カテゴリー「NHK」の記事

2014.08.30

NHKスペシャル「地球大変動の衝撃 第1集 異常気象 "暴走"する大気と海の大循環」の私的まとめ。

◆NHKスペシャルを見たのを、私がまとめているだけです。

この記事は、NHKスペシャル、2014年8月30日(土)放送

巨大災害 MEGA DISASTER 地球大変動の衝撃 第1集 異常気象 "暴走"する大気と海の大循環

を私が見て、ノートに書いていたら間に合わないので、見ながら自分の言葉でICレコーダーに音声で、

自分の言葉でまとめたものをさらに整理して文字にしたものですので、聞き間違い、聞き落とし、

などがあるかもしれません。「私的メモ」ですので、正確性に関しては、保証できません。

悪しからず。


◆異常気象の原因は、偏西風の蛇行の固定化である。

今世紀に入ってからの異常気象は、誰でも体感的に或いは情報としては皆知っています。

原因をよく「偏西風の蛇行」という言い方をしますが、蛇行自体は、以前から存在している。

問題は、従来は蛇行しながら、その蛇行が西から東に移動しているのが普通だったのに、

偏西風の蛇行が「固定化」されてしまった。

偏西風がたとえば、南に曲がっている場合、その北側に寒気がもたらされる。

偏西風が北に曲がっている(山を作っている)場合は南から湿気を含んだ暖気が流れ込む。

今まではしかし、偏西風の蛇行位置が常に移動していたから、適当に寒くなったり暖かくなったりしたのであるが、

偏西風の蛇行が固定化されてしまった。


◆偏西風の蛇行が固定化されると、同じ気候が続き、極端化する。

前述のとおり、本来偏西風は蛇行しているが、その蛇行自体が全体として移動している間はいいが、

蛇行が固定化されてしまったが故に、ずっと寒気が北極圏から降りてきて、今までに経験したことのない

大雪をもたらしたり、逆に偏西風が北にカーブしたまま、の南側では以上に高温が続き大干ばつになったりする。


◆偏西風の蛇行が固定化したのは、インドネシア付近の海水温の上昇である。

世界の海の中でも熱帯、とくにインドネシア周辺の海温が従来から最も高いが、

今年は、それがさらに平年よりも0.5度から1度高い。ヤカンにいれた水の温度を0.5度上げるだけでも

そうとうな熱量を必要とする。まして、熱帯・インドネシアの海水全体の温度が0.5度から1度上がるということは

大変な熱量である。

熱い海水が水蒸気となり、上空に達し、液体に戻るときに「凝結熱」を発する。

インドネシアの海水温が高いが故に、上空で発散される「凝結熱」の量が普段よりも増える。

地球の大気は全体として、なるべく変化を小さくしようとするので、インドネシアの上空の空気が

異常に高いが故に、偏西風の寒気をもたらす部分が、

ここを冷やそうとし、その結果偏西風の蛇行が固定化したのである。


◆21世紀に入り気温・海水温の上昇がとまる「大停滞」(Hiatus=ハイエイタス)が起きているが深海温は上がっている。

地球温暖化と言われているが、この10年ほど、世界の平均気温、海面の水温は殆ど上昇していない。

これを「ハイエイタス」(hiatus=「停滞」)というが、世界中の気象学者がこの現象に注目した。

その結果、地球が受ける余分のエネルギーは、深海の海水温の上昇をもたらしていることが分かった。

深海の水温の変化だから、地上では分からない。しかし、ハイエイタスは長くは続かず、近い将来

再び、地表の気温、海面の水温上昇が起きると考えられる。ハイエイタスは、周期的に繰り返されることは

過去の経験(研究?)から明らかである。


◆ハイエイタス(大停滞)の後はこれまで以上に急激な気温・海水温の上昇が予想される。

