断と死にものぐるいの努力がなければ、こうした道は今も開けていなかったでしょう。

島根医大は、今は島根大学医学部になってしまいましたが、それはこの歴史的事実の価値に比べればどうでも良い。

永末先生とそのチームの偉業は、日本の医療の歴史に永遠に刻まれるでしょう。

永末先生が中心となり、当時の移植チームのメンバーが、思いを綴った本、決断―生体肝移植の軌跡を是非、読んで下さい。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

2013.08.08

人間の身体って分からないことだらけなのでしょうね。

◆経験的に申しあげると、ドクターにも分からないことが沢山あるようです。

それは、仕方が無いことだとおもうのです。

ただ、患者の立場からお願いしたいのは、確信が無い場合は勿論、有る場合もあまり患者を怯えさせないほうが得策だ、

と思うのです。

のっけから自分の話ではなくて、愚息が生まれた直後のことなのですが、

初めての子供というのは、親は緊張します。あたりまえです。

子供がお世話になるのは、小児科のドクターですが、御存知のかたも多いでしょうが、子供は「小型の大人」ではなく、

また、成長途上の別の段階の生物と考えるべきもの、のようで、完全に専門的な診療科目なんですね。

むかーしから、小児科は存在しますが、どうも今でも分からないことが多いようです。

愚息がまだ乳児の頃、定期健診に行くわけですね。家内が連れて行く。

母子手帳をみると、生後の時間と、身長・体重のおおよその目安が載っています。

当然、一人一人、身体が成長してゆくスピードは異なるだろう、と素人でも推測できるのですが、

私の場合、はっきり書きますが「運悪く」妙に標準値にこだわるドクターに当たってしまいました。

お宅のお子さん(せがれです)は、標準より、身長も体重も増え方が遅い。首が据わるのも遅い。

と、悪意はないけど、結構経験を積んだ年齢にお見受けするのですが、要するに融通がきかないというか、頭が堅いというか、

クソ真面目の教科書どおりで、さらに追い討ちをかけてきました。
このように、身体がなかなかシャキッとしない、グンニャリした赤ちゃんを「フロッピー・インファント」といいます。立派な病気です。

私は無論素人ですけど、「えー、大袈裟なんじゃ無いですかあ?もう少し様子を見ないとわからないのでは?」と思ったのですが、

その先生は、開業医でありながら、某大学病院の勤務医も兼ねていたかというか、時々顔を出すらしい。

早速、脳に異常がないか、頭部CTスキャンを撮りましょうと大袈裟な話になりました。

土曜日に行きましたよ。結果特に異常はないのですが、厳格なドクターは何処までも厳格で、

しばらく様子をみて、1年6ヶ月を過ぎても歩かなかったら、すぐに筋肉に電流を通す検査をします、といいます。

それまで、少しでも成長が早まるように、と某大学病院の小児リハビリ室とやらに、月一回通って、立ち上がったりしゃがんだりの

体操をするように、指導されたのですが、親の直感で、どう見てもそれほどの異常があるとは思えず、

自宅でそのリハビリ体操を子供にさせることはありませんでした。

厳格な自信たっぷりの、如何にも「私は頭がいいのだぞ」というオーラに満ちあふれていた開業医の予言は見事に外れ、

せがれは、1歳7ヶ月で勝手に歩き始めました。

書き忘れましたが、今は流石に改築されたと思いますが、

当時の某大学病院の小児リハビリ室というのは、旧館一階の一番奥。なんだか文字通り「日陰者」の気分です。

そうとう落ちこみました。

私は、総体としては、ドクターを信頼しているのですが、こういう例もある、ということです。

質は、他にも今年1月に死んだお袋の話を書こうとおもっていたのですが、

そうすると、また、なんだか恨みつらみっぽくなるので、止めておきます。

勿論、名医も沢山いるわけで、現代医学の恩恵を受けることの方が多いのですが、このような例もあるのです。

ドクターの助言を無視してはいけませんけれども、あまり一言一句を金科玉条のごとく感じなくてもいい場合がある。

というのが、本日の結論です。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

2013.01.21

「延命治療「死にません、なかなか」=麻生副総理が発言、すぐに撤回」←全く麻生氏に同感です。撤回の必要無し。

◆記事:延命治療「死にません、なかなか」=麻生副総理が発言、すぐに撤回(時事通信 1月21日(月)13時51分配信)