ハイエイタスは長くても10年以内にはおわり、その後、再び地球「表面」の気温、水温は上昇する。

IPCC(気候変動に関する政府間パネル)は、世界の平均気温は最大で4.8℃、上昇すると予想する。

日本近海の海水温は今世紀末までに2度から3度、世界で最も速いペースで上昇すると考えられている。

今世紀後半、海面水温が今よりも2度以上高くなると、どれほどの豪雨をもたらすのか、過去の気象現象を元に学者がシミュレーションした。

その結果、200ミリ以上の豪雨が降る範囲、面積が5割増加する。全体の雨量は3割増加する。

今までの記録を更新する「かつて経験したことのない雨」が降る可能性は日本のどこの地域にも存在する。


更に警戒すべきは「土砂災害」である。

専門家は将来、先日の広島とはタイプの違う土砂災害が起きる可能性を指摘する。

京都大学防災研究所の千木良(ちぎら)雅弘教授は、山が地下深くから岩盤ごと崩れる

「深層崩壊」という現象を研究している。

深層崩壊は数日間に亘って大雨が降った時に発生する。地下深くに染みこんだ水が岩盤ごと、

山全体が一挙にくずれる。2009年に台湾では、6日間に3000ミリの雨が降り、深層崩壊が発生した。

山の斜面が約800メートルにわたってくずれ、大量の土砂が押し寄せ、たった92秒間で1つの村が丸ごと消え、

400人以上の人命を奪った。


日本でも2000ミリの雨が数日、降り続くと、山が幅500メートル以上、全体として崩れ、それによる土砂は

3階建ての建物すら越えていく。数キロにわたって甚大な被害が発生する可能性がある。


◆海水温の上昇により巨大積乱雲(スーパー・セル)が発生し、竜巻が発生する可能性が高まる。

海水温の上昇によって懸念されるのは雨だけではなく、竜巻の発生が増えることである。

一昨年、茨城県つくば市を襲った竜巻。被害は幅500メートル、長さ17キロ。1,000棟を超える建物が壊れた。

今後、竜巻の発生頻度が増える可能性が危惧される。懸念されるのは、直径が10キロ以上の巨大積乱雲(スーパー・セル)の出現である。

大量の蒸気と上昇気流によって巨大積乱雲、弾いては強力な竜巻を発生させる。

つくば市を襲った竜巻もスーパー・セルから発生していた。

水蒸気量が増える今世紀後半には、スーパー・セルが発生する確率は全国で2倍から3倍に増加し、強力な竜巻が

発生しやすくなることも、気象庁のシミュレーションの結果、分かった。

関東平野では元来竜巻が発生しやすく、今後、大都市で今まで経験したことがないような巨大竜巻が発生する可能性も

否定できない。それがおきれば、重さ一トンのクルマが平気で巻き上げられ、そこら中に落下しうるのだから、

未曾有の大惨事が起きうる。


◆結論:自然現象制御出来ないが、情報の精緻化と入手の容易化を利用することができる。

地球全体の気温の上昇、海水温の情報を人間が制御することは出来ず、

極端化する気象現象を停めるという技術も全く研究されていないわけではないが、

当面、つかえそうなものはないので、個人で情報を利用する。

たとえばエリア豪雨などの降る範囲、時間はかなり正確に分かるし、スマートホンでも

気象衛星の映像や、降雨状況を知ることが容易になっているのだから、豪雨が迫っていることが

明らかなら、少し移動時間をずらすとか、窪地を避けるなど、個人での対応が肝要である。

【読者の皆様にお願い】
是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

2013.12.10

NHKさん、受信料真面目に払ってるからいうが、もう少し融通が利かないですかい?