麻生太郎副総理兼財務相は21日、首相官邸で開かれた社会保障制度改革国民会議で、終末期医療に関連し

「チューブの人間だって、私は遺書を書いて『そういう必要はない。さっさと死ぬから』と手渡しているが、

そういうことができないと死にませんもんね、なかなか」と述べた。

延命治療の否定とも受け取られかねない発言で、麻生氏はこの後コメントを発表し、「適当でない面もあった」と撤回した。

麻生氏は、同会議のメンバーである有識者が年金や医療に関する考えを述べた後、発言したもので

「いいかげんに死にたいと思っても生きられる。しかも、政府のお金で(終末期医療を)やってもらうのは、ますます寝覚めが悪い。

さっさと死ねるようにしないと」とも語った。

発言を受け、菅義偉官房長官は麻生氏から電話で真意を確認。記者会見で

「個人の人生観を述べたということだ」と述べ、問題ないとの認識を示した。

これに対し、与野党からは問題視する声が上がった。自民党幹部は「まずい。TPO(時、場所、場合)というものがある」と苦言を呈し、

公明党幹部は「不用意な発言だ。慎まなければならない」と指摘した。

生活の党の森裕子代表は記者会見で「到底許されない」と批判した。(2013/01/21-19:16)


◆コメント:麻生氏の発言は正しい。

これは、いかにも麻生太郎氏らしい発言で、しかし、マスコミや野党は「チャンス」と思って叩くだろうな、

と昼間、記事を読んだ時に思いました。


この発言が「不謹慎」だとか、時事通信のように「延命治療の否定とも取られない発言」で最初、

時事通信は「波紋を呼びそうだ」とかいていましたが、「延命」=「苦痛」の場合が多いことを知らない人達でしょうね。

私は、17年前に父を亡くしましたが、父は中途半端な脳梗塞と脳出血の為に4年も、口は利けないけど意識はある、というか、

状況が分かっている状態で、寝たきりでした。麻生さんのいうとおりで、死にたくても生かされてしまった。

口が利けなくなってから父が文字盤を指さして発したことばは、

死ぬタイミングを逃して残念だ。

でした。そうでしょう。意識があるのに身体は動かせない。人生最後におしめをして寝たきりですよ?