◆受信料を支払うことにはやぶさかではないのですが。

過去において何度か書きました(10年以上書いていると、大抵のことは何度か書いているんですが)。

NHKの受信料支払い契約は、法的な「債務」ではないとかなんとか屁理屈こね回して、払わないで、

それで、絶対、一生、テレビもラジオも見ない聴かない、と誓約書でも提出するならいいですけど、

そんなひとは多分いないとおもいます。

家にテレビがないという人、自慢気にいいますが、それは自由ですが、

日本中、北海道最北端から沖縄まで、一斉に電波がとどくのはNHKだけですから、

ああいうのは、鉄道、道路、水道、電器、ガスなどと同じ、インフラストラクチャーの一種であって、

皆が、少しずつ負担しあって、「維持するべきもの」だと思います。


また、最も大事なニュースとかその解説において、番組内容が気に入らない、報道のスタンスが偏向している

ということを、不払いの理由にしているひとがいるようですが、それは理由にならないと思います。

内容が全て気に入るメディアなど、誰にとっても存在しないのであります。

例えば、私は経済専門紙、日本経済新聞の経済指標の伝え方が、妙に政府におべんちゃら風なのが気に入らないのですが、

気に入らないから、おカネを払わなくて良い、という理屈が成り立つならば、

私は、毎朝、駅の売店で「内容が気に入らないから、タダで貰っていくよ」と主張して、

日経を万引きしても構わない筈ですが、これを容認する人はいないでしょう。

紙ならダメで、電波なら構わないというのは筋が通らないと思います。

ですから、私とて、NHKには不満がありますが、毎年10月25日前後にBS含めて1年分一括で、24,000円支払い、

かつ、インターネットのNHKオンデマンドの「見逃し見放題パック」と「特選見放題パック」各月額945円まで

払ってますから、945×2×12=22,680円で、普通の受信料と合わせるとなんと46,680円を払っています。

それはいいのです。しかし、それだけに、もう少しNHKは融通を利かせて欲しいと思います。


◆著作「権」を主張するなら、再放送やネット配信で「客」のニーズに応えてほしい。

NHKには、あれは多分、ネットを監視する専門のスタッフがいるのか、何か感知するプログラムがあるのか

わかりませんが、大抵は、最近のものであろうが、過去のものであろうが、番組の本の一部でも、誰かが、

YouTubeにアップすると、驚くほど迅速に「削除依頼」を行い、その動画は削除されます。

純粋に法的には、NHKの番組はNHKに著作権があることは、わかりますから、不当な行為ではないのですが、

著作「権」の権利にムキになるだけでなく、何故、あれほど頻繁に「違法に番組がアップロード」されるのか?を

考えて欲しいと思います。

私は、視聴者が、「見たい」という要望が、再放送や、NHKオンデマンドで充足されないからこそ、

あのような、違法アップが増えるのだとおもいます。
kgg
私が良く見るのはクラシック音楽関連番組ですが、非常に貴重な映像をNHKは沢山抱えているのですが、

再放送もしなければ、NHKオンデマンドでも見ることができない。

オンデマンドなんて、受信料とは別にネットの料金を「払う」といってるんですから、

過去の膨大なアーカイブをもっと自由に見られるようにして欲しいと思います。


また、皆さんNHKのウェブサイトなんて、それほど熱心に点検なさらないでしょうが、

NHKBSプレミアムで、以前4年近く放送されていた、「名曲探偵アマデウス」という番組があり、

役者の芝居の中で音楽を解説するのですが、解説部分はかなり丁寧で、正鵠を射ており、

良心的な内容だったので、再放送の希望が非常に多く寄せられていますが、BSの再放送希望受付フォームメールがなくて、

Eテレには「再放送希望」のコーナーがあるので、皆さん、そちらに書き込むのです。

しかし、多分、NHKの理屈だと、そこはEテレ番組の再放送希望だから、BSプレミアムの再放送希望は知らないよ、

ということになるのか、完全に無視されてます。どこのページだろうが、とにもかくにも「名曲探偵アマデウス」

をまた、見たいという人が大勢いることを、NHKは確実に認識している筈ですから、何もしないのは怠慢ではないかと思います。

また、もっと古い、遙か昔の例えばカラヤンが1950年代に1ヶ月半も、日本に滞在して、N響を振った映像などは、

放送で流さず、DVD化して、それがまたエラく高いので、そう簡単には買えない。アコギな商法です。

受信料を払えというから、払ってんですから、そういうアコギなことをしないで、

視聴車がもう一度見たいという希望をもっと、こまめに拾って実現して欲しいとおもいます。


視聴車の要望が比較的直ぐに採用された例で私が知っているのは、昨年3月末で日曜日夜のクラシック音楽番組、

「N響アワー」が終了ということになり、終了決定と同時に猛然と抗議メールが殺到したのですが、既に

石田衣良と加羽沢美濃とは1年間は契約していたのでしょう。「ららら♪クラシック」という何とも中途半端な番組が

放送されはじめましたが、僅か一年で、実質的には、「N響アワー復活」のような「クラシック音楽館」の放送が、

今年の4月に始まったという例ぐらいでしょうか。


繰り返しますが、著作権という権利を主張するなら、何故違法アップが後を絶たないのか考えて欲しい。

再放送とかネットのオンデマンド視聴が柔軟に運営されていないからです。全ての商売の基本である、

「お客様の要望に可能なかぎり応える」努力をして欲しいと思います。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

2013.11.25

【紅白歌合戦】あれだけ盛り上げておいて、「あまちゃん」関連がない、ってなんだよ。

◆AKBグループは絶大な人気だが、多分「暦の上ではディセンバー」と「潮騒のメモリー」を知っている人の方が多い。

今年の紅白で、小泉今日子さんが25年ぶりに出て「潮騒のメモリー」を歌うか(藥師丸さんはないだろうという気がしましたが)、

あの、劇中架空アイドルグループ「アメ女」のミリオンセラー「暦の上ではディセンバー」を実際に歌っていた、

ベイビーレイズか、どちらかが出るかと思ったが結局、なにもありませんでした。


何故かしりませんが、NHKとAKBグループは、相思相愛で、10月からBSプレミアムで「AKB48ショー」という番組を

開始して、それには、姉妹グループのSKE48、NMB48、HKT48が出ていました。

NMB48は、昨年単独出場できず、悔しかったそうで、今年は嬉しいでしょう。彼女らに何の含みもありません。

しかし、AKBグループが絶大な人気を誇っているのは承知していますが、それでも毎日、日本中のあらゆる階層が見ることはない。


一方、朝ドラ「あまちゃん」は日本中が毎朝みていました。その劇中の、架空のヒット曲、

潮騒のメモリーと、暦の上ではディセンバーは、「あまちゃん」の平均視聴率が凡そ20パーセントだとすると、

2,600万人が何度も耳にしていたのですから、AKBグループの最大ヒット曲よりも、少なくとも今年に関しては、

より多くの日本人が、頭の中で何度も鳴らしたと思います。


ネット上で拝見する、ある紳士は、毎週のようにオーケストラ・コンサートに行く、クラシック好きですが、

あるとき、ブルックナーの交響曲を聴いた帰り道、頭の中で、「暦の上ではディセンバー」が鳴っていることに気がついた、

とかいておられました。それほど、皆の脳裏に焼き付いた。

2013年は、「あまちゃん」→「潮騒のメモリー」→「暦の上ではディセンバー」の年として長く歴史に名を留めるでしょう。


そのような、記念すべき曲を二つとも紅白で聴けないということで、NHKのセンスを疑います。


◆年末・年初の休みが長いのですから、年内に「あまちゃん」DVD-BOXを全部発売すれば良いのに・・・。

紅白で聞けないなら、DVDを全部、年内に発売するべきでした。

今年は、年末・年始休みが、1番長いひとだと12月28日(土)から、1月5日(日)まで、9連休になります。

不景気で旅行に出かけられないなら、皆、毎朝楽しみに見ていた「あまちゃん」全編をもう一度みるのに十分です。

NHKの朝ドラが、8時放送開始になった最初の作品は、「ゲゲゲの女房」ですが、

あまりにも好評だったので、DVD-BOX1は、まだドラマ放送中の、8月6日に発売。

DVD - BOX2は10月20日DVD - BOX3は、12月3日に発売で、年内に全部揃ったのです。


「あまちゃん」は、今更改めて言うまでもなく、放送中のみならず、放送後も続々と関連商品が売り出されています。