こういう屈辱を味わいたくない、とよく言っていたのですが、本人が一番望まない形になってしまいました。


先日(1月3日に死に、8日に荼毘に付しました)死んだ母は、認知症になって閉まった祖母(父の母親)と、

脳出血で寝たきりになった父の面倒を良く見ましたが、それだけに、
自分は(死ぬときには)長く臥せらずにさっさと死にたい。

といっていました。

先月(2012年12月)5日に検査でガンが見つかり、12月7日に入院した母は、私達も同席して、

12月11日にムンテラ(医師から患者や家族に対する病状、治療方針などの説明)を受けました。


医師の娘である母は、無闇に病気を怖がりませんが、この「ガン告知」には大変ショックを受けておりました。

今までにも、自分の兄弟や、友人、知人が、結局治らないと分かっていながら、オペ→化学療法、その他

で、どんどん憔悴してゆき、最期は疼痛に苦しんで逝くのを見てきた母です。

「自分もそうなる」ことが怖かったのでしょう。

とはいえ、入院しているのですし、まだ全身状態は悪く無いのですから、ドクターとしては、

全然何もしないことを提案するわけにも行かない。標準的な治療を試みます。

母の場合は既に肝臓に転移した胃癌で、治療しても余命半年であろうといわれていました。


日頃から身体が丈夫な母は、要するに生命力があるので、それぐらいは保ちそうに思えました。

しかし、自分の病気がガンだとしってから、母の気力はみるみる衰えていきました。

胃ガンの場合の典型的なやり方なのですが、経口抗ガン剤、TS-1を約1週間飲んでから、

点滴で液体の抗ガン剤「シスプラチン」を投与するはずでした。

ところが経口抗ガン剤を飲み、始めは何とも無かったのに、シスプラチン点滴を始める筈だった日から、

強烈な腹部痛と口内炎に苦しみました。みるみる弱り、元旦から腎機能が低下しました。3日に亡くなり、8日に荼毘に付しました。


◆「延命治療=善」では、ありません。

他の例を知らないので脳溢血で倒れ、綺麗に散りたかったのに何年も寝込んでしまった父と、

予想よりもあまりに早かったけれども、その替わり、若干クスリの副作用と、腸炎による激烈な腹部痛に数日耐えて、比較的簡単に死ねた母。

両方の経験から私がおもうのは。「どうせ治らない病気なら、無闇に延命しない方が良い場合がある」ということです。


特にガンの場合は、抗ガン剤の副作用に苦しみながら延命などされるよりも、今となっては仮定上の話になりますが、

いっそ病気が見つからなければ、もう少し長く生きられ、ギリギリまで好きな事をして過ごせたのではないか、と思います。

11月までは旅行に行っていたし、胃ガンとて自覚症状はなく、たまたま採血して肝機能に異常があることが

わかり、エコーやCTで肝転移していることが発見されてしまい、入院することになりました。

そして、それ故に経口抗ガン剤の副作用で、非常に苦しみました。

普通は、そう言う状態から少し持ち直し、また、悪くなりを繰り返します。

その間の患者本人と家族の精神的、肉体的負担は大変です。

それにくらべたら、「予想外に治療の初期段階で死んで」しまった母は「好運」でした。

治療すれば必ず治る、という場合ならまだしも、延命治療をすれば数ヶ月死期が遅れるだけ、という場合は、

さらに母のように高齢(享年84歳)の場合は、延命しても臥せって苦しむ時間が徒に長引きます。

延命拒否のはずでも何だかんだで、生き続けさせられた人の苦悩を麻生氏は御存知なのでしょう。

「さっさと死ねる権利」は、健康な人が想像出来ないほど、重要なことです。基本的人権の一つにしても

良いのではないか、と思うほどです。


繰り返しますが、不本意ながら、死ぬときはさっさと死にたかった父は死ぬチャンスを逃し、見ていて気の毒でした。

母は、数日は、腹部の痛みや、口内炎の激烈な痛みに苦しみましたが、思いがけず早く逝ったことにより、

何ヶ月もそのような苦しみに耐えずに済みました。

おかげで、私や兄も母が元気だった頃のイメージが記憶にのこりました。

時事通信や他のマスコミ、政治家、世間で、麻生叩きをしている人は、修羅場を見たことが無い人ではないかと思います。

さっさと死ねるようにしておくことは、大変重要です。

母が死んで3週間も経過しておりません。この件で議論する気はありません。

この記事では、コメントを受け付けません。悪しからず。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2010年参議院選挙 | 2012年衆議院選挙 | 2013年6月都議会議員選挙 | 2013年参議院選挙 | 2014年2月東京都知事選挙 | 2014年衆院選 | ANA | BSE | EU | IT | JAL | LINE | NHK | SNS | TPP | Twitter | あまちゃん | いじめ | おすすめサイト | お祝い | お詫び | アイドル | アニメ・コミック | インターネット | インチキ更新 | インフルエンザ | ウィキリークス | エッセイ | オウム真理教問題 | オバマ政権批判 | オペラ | オリンピック | オーケストラ | クラシック | クラシック音楽 | クリスマス | クールビズ | コンクール | サヴァリッシュ先生 | ジャズ | スポーツ | セキュリティ | テレビ | テロリズム | デフレ | トヨタリコール問題 | トランペット | ニュース | ノロウイルス | ノーベル賞 | バレエ | パソコン | パラリンピック | ビデオ・ニュース・ドットコム | ピアノ・ピアニスト | ブログ | マスコミ批評 | メンタルヘルス | ヨーロッパ経済 | ヴァイオリン | 世界同時不況 | 中国 | 中東情勢 | 事業仕分け | 交通・運輸 | 企業 | 何でも直ぐに忘れる日本人 | 公的自殺制度 | 共謀罪 | 冠婚葬祭 | 冤罪 | 募金 | 北朝鮮 | 医療 | 協奏曲 | 原発 | 反論 | 受験・試験 | 口蹄疫 | 号外 | 司法 | 吹奏楽 | 国会・国会議員 | 国際法 | 在日米軍 | 地球温暖化 | 声楽 | 大阪 | 大阪府・大阪市 | 大飯原発 | 天体観測・天文学 | 子育て | 学問・資格 | 学童保育 | 宇宙 | 安保法案 | 安倍政権批判 | 安倍晋三自民党総裁批判 | 室内楽 | 小出助教 | 小泉政権批判 | 尖閣諸島 | 市場介入 | 弔事 | 弦楽器 | 御愛読御礼 | 御礼 | 心と体 | 情報管理 | 愚痴 | 感染症 | 憲法改正 | 戦争 | 打楽器 | 政治 | 救命救急 | 教育 | 文房具 | 新年御挨拶 | 日本人の褒め下手 | 日記・コラム・つぶやき | 映画 | 映画・テレビ | 暴風・突風・竜巻・風水害 | 書評 | 木管楽器 | | 東北地方太平洋沖地震 | 東日本大震災 | 松本龍復興担当相 | 森麻季さん | 構造改革 | 橋下大阪市長 | 橋下市長・大阪市批判 | 欧州危機 | | 歌謡曲 | 歴史 | 母のガン闘病記録 | 民主党 | 民主党批判 | 気象現象 | 水野倫之解説委員 | 法律 | 消費税 | 為替 | 為替・株・債券市場 | 熱中症 | 牛肉放射能汚染 | 特定秘密保護法 | 犯罪 | 猛暑 | 環境保護団体 | 環境問題 | 皇室 | 社会福祉 | 福島原発 | 福田政権批判 | 私事 | 科学 | 税制 | 節電 | 紅白歌合戦 | 経済・政治・国際 | 翻訳 | 職業 | 臓器移植 | 自殺問題 | 自民党批判 | 自然災害 | 自衛隊海外派遣 | 航空機事故 | 芸術 | 菅直人政権 | 菅直人政権批判 | 被災地支援 | 裁判員制度 | 要人・国賓 | 訃報 | 認知症 | 認知症・アルツハイマー、痴呆 | 語学 | 選挙 | 郵政民営化 | 野田政権批判 | 金管楽器 | 金融危機 | 金融市場 | 金融政策 | 集団的自衛権 | 電力 | 電力不足 | 音楽 | 領土問題 | 鳩山政権批判 | 麻生政権批判