紅白の出場歌手を決定する担当者と、ドラマのDVD制作に関わる人々は多分全くお互いに関係がないのでしょうが、

それは、「客」である視聴者からすれば知ったことでは無い。


ただ、紅白にも出ない、DVDも年内に揃わない、というのは、NHKのサービス精神の欠如を

端的に物語っています。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

その他のカテゴリー

2010年参議院選挙 2012年衆議院選挙 2013年6月都議会議員選挙 2013年参議院選挙 2014年2月東京都知事選挙 2014年衆院選 2016年参議院選挙 ANA BSE EU IT JAL LINE NHK SNS TPP Twitter あまちゃん いじめ おすすめサイト お祝い お詫び アイドル アニメ・コミック インターネット インチキ更新 インフルエンザ ウィキリークス エッセイ オウム真理教問題 オバマ政権批判 オペラ オリンピック オーケストラ クラシック クラシック音楽 クリスマス クールビズ コンクール サヴァリッシュ先生 ジャズ スポーツ セキュリティ テレビ テロリズム デフレ トヨタリコール問題 トランペット ニュース ノロウイルス ノーベル賞 バレエ パソコン パラリンピック ビデオ・ニュース・ドットコム ピアノ・ピアニスト ブログ マスコミ批評 メンタルヘルス ヨーロッパ経済 ヴァイオリン 世界同時不況 中国 中東情勢 事業仕分け 交通・運輸 企業 何でも直ぐに忘れる日本人 公的自殺制度 共謀罪 冠婚葬祭 冤罪 募金 北朝鮮 医療 協奏曲 原発 反論 受験・試験 口蹄疫 号外 司法 吹奏楽 国会・国会議員 国際法 在日米軍 地球温暖化 声楽 大阪 大阪府・大阪市 大飯原発 天体観測・天文学 子育て 学問・資格 学童保育 宇宙 安保法案 安倍政権批判 安倍晋三自民党総裁批判 室内楽 小出助教 小泉政権批判 尖閣諸島 市場介入 弔事 弦楽器 御愛読御礼 御礼 心と体 情報管理 愚痴 感染症 憲法改正 戦争 打楽器 政治 救命救急 教育 文房具 新年御挨拶 日本人の褒め下手 日記・コラム・つぶやき 映画 映画・テレビ 暴風・突風・竜巻・風水害 書評 木管楽器 東北地方太平洋沖地震 東日本大震災 松本龍復興担当相 森麻季さん 構造改革 橋下大阪市長 橋下市長・大阪市批判 欧州危機 歌謡曲 歴史 母のガン闘病記録 民主党 民主党批判 気象現象 水野倫之解説委員 法律 消費税 為替 為替・株・債券市場 熱中症 牛肉放射能汚染 特定秘密保護法 犯罪 猛暑 環境保護団体 環境問題 皇室 社会福祉 福島原発 福田政権批判 私事 科学 税制 節電 紅白歌合戦 経済・政治・国際 翻訳 職業 臓器移植 自殺問題 自民党批判 自然災害 自衛隊海外派遣 航空機事故 芸術 菅直人政権 菅直人政権批判 被災地支援 裁判員制度 要人・国賓 訃報 認知症 認知症・アルツハイマー、痴呆 語学 選挙 郵政民営化 野田政権批判 金管楽器 金融危機 金融市場 金融政策 集団的自衛権 電力 電力不足 音楽 領土問題 鳩山政権批判 麻生政権批